As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

お座敷485 華

私事ですが、今月になって初めて東日本のジョイフルトレイン「華」を撮影しました。
華
名古屋にも来た事がある車両ですが、確か一回のみ? 「やまなみ」「宴」のように何度か来てくた車両は撮影しましたが、「華」は私にはとことん巡り合わせのない車両でした。昨日、同型の「ニューなのはな」が引退しましたが、後継は無し。「華」もいつかは散りゆく運命なのでしょうか。

多客臨時列車「北アルプス華」を、篠ノ井線にて撮影。
  1. 2016/09/26(月) 20:40:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

神宮前の跨線橋

私事ですが、神宮前駅の北にある跨線橋の架け替え工事がようやく完了し、今月から共用開始されたニュースを見ました。2012年に踏切が廃止されていますが、その時から既に工事は始まっていましたので、随分と工期の長い工事だったようです。

架け替え前の橋からは、多少強引ながら列車の撮影が可能でした。
神宮前
新たな橋は駅寄りになり、且つ目の細かいフェンスが設置された事から、撮影はほぼ不可能になったようです。残念ですが、これも時代なのでしょう。

そういえば、元々の橋はいつから有ったのでしょうか。幼少の頃の記憶なので曖昧ですが、神宮前駅の西へ延びる連絡通路が出来る前から既に存在していたような気がします。思えば神宮前駅も昔は1,2番線が名古屋本線、3、4番線が常滑線でした。金山への複々線も昔は無く、そもそも金山駅も存在せず金山橋駅として今の金山駅の南に有りました。そこから地下鉄に乗り換える時は北に向かって坂を上りましたが、その通路はちょっとした商店街のように色々な店並んでいたような。地下鉄金山駅の入り口脇にはミスドがあり、そこから少し北にはダイエーが。そんな薄れた記憶が僅かに蘇った、今回のニュースでした。
  1. 2016/09/10(土) 01:07:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

E001形 「TRAIN SUITE 四季島」甲種輸送

JR東日本版の豪華列車、「TRAIN SUITE 四季島」が本日製造元である川崎重工を出場。配置先である尾久に向けて甲種輸送されています。
彦根~米原
輸送されたのは、10両編成中の5、6、7号車を除いた7両。残り3両は総合車両製作所の製造になる為、この地方で見られるのは恐らく今回が最初で最後。なのであまり撮影に向いたダイヤではありませんでしたが、少々足を伸ばして撮影してきました。

この「四季島」の外観の一番の特徴は、独特の窓配置ではないでしょうか。「ななつ星」や「瑞風」が保守的の域を出ないのに対し、かなり先鋭的に見えます。
皆で後追い
その為か、ここの撮影地ではほぼ全員が手持ちで後追い撮影を敢行。中々壮観でした。

米原以東は露出的に厳しい時間帯になりますが、帰り掛けの駄賃に伊吹の麓で撮影。
伊吹
足場を含め色々と無理のある撮り方になりましたが、是非も無し?


今夏は撮影機会に恵まれず、拙い撮影技術は細るばかり。これはまずいと技能回復を兼ねて本日出かけてみましたが、出来たのは現状把握程度? 今月は会社から長期勤続の褒賞で連休が頂ける事から久々に泊り掛けでの遠出を計画していますが、それまでには何とかしたいところです。
  1. 2016/09/06(火) 23:10:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

国鉄型特急車両485系ラストラン⑤ 特急つばさ(復路)

山形駅では今回のイベントに合わせてコンコースで物販も行われ、中々の盛況でした。
一粒200円
ここぞとばかりに並ぶ佐藤錦。近所のスーパーではこうはいきません。6月は丁度収穫時期、まさに旬。

栽培が簡単ではない事もあって、果物の中でも高価な部類に入るさくらんぼ。
山形駅
どんだけ積んでんねん・・・とツッコミたくなる程高い、さくらんぼタワーでした。なお、伝え聞いたところによると、往路の特急つばさの乗客にさくらんぼが振舞われた模様。

そして復路の特急つばさ。
山形
この列車が、正真正銘の最終列車。

なのでこの列車に限り、乗る事にしました。さくらんぼの振る舞いはありませんでしたが、車内から見た山形駅の出発の見送りは凄かったですね。動画には収めましたので、最後に埋め込んでおきます。
つばさ
写真は記念品とお弁当。仙山線の初乗車と相まって、存分に乗り鉄を楽しんできました。

そして最後のお別れに一枚。
別れ
終点の仙台駅に到着後、降車前に見る宴の後・・・。


2日間に渡って、5本の特急列車として運行された国鉄型特急車両485系ラストランイベント。最終列車となる特急つばさ(山形→仙台)のチケットが確保できた時点で、残る4列車は最後らしい情景をと、駅での撮影を決めて現地に赴きました。勤務都合で始まりの特急ひばりに間に合わなかったのは残念ですが、残る郡山、会津若松、福島、山形駅での出発の様子を揃って見られたのは幸運でした。部下に花を持たせた郡山駅長、地元中学生の一日駅長と笑顔で列車を送り出した会津若松駅長、落ち着いた佇まいで挨拶をされ、非常に堅実な方という印象の福島駅長、そしてうたのお兄さん的な振る舞いで場を盛り上げられた山形駅長。普段の仕事からして優秀なんだろうなと率直に思ってしまう程、素晴らしい方々でした。

そんな方々の姿に加え、最終つばさの車内放送を付けて動画を作ってみました。主に自分用のため無駄に長い動画になってしまいましたが、自分にとっては無駄ではないと思っております。ご笑覧いただければ幸いです。
  1. 2016/08/18(木) 22:25:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

国鉄型特急車両485系ラストラン④ 特急つばさ(往路)

485系A1A2編成の最終営業運行となったイベント二日目の19日。まずは福島→山形の特急つばさでスタート。
福島
出発式の後に、駅長の合図で発車。写真では写っていませんが、隣線のとれいゆつばさと同時発車。一時期話題になったタイフォンカバーですが、このシーンの意義を考えるとこれが正解でしょうか。

往年の特急つばさは奥羽本線経由でしたが、新幹線つばさ開業に伴い標準軌となった現在は485系は入線不可。よって今回のイベント列車は仙山線経由で運転されています。なので、この列車のみ出発を見送った後に追っかけ撮影が可能。奥羽本線経由の新幹線つばさで山形へ移動し、沿線撮影を敢行しました。
さくらんぼ風っこ 
山形~北山形で、まずは快速さくらんぼ風っこを撮影。山形駅から北へ歩きましたが、一見複線に見えて、その実は標準軌と狭軌の単線並列というのは面白いですね。

そして本命のつばさ。
併走
北山形~山形で新旧つばさが併走。曲線区間でも乱れぬ完璧な併走は圧巻でした。

ここでは相当数の撮影者で賑わい、返しの撮影を待つ人も多かったのですが、私は早々に立ち去り山形駅へ戻っています。
  1. 2016/08/09(火) 20:40:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

国鉄型特急車両485系ラストラン③ 特急「あいづ」(あかべぇ)

郡山駅で「あいづ」の発車を見送った後は、磐越西線の快速で会津若松へ。同業者で混雑していましたが、磐越西線は初乗車のうえ、途中でEast i-Dを追い越すなど、中々の見所も。

会津若松到着時にまず目に入ったのはこれ。
フルーティア
フルーティアふくしま。昨今流行りの観光列車ですが、スイーツに絞ったのが特徴。一度乗ってみたい車両なのですが、旅行商品でないと乗車出来ない団体専用車両ゆえに、やや敷居が高く感じるのが難点。

そして本命は、復路の特急「あいづ」
あかべぇあいづ
駅長と一日駅長のコンビの出発合図で、SLばんえつ物語号と同時発車。一日駅長がどのような方だったか聞きそびれたので、帰ってからニュース検索すれば分かるだろうと気楽に考えていたら、件の喜多方ラーメンなる列車名表示に全て話題を持って行かれていたのには閉口。ともあれ、非常に明るく、和気藹々とした雰囲気での出発お見送りでした。
  1. 2016/07/12(火) 23:36:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電