As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

名古屋駅周辺のビル群

「~ありがとう JR東海発足30周年記念~みんな集まれ 列車とバスの夢の共演ウォーキング!!」

本日の名古屋駅発のさわやかウォーキングは、30周年記念として名古屋車両区も一部公開されましたので、少しばかり見てきました。
公園にて
その道中にて名駅の高層ビル群を望む。30年前は一つも無かったような・・・。
  1. 2017/04/23(日) 18:06:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田舎館の田んぼアート

田んぼアートの草分け的存在とされる、青森県田舎館村の田んぼアート。先日ニュースになりましたが、今が見頃です。
田舎館
写真は第二会場の「スターウォーズ」。鉄道ブログ的に、すぐ脇を通る弘南鉄道弘南線を入れてみました。名鉄のデキ600形は引退しましたが、更に年季の入った弘南鉄道の凸形電機ED333は、今なお現役。

特徴の異なる複数の品種を使用し、植え分ける事によって田んぼに絵を描く田んぼアート。
7種
第二会場では7種類の稲を使用しているとの事。なお、この説明絵からも分かる通り、上の写真では全景が入っていません(汗。それ程大きいのです。
  1. 2015/07/22(水) 19:52:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富士総合火力演習の応募受付始まる

陸上自衛隊、富士総合火力演習の観覧応募受付が始まっています。本日より一ヶ月、来月2日までで、周辺情勢が序所に緊迫感を増している昨今、過去最大の競争率になりそうな予感・・・。
ロングボウ
戦闘車両が中心ですが、ヘリ等の参加も興味深いところ。一度は生で見てみたいと思ってはいるものの、宝くじよりも低い当選確率に目下連敗中・・・ついに両手から溢れました(泣。
  1. 2014/06/02(月) 22:21:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年特1(東海特1)の続き

今月2日、春日井→南松本に運転されたシキ1000D2両による変圧器輸送(特1)。今回も撮影は叶いませんでしたが、後半戦のトレーラ輸送を少しだけ見てきました。
国道20号
日中にシキからトレーラに移載され、23時頃に南松本を出発。変圧器輸送は0時以降との概念があったので、これにはちょっとびっくり。

氷点下の峠越えを俯瞰で。トレーラの台車と荷台を心皿で繋ぐ方式は、シキと同じ。
塩尻峠
松本から南下して、国道20号で塩尻峠越え。標高差約200mの難所を、下りは特に慎重に進んで行きました。岡谷側の下り急カーブは、対向を規制して慎重にクリア。

岡谷で国道20号から離れ、岡谷駅方面へ。
岡谷
駅前を折れ、更に南下。

別の目的もあったので、撮影はこの辺りで終了。行き先は確認出来ませんでしたが、時間と方面から伊那市辺りではないでしょうか。

テーマ:メルセデスベンツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/03/04(火) 19:19:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道路上のシキ

今月19日以来非鉄が続いておりますが、私の仕事収め?は明日なので、とりあえずもう一日頑張ってみます(苦笑。
今年も残すところ二日ばかりとなりましたが、このブログで放置されていた案件をなんとかギリギリで公開。

今夏三度行われた、西浜から美浜への特大貨物輸送。この時運ばれた三菱電機製の変圧器は、非公式情報ではありますが120tと聞いています。
美浜
三回の輸送のうち一回のみ深夜の都合が取れたので、初めて変圧器の道路輸送を見学。大物貨車のシキ801より大きく見える240型シュナーベル式ポールトレーラーは日本に3台しかないそうで、この時使われたのは、ナンバリングから察するに多分3台目。前後にはベンツ4850トラクタが連結され、鉄道で言うところの背合PPの様相でした。

昼間にシキから移積され、美浜駅を出発したのは深夜。場所によって、そして今回の輸送では殆どの場所で道路を占有する事になる為、この手の輸送は大抵の場合深夜。撮影には厳しい条件ではありますが、デジカメで何枚か撮影してきました。
右折
大きさが分かりにくいと思いますが、前位のトラクタが右折しきった所でも、後位のトラクタはまだ曲がっていません。トレーラーには操舵機構が備えられており、これとトラクタによって狭い交差点をクリア。

美浜から向かった先は、関西電力嶺南変電所。駅前を通過したら、後はひたすら一本道。
後ろから
前進しているようにも見えますが、これは後ろから撮影。後位のトラクタもヘッドライトを点灯しているので、前から撮っても後ろから撮っても前から撮ったように見えます(何。むしろ後ろから撮影した方が後続車のライトで撮り易かったです。

最後の嶺南変電所では、登坂しつつ右折進入。記録し損ねましたが、240型シュナーベル式トレーラーは油圧サスペンションによる姿勢制御が可能なようで、地面と接触しないよう変圧器を持ち上げてから進入開始。
嶺南変電所にて
ベンツ4850トラクタの4850は、自重48t、500馬力を表しているとの事。計1000馬力でゆっくりと慎重に変電所内へ入って行き、一連の輸送は無事終了しました。

最後に動画です。この特大貨物輸送の記事を書けなかったのは実はこの動画が原因。鉄道輸送からトレーラーへの移積、道路輸送を全部繋いで一時間くらいの動画をせっせと編集したのですが、何故かエラーで保存できず。仕方ないので最近になって移積シーンをカットして輸送のみを分割して纏めてみました。個人的には移積も捨てがたかったのですが、こちらは機会があればそのうち・・・。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/29(土) 23:58:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電