As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

姨捨にてリゾートエクスプレスゆう

今月9日、今では少なくなったジョイフルトレインの1つ、リゾートエクスプレスゆうが長野まで運転されると聞き、ちょっと出かけてきました。
ゆう
時間の都合により姨捨で。昨今では珍しい長野県北部への入線でしたが、どうやら鉄道趣味関係の団体列車だったようで。姨捨駅では乗客で撮影会状態でした。最近になって同じ485系のジョイフルトレインであるNO.DO.KA、彩の年度内の引退が発表されましたが、同車も齢30近く。そろそろ行く末が心配になってくる時期ではあります。

帰りに丁度が時間が合いそうだったので、少し寄り道を。
岡谷
予想はしていましたが、この時期の撮影は辛く高感度で。甲種輸送以来の撮影で、ようやくその姿が拝めました。バブル期に数多登場したジョイフルトレインも登場時は豪華列車的な触れ込みでしたが、このTRAIN SUITE 四季島は流石に桁外れ。これも時代の象徴なのでしょうか・・・。
  1. 2017/09/18(月) 00:30:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

弘南鉄道90周年

弘南鉄道は昨日で90周年。次の節目は10年後でしょうか。

語彙に乏しく、いつもながらの強引なプロローグですが、知り合いの方が写真を出されていたので、こちらも先月撮影の写真を少しばかり。
合歓の木?
ED221+ホキ1246。草木の知識には乏しいのですが、色付いていたので切り取ってみました。

こちらも定番での一枚。
石川駅北
ご婦人が日傘を差されていますが、この日はお昼前までは晴れていたのです。しかし通過時間には曇り、岩木山山頂も雲に覆われ・・・。とはいえ、同じ場所を訪れても同じ光景は無い、撮影趣味の楽しみ方の一つです。多分。

最後におまけで引退機。
ED301
日本鉄道自動車製のED301。ED333の入線に伴い予備となり、2004年に廃車。こちらも1949年製と、中々のキャリア持ち。

ED221は1926年製で、今年で91周年。会社共々、一世紀までもう一息。
  1. 2017/09/08(金) 22:43:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

サロンカーおわら

今日は山口線まで遠出の計画を立てていましたが、元々余裕のない段取りに業務トラブルにより断念。代わりに近場?に向きを代え、北陸線へと出かけてきました。
サロンカーおわら
昨年に続き運転された、団体臨時列車サロンカーおわら。昔は専用のヘッドマークを掲出した団臨も多かったものですが、今やジョイフルトレイン自体が希少の存在に。その両方を兼ね備えたこの列車、なんだか少し懐かしい?

今庄の停車を利用して追っかけ。今庄で前パンを下ろしていました。
サロンカーおわら
光線状態はよくありませんが、撮れただけでも良しとしましょう。

帰りは久々に今庄から木ノ本へ抜けましたが、木ノ本方の一部にトンネルができており、以前より少しばかり通りやすくなっていました。個人的には山道の方が走っていて楽しいですが。
  1. 2017/09/02(土) 22:39:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最もマイナー?なED301

電気機関車ED301。この形式で検索すると、数種類出てきます。4軸の30t電機を意味するED30に初号機の1を付番したこの形式、車種は異なれども名前は同じといった按配で、現役の三岐鉄道を筆頭に、北陸鉄道、松本電鉄、十和田観光電鉄、マニアックなところでは東急まであります。そんな数有るED301の中で、多分一番マイナーなのがこちら。
ED301
弘南鉄道のED301。貨物輸送が無くなり、ED333に取って代わられる形で引退、廃車。

撮影に際し、お世話になった方々に御礼申し上げます。
  1. 2017/08/25(金) 22:31:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

北アルプス風っこ@篠ノ井線

8日に松本~南小谷で運転された、快速「北アルプス風っこ」号。鉄活動以外でも幼少の頃から通いなれた地で機関車2両によるプッシュプルのイベント列車運転とあって、遠路出かけてきました。

まずは大糸線で華を撮影。早朝5時台から客扱いの始まる、何とも長野らしい団臨。かつて長野市内に在住した事がありますが、日曜日の朝6時に町内放送で総員起しを行う、サラリーマンに容赦のない土地でした・・・。

写真は失敗したので割愛。信濃松川から県道275号~国道19号~県道55号で麻績まで出て、姨捨へ。中々楽しい道中でしたが、夜にはあまり走りたくないですね(汗。

そして待つこと数十分。本命の「北アルプス風っこ」が通過。
姨捨
EF64 1053+風っこ+DD16 11。松本への回送ではありますが、長野らしい場所をとここを第一に決めました。

2枚目も場所が分かる撮影地で。
西条~明科
北アルプス風っこの往路はDD16 11が先頭になりますが、全区間で順光になるポイントは無し。なので無難に後追いで押さえました。

でもやっぱり普通に前からも撮ってみたいと、返しの回送まで粘ってみました。
曇り
日中は盛大に晴れていましたが、夕方からは曇りに。露出も厳しく、落ちるシャッター速度を望遠アングルでカバーしましたが、それでもISO400での撮影に。

この後も追っかけを予定していましたが、天候不良につき断念、帰途につきました。大糸線内での写真は、都合により割愛。来年の運行も期待したいところです。
  1. 2017/07/10(月) 00:58:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電