As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

上越へ 小出へ

最後は小出駅の様子を。
大白川駅では断念した、定期列車との組み合わせ。
小出

左側に僅かに写っているチキ車。ここでは丁度、レールの荷降ろし作業が行われていました。
小出

ホイストを使って真横へスライドさせると言った感じでしょうか。工臨は過去何度か撮影しましたが、実際の作業を見たのはこれが初めてでした。ちなみに前日に突然後ろからやって来たEF64 1001は、このチキを牽引していたものと思われます。

小出駅に到着してから暫くの後、試運転列車は後DD15の推進運転で長岡方面へ押し出し、上越線に転線しました。
小出

左に見えるのが、朝に上越線の回送を牽引したEF64 1051です。

そしてこのまま連結。
連結

帰りも朝と同じ機関車が登場。古今より、何処へ行っても連結作業は注目の的です。でもあまり深く考えた事無いけどなんでだろう・・・?

最後の走行は露出が厳しかったので、望遠アングルへ逃げました。
北堀之内

今度は顔切れしませんでしたよ(笑

名残惜しかったのですが、翌日は出勤の為ここで打ち切り帰途に。小出界隈から飯山線沿いを飯山へ抜け、そこからは長野道~中央道で帰宅しました。2日間の走行距離が1150㎞、とにかく疲れました。天候もいまひとつで本当はもう一日くらい滞在したかったのですが、いい物が見られたので満足しています。

明日は10日振りの鉄。でも何処へ行こう・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/28(土) 20:28:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上越へ 大白川からの復路

大白川では機回し作業を見学しながら何枚か撮影して来ました。
機回し中

小さい機関車も、間近で見ると中々の存在感です。

機回し後に道路から撮影。ここは撮影会状態でした。
大白川

人が多かった事もあり、背後の斜面をよじ登って撮影したのが、初めに別記事で出した俯瞰の写真です。どちらが好みかは人によって分かれるところ?

復路は大白川に近い所で。まずは初めて撮る只見線キハ。
大白川~柿ノ木

大白川駅で試運転列車との交換風景の撮影も考えたのですが、時間的余裕がなかったのでこちらは断念。そしてこの約5分後にやって来た試運転列車。
大白川~柿ノ木

あ~ぁ。ま、深くは考えずに2枚目(笑
煙

絵的には微妙ですが、煙を吐いていい感じでした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/27(金) 21:28:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上越へ 長岡から小出へ

朝は早々に目覚めたので、朝食無料敢えて諦め7時前にはホテルを後にしました。そしてまずは昨日回送された旧客の確認をすべく長岡区へ。
長岡

一番南側に留置されていました。そしてこの編成の反対側には
DD15 44

ピカピカのDD15 44が連結されていました。初めて見るラッセルを外したDD15。奥にはこれまた初見のDD53のロータリーヘッドが留置してたあり、昨日までの憂鬱な気分はどこへやら。この後は足取りも軽く、撮影地を探しながら小出へと向かいました。

なるべくなら春らしい写真をと、桜などを探しながらの移動でしたが、中々いい場所が見つからず苦労しました。結局は無難に編成写真を抑えられる小出手前の直線に腰を据えました。沿線には同業者もチラホラと見られ、私の居た所も初めは私一人でしたが通過前には20人近くの大所帯となり、この列車の注目度の高さが伺い知れます。

そして定刻にやって来た回送列車。
越後堀之内~小出

ま、こんなものでしょう。機関車後ろの信号機を隠す為に斜面に無理やり三脚を立てて撮影しましたが、苦労の割には少々微妙?まぁでも顔が切れるよりはいいでしょう(笑

只見線を訪れるのは実は今回が初めて。小出駅に様子を見に行こうとも考えたのですが、撮影地探しを優先してそのまま大白川方面へと向かいました。当日は曇天で光線はあまり気にする必要がなかったので言ってしまえばどこでも撮れたのですが、沿線は桜どころか花さえ殆ど見当たらず、所々に残雪が見られるどちらかと言えば冬の様相。気が付いたら大白川駅まで来てしまい、後々この駅で色々撮りたいと思っていたので、すぐ近くのポイントで撮影しました。
柿ノ木~大白川

S字カーブがいい感じだったので、並走道路も入れるアングルにしました。追っかけ鉄が大量に写る事も覚悟しましたが、以外と気にならなかったです。まぁでもしっかりと写ってますけどね(笑

そしてこの後は直ぐに大白川駅へ。一番撮りたかったのが最近お約束の顔アップ。
ポスター風味?

空が白いのは好みが分かれそうですが、何となくポスター風味?補助灯の輪郭が空に溶け込み、個人的には中々気に入りました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/25(水) 22:06:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上越へ 長岡へ

新津駅を後にし、長岡方面へ撮影地を探しながら移動。途中、沿線の学校にある桜を見つけ、やや強引ながらも是を絡めて撮影する事にしました。しかしこの時点で露出はかなり厳しく、ISO200でF2.8の1/350でもちょっと暗いかなと言ったくらい。仕方なくポジは中望遠構図に逃げ、デジはF1.4レンズの強みを生かし、標準アングルで待ち構えました。しかしこれが大誤算。ポジを撮ってからデジをと何も考えずに撮りにいった事でデジは
(;´д` ) トホホ

痛恨の顔切れ。やっちまっただよ・・・。始めからデジのみにしておけば良かったのに、なまじ欲をかくとこうなるといった典型的な例です。流石に暫くは茫然自失、今更後悔しても仕方ないと分かっていながらも、かなりのショックでした。
この後は特に予定を決めていなかった事もあり、とっとと宿泊先を決めてふて寝しようとビジネスホテルを探す。最初の一軒目は満室と体よくお断りされ、さらに意気消沈。そんな中確保できたのがビジネスホテルサンパレスです。ちょっとお世話になった事もあり、勝手ながら宣伝(笑
しかし前述の通り何もやる気が起きなかったので、枕を涙で濡らしつつ20時過ぎには早々に眠りました。

が、深夜1時過ぎに目が覚めたので、ちょっくら駅まで深夜俳諧。駅には入れなかったので、南側の踏切から強引に撮影。
長岡

東海地方在住の身には中々縁のない、EF64 1000番台牽引の寝台特急北陸。35mm換算で640mmでの撮影です。ポールを回避しようとしたら
長岡

正面気味なら回避できますが、相当望遠が必要になるので縦構図でごまかし。まぁ例え横構図で撮れたにせよ、無理無理感溢れるお笑い作になりそうですが・・・。この後は再び朝まで布団の住人と化して、翌日の本番に備えました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/24(火) 13:34:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

上越へ 次は新津へ

追っかけと言ってもそうそう追いつくスジではなかったので、思い切って折り返し駅である新津駅まで足を伸ばしました。ここまで来て逃してなるものかと車を走らせ、なんとか新津駅に到着。そこには着いたばかりの先程の旧客が見え、まずは一安心。と思っていたら突然目の前をEF64 1005(釜番ちょっと自信なし)に牽かれたシキ550×3が通過・・・またこのパターンか・・・。空荷の回送とは言え珍しい編成なだけにかなりヘコみました。こんな時はいつも以上に抱えている機材が重く感じられます。

とは言え機回しを見学していたらすぐに回復。単純なものです。手旗による誘導は東海地方では中々見られないだけに興味深かったです。
新津

これは機回しの後、出発位置へ移動する所です。

ブレーキ関係でしょうか。合図を送って作業完了のようです。
新津

そして前から。
新津

位置的に厳しく広角でしか撮れませんでしたが、いい物が見られたので満足です。

新津では他にこんなのも撮れました。
新津

初めて見るEast iE。前パンが上がるとより検測車らしく見えます。

そしてもう一枚。
新津

特急型車両使用の快速くびき野。実は今回が初見でした。

ここで雨も上がった為、欲をかいて走行写真を狙おうと移動を開始。しかしこの後もお約束は続くのでした・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/22(日) 23:39:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上越へ まずは信越から

17.18日と、上越方面に遠征して来ました。主な目的は前記事で紹介した「快速うおぬま号」の試運転。本番は今日と明日ですが、仕事の都合により行けないので、せめて試運転でもと出かけて来ました。

念の為お断りしておきますが、はっきり言って駄作の量産です。掲示板とかに貼ったらその内アク禁にされそうなレベルの物までありますので、暇潰し程度に御笑覧くださいませ(笑

そんなわけでまずは北陸へ周り、有名撮影地である鯨波へ。生憎の降雨により最悪のコンディション。まずは485系3000番台による団臨。
鯨波~青梅川

両数で北越と区別できますが、何にせよダメダメです・・・。

で、ここでの主目的だったの24系による天理臨。
鯨波

全然あきまへん・・・。

天気も回復しない事からこの場所での撮影を諦めて上越線へ。まず最初に目撃したのが
保守作業

昼間からこいつが走っているのは初めて見ました。他に貨車数両を牽引したモーターカーも見かけ、これも幹線ながら運行本数の少ない上越線ならではと言ったところでしょうか。

さて、上越線に来た一番の目的は、EF641000番台牽引による旧客3両の回送列車。撮影地を決め待ち受けていると後ろからこんなのが
64の仙一さん

突然後ろから来たのて驚きました。慌てて撮ったので失敗してしまいました・・・どこかで流行っていましたが便利なフレーズですね(殴

などと悪い事を考えていると天罰が下るもので、回送列車の通過直前になって大粒の雨が。しかもフレーミングを誤り
五日町~浦佐

色はおかしくパン抜きも失敗。自業自得とは言えこの時点でかなりの精神的ダメージを負いました。このままで終わらせてなるものかと追っかけを決断。でも雨が降ってはどうにもならないから駅撮りにしよう・・・決意の割にはすぐ簡単な方へ逃げるダメダメなワタクシ。

すみません、こんなんで。次回は駅撮り写真でお茶濁しの予定です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/21(土) 21:31:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

DE15 1541    とDD15 44

現在JR東海で唯一稼動状態にあるラッセル車DE15 1541が、今月10日に美濃太田から浜松工場まで回送されました。
岐阜

銘板をアップで。
ラッセル

鉄道ファン誌によると、JR東海のラッセルはこの1541号機の他に1531号機も在籍しているとありましたが、1531号機は長らく浜松工場の同じ位置に留置されており、そこから全く動いていないようです(前記事の写真)。

シーズン明けのこの回送。今まで東海道線は専らELが担当していましたが、今年は機関車の淘汰が進んだ為かDD51 791がそのまま西浜松まで牽引して行きました。
ちなみにかつてはこんな顔合わせもありました。
岐阜

なんとも豪華です。ちなみに後ろのDD51 791は既に開放されています。

この回送、なぜか今年になって廃車回送では無いかとの噂が流れたようで、私もまさかとは思いつつ気になっていました。しかし現時点では通常の検査の可能性が高いと思われます。その根拠としてまずは
検査標記

前回の全般検査が14年となっています。廃車であればこの検査切れに合わせる事が多いのですが、稼動時期の限られるラッセル車であれば、まだその時ではないと思われます。

そして13日に訪れた浜松工場で
浜工

整備を受けている1541号機の姿が確認できました。今年の回送も、今まで通りの検査回送と見るのが妥当ではないでしょうか。


ラッセルと言えば、18日にJR東日本のラッセル車を撮影して来ました。
大白川

これは21.22日に只見線の小出~大白川で運転される「快速うおぬま号」の試運転列車です。除雪車であるDD15のラッセルを外して機関車として旧客3両を牽引。このファン垂涎のイベント列車の詳細は、JR東日本新潟支社のHPに掲載されています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/19(木) 06:14:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

JR東海浜松工場 EF64 2全検出場

Z1の後は構内を移動、留置してある機関車群を見てきました。
廃車待ち?

EF64 66にEF65 112。ラッセルは形状からDE15 1531のようです。そしてこれら廃車待ちと思われる機関車の脇に、EF64 2の姿が有りました。こちらは当然廃車ではなく、検査上がりでまだまだ活躍します。(ちなみにEF65 111とDD51 749は既に解体されています)

午後になって建物から出てきた2号機。
出場

綺麗に塗装されてピカピカです。写真では分かりませんが、台車も東海仕様のグレーで塗られていました。

そしてお昼過ぎに工場を後にし、西浜松へと向かいました。
無理やり・・・

ちなみにここの近くでは新幹線300系J1編成が、重機によって解体されていました。

浜松駅で細部を観察。
浜松

札差がメッキされています。

銘板も一枚。
昭和39年製

現存するEF64形機関車の中で最若番。昭和39年製、齢40年を超えるベテラン機です。

翌日より早速工臨で稼動したようで、綺麗な姿のうちに再び撮影できればと密かに期待しております。早く稲沢まで来てくれないかなぁ(笑

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/16(月) 17:23:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

JR東海浜松工場 Z1とEF64 35工臨

今月13日にJR東海浜松工場へ行って来ました。初めての訪問でしたが、広大な敷地に新幹線や在来線車両が垣間見え、非常に興味深い所でした。この日は新幹線はZ1とC12編成の試運転。在来線ではEF64 2の全検出場とEF64 35の工臨を撮影。他には留置中の機関車群や解体中の300系J1編成などを眺めて来ました。ちなみに何故か今年になって廃車の噂が流れたDE15 1541ラッセル車も確認して来ましたが、この辺はまた後程。

まずはZ1。朝着いて建物の中を見ると
浜工

ちなみにこれは陸送の時に撮った16号車です。電源が入れられており、これは動くと期待が膨らみます。

そして期待通り午前のうちに、建物から出てきました。
Z1

精悍なフロントマスク。あまりカッコいいとは思いませんでしたが、最近ようやく見慣れてきました。

運転席から後方確認。試運転ならではの光景です。
試運転前


この後Z1編成は構内を何度か往復、各種試験を行なっていたようです。
試運転

通常は撮れないであろうローアングルで撮影。

試験の途中、構内では検査中の車両の入れ換えが行われていました。
入れ換え

踏切待ちでこんな列車が来たらびっくりします(笑

Z1編成も最後はまた踏切を渡ります。
踏切

16両編成が途中停車を交えつつ低速で通過。この踏切に引っかかった人は運が悪い?列車は再び建物の中へ入り、姿を消しました。

昼になって東海道線へ移動。EF64 35のチキ返空の工臨を撮影。
チキ返空

この機関車の去就も気になります。撮影はお早めに。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/15(日) 21:04:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高山線の春 4

白川口駅より先では学校などで咲いている桜は目にしたものの、線路際には残念ながら発見できませんでした。という訳で光線状態を優先して山間で撮影しました。
煙

花は無くとも煙が有りました(笑。

そして列車は終着の飛騨金山へ。
飛騨金山

ここで一番東側の線路にチキ車を押し込み連結器を開放、その任を無事果たしました。

この後は3番線に留置、エンジンが止められてお昼休みです。
飛騨金山

残念ながら駅東側(写真左側)の桜は花付きが今ひとつで、地元の方のお話ではもう枯れかけているとの事でした。

しかし西側の桜は満開。最近色々と試している部分切り取りで一枚。
微妙・・・

今年度中の廃車が噂されるDD51 791。来年もこの組み合わせが実現する事を切に願ってやみません。

返しの単機回送は先日アップしたので、最後に入区する姿を一枚。
美濃太田区へ

手持ちでお手軽に撮った一枚ですが、右側は入れる必要無かったかも。次回はどう撮ろうか、考えながら過ごすのも写真撮影の楽しみの一つですね。

次回は浜松工場のお話を。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/14(土) 19:37:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高山線の春 3

高山線を走る工臨の場合、まずは早朝に美濃太田までやって来ます。北部高山方面へ向かう場合はすぐに発車して行きますが、飛騨金山行きは通勤通学時間帯に中線に留置されているので、北部行きに比べると比較的発見しやすいと言えます。
美濃太田

花は・・・上の連絡通路にかろうじて(笑)。

ここで車票を確認。
車票

稲沢発飛騨金山行きである事が分かります。

先回りして、一つ東の古井駅へ。前日に催されたさわやかウォーキングの出発地となった駅ですが、ホーム上に桜があり見る者を楽しませてくれます。
古井

樹の下の物置がちと無粋?。写真を撮るだけではなく、ただ見るだけとしてもこの位置にあると違和感が・・・。自分だったらこんな所には設置しませんが、実用本位と言ったところでしょうか。昔は細かい心配りが各所に見られましたが、少し寂しいですね。

続いては上麻生駅へ。ここも綺麗に桜が咲いていましたが、列車と絡められる位置には少なく、結局強引に縦アングルで。
上麻生(撮影は駅外)

ま、ぶっちゃけ無理やりです(笑)。ちなみにここ上麻生の駅前には、SLが展示してあります。屋内に有りガラス越しにしか見られませんが、その為か保存状態は良好に見えました。

そして白川口駅へ。飛騨金山行きはここで長時間停車するのがパターン、この日のその例に洩れず停車していました。
白川口

レールの妻面が着色してあるように見えますが、なぜなんでしょうか?細かい事を気にしすぎると、早く禿げるぞとは友人の弁。気を使ってくれてありがとう(棒読み)。

続きは次回に。
今日はJR東海浜松工場まで出かけて来ました。先月末から半月余りは非鉄でしたが、今週一週間は有給も駆使して各所へ出かけております。あと2回程遠征予定なので、18日くらいには灰になっているかも(汗)。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/13(金) 23:55:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高山線の春 2

9日に稲沢から飛騨金山まで、チキ車4両(美濃太田で2両切り離し)による工臨が運転されました。飛騨金山まで追っかけましたが、この日のお題はずばり「春」。と言ってもなるべく花と絡めて撮ろうと、ただそれだけ(笑)。
単回

いわゆる日の丸写真ではありますが、何気にいい感じです。今まで撮ってきた単機の写真の中では一番かも(汗)。

少々忙しい為、お手軽更新で失礼をば。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/11(水) 02:39:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

高山線の春 1

先月の豊橋鉄道以来ご無沙汰でしたが、昨日から明日にかけて地元の高山線を撮影して来ました。

昨日名古屋~古井間に運転されたキハ75系による「さわやかウォーキング」。
数で勝負?

柱や看板がある為あまり撮影には向かない場所ですが、ここの彩は見事でした。2両くらいならもうちょっと何とかなる?

そして今日は工臨を撮影、明日も出勤前にちょっと出かけて来ます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/09(月) 23:37:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

レトロ電車 さよならセレモニー

駅前電停11時50分発の赤岩口行きがレトロ電車の最終運転。それに先駆けて11時30分よりさよならセレモニーが実施されました。

最終運行に備え、クイズ列車から再びヘッドマークを交換。朝方の物とも違い、色違いになっていました。
屋根

続いて式典の様子。非常に狭い所のうえに降雨の中での撮影の為、画像が拙い点はご容赦ください。
セレモニー

司会は綺麗なお姉さん、式典に華を添えてくれました(ぉ。ちなみにこの方、エフエム豊橋の高井綾子さんという方です。

まず初めに主催者として豊橋鉄道代表取締役社長、水野忠之氏による挨拶。
挨拶

レトロ電車の生い立ちや、今後の保存先について説明してくださいました。

続いてタイムスケジュールでは豊橋市長より挨拶、のはずだったのですが、何故か先に目録の進呈が。今後レトロ電車は市が主体でこども未来館ここにこに保存される為、目録が贈呈されました。
目録贈呈

雨の降る中、マスコミ向け撮影会?。多くの報道関係者や見物人が集まる中、少しでも多くの方の期待に応えようとされていたお二方には脱帽でした。
目録

非常に気さくな方々で、雨に濡れながらもこの式典に参加して良かったと心から思いました。実は最後の走行を撮影するかこちらにするか最後まで迷っていたのですが、私にしては珍しく良い選択をしたようです。

そして早川勝豊橋市長より挨拶。主に受け入れ側としてレトロ電車の保存先となる施設の概要などを説明してくださいました。
市長挨拶

その頃会場近くでは、通行人にまぎれて何やら賑やかな二人組が。と思ったらエフエム豊橋の生放送でした。テレビと違ってカメラもマイクを持った取り巻きも居ないので、最初さっぱり分かりませんでした(汗)。このお二人もまた、このさよならイベントを盛り上げてくれていました。
生放送中

そして列車の発車時間になり最後のお見送り。テープが用意され、花道を引き立てます。
さよならテープ

水野社長の発車合図と共に列車は駅前電停を発車、赤岩口へ向けて最後の運用に就きました。
なお、この発車合図に関してちょっとだけ手違い?があったようですが(詳細は控えます)、私は近すぎて撮影出来なかったものの合図はバッチリ決まっていましたので、さして気に留める必要は無いと思いますよ、社長さん。

当日この場所に於いては、豊橋鉄道社員様や地元の方、タイムスケジュールを提供していただいたマスコミ関係者の方に大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/06(金) 16:37:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

クイズ列車として

レトロ電車に乗って赤岩口に着いてしばらく経ってから、モ800形による貸切列車が入線して来ました。
係員さんの誘導に従い車庫へ入場。
貸切列車

これは冒頭でも触れたように「市電クイズ王選手権大会」に伴う運行のにようでした。
赤岩口の車庫ではレトロ電車の真横に停車。ここから乗客が乗り換える中々意気な企画でした。
赤岩口

ここからレトロ電車は「クイズ列車」として再び駅前へ向かいます。定期列車の続行運転となる為、赤岩口では真後ろに占位しました。
続行

新たに取り付けられたヘッドマーク。このクイズ企画の優勝賞品だったとの事です。
優勝賞品

ちなみに二枚用意されており、一枚が賞品、もう一枚が赤岩口撮影会でのオークションにかけられました。

列車は一路駅前電停へ向かう中、途中の電停には必ずと言っていい程撮影者がいました。
井原

当日は時折雨の落ちる悪天候ながら人出は多く、この列車の注目度の高さが伺い知れます。

先行列車で駅前電停に先回り。入線してくる姿をお手軽に撮影。
駅前

傘を差しつつこんな所にまで撮影者が。皆さん必死です(笑)。
列車はそのまま駅前電停に入線。そしてこの後の赤岩口行き最終運行に備えます。


昨日職場の花見で各務原市にある新境川へ行って来たのですが、ほぼ満開に近く、今が見頃、撮り頃と言った感じでした。今日は休みだったのでカメラ片手にと思っていましたが、風邪と花粉症と二日酔いのトリプルパンチ、夜まで家で寝込む始末・・・。もう一度こんな写真を撮りたいと毎年思ってはいるのですが・・・。
桜満開

今やDD51形も滅多に走らなくなってしまいましたが、この花の綺麗さは地元贔屓を差し引いても見事なものです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/04(水) 22:39:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

豊橋鉄道 乗り鉄

途中で話を入り混ぜると、ワケがわからなくなってきますね・・・今度からやめます。

豊橋鉄道レトロの乗り鉄。
駅前

ここで受付して乗車しました。

車中では運転席後ろに子供が。この姿はいつの時代も変わりません。
車内

その様子を撮影する某TV局のカメラマン、そしてその様子を撮影する私(笑)。
車内

列車の揺れに耐えながら思い思いのアングル、時には中腰。噂には聞いていましたが、カメラマンの体力は並じゃありません。

現在の車では見られなくなった大きなマスコン。ガチャガチャと機械的な音を立てながら動くその様子に酔いしれました。
マスコン

そして30分と経たぬ間に列車は赤岩口へ到着。ここでは電停で下車せずにそのまま車庫へ入りました。
赤岩口

乗車したまま車庫へ。これも団体列車ならではの光景です。

到着後に真横から撮ってみました。
サイド

真横から見る姿が一番クラシックに見えます。運賃箱が微妙・・・。

列車はここで折り返し駅前行きに。この後の運用に備え、ヘッドマークを交換しました。
交換

その名も「クイズ列車」


昨日軽く触れたクモヤ145系が、本日予想通り大垣に帰ってきたとの事です。高山に居たラッセル車も今日これまた美濃太田へ戻り、2007年冬の最後の締めくくりとなったようです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/01(日) 22:48:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電