As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

2007 岐阜基地航空祭 午後の部

名鉄各務原線で2200系の航空祭運用を撮ったら、直ちに午前に居た場所へ向かいました。列車の撮影が正午前、マスフライトはプログラムによれば正午からなので大丈夫だと思っていたのが甘かった・・・移動時にすぐ近くをC-1FTBがT-4を2機従えて通過。ど迫力だったのですが、当然ただ見送るのみでした。結局基地の東寄りに陣取り、ここでマスフライトを撮影する事にしました。

林の向こうから飛び出してきた、定番のフォーメーション。
銀が行く


続いてアロー隊形。
アロー

今度は素直に青空バックで。例年リーダーを務めるC-1、今年は嬉しい事に初号機でした。

単機で航過するC-1FTB
銀

銀色の機体にピトー管付き。いかにもテストベッド機な姿は、ここ岐阜以外では滅多に見られません。

機体を捻りながら着陸へ向けてアプローチ。
FTB

C-1FTBは大きくバンクをとったり、カーゴドアを開いての航過も披露してくれましたが、私のいた位置からは遠すぎました。背中のショットはこれ一枚・・・。

F-4が3機、この後コンバットピッチ。
F-4

ショーセンターから外れると、撮影はかなり難しくなってしまいますね。

ブルーインパルスまでは時間が空いたので、再び航空博物館近くへ。今年は数枚のみの撮影となりました。
チェンジオーバーターン

個人的にブルーの演目で一番撮りやすいチェンジオーバーターン。

今年は望遠によるアップはこれだけに。レンズを換えて今度は
コスモス

コスモスを入れてみました。しかしこのコスモスの中に撮影者が・・・お姉さんなら大歓迎ですが、野郎はお断りしたいところです。

今度はコスモスの範囲を広げてみましたが
う~ん

あまりいい塩梅とは言えず、もし来年もコスモスがあるのなら、再挑戦したいものでず。ちなみにこのコスモスは遊休地に植えられたものらしく、来年もあるかどうかは分かりません。

今年の岐阜基地航空祭、私はここで終了と相成りました。ブルーの途中で引き上げ職場へ向かって一目散・・・恐らく背中が煤けていた事でしょう(泣

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/31(水) 20:55:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007 岐阜基地航空祭 午前の部

28日に開催された岐阜基地航空祭。昨年に続き絶好の秋晴れの下で、岐阜の空を軽快に飛び回りました。

市内在住の地の利を生かし、朝はゆっくり8時半くらいに家を出るつもりでした。しかし痛恨の二度寝で家を出たのは8時45分くらい、一目散に基地南側の航空博物館へ向かいました。岐阜基地航空祭は開放されるエプロン地区が滑走路北側にあり、飛行展示の写真を撮ろうとすると逆光になります。その為、写真撮影派の方々は揃って基地南側の外周に集結する事になります。
携帯画像

田んぼ道に終結するマニアな方々です。ちなみに私はラブホの近くに陣取りました。このラブホ、こんな所におっ建てて空気の読めないやっちゃなと常々思っていましたが、看板に「ねぼすけくん」の文字を見つけた時はちょっと苦笑い・・・。

現地には9時過ぎに展開、離陸が終わった後ではありましたが、幸い飛行展示には間に合ったので無問題。まぁボチボチと。
異機種編隊

オープニングフライトは岐阜ならではの異機種編隊。岐阜でしか見られない組み合わせに加え、F-2には未だにテスターカラーも残っています。

これも名物?T-7が各機をリードします。
異機種編隊2

かつてはT-3とF-15が1機ずつの組み合わせだったこの展示も、年を追う毎に機種が変わり機数が増え、今では5機編隊を組むようになりました。

編隊飛行の合間には機動飛行を披露。
迷彩

F-2の機動が一番派手に見えます。

こちらはテスターカラー。
101

この塗装がいつまで残るのか、そろそろ気になってきました。

オープニングフライトの後はT-400による航過飛行でしたが、こちらは離陸した後に会場を一周しただけですぐに着陸。昨年も疑問に思ったのですが、これって展示飛行の名目で(以下自粛)。救難展示は外周からは遥か彼方の世界になるのでここで一旦帰宅、前記事はその時に更新しました。そして11時半頃に再び家を出て、今度はなぜか線路際へ向かいました。
鵜沼宿~羽場

航空祭需要に合わせ、鵜沼停まりの特急が会場最寄り駅である三柿野まで延長運転されました。普段は各務原線には入線しない2200系を撮りに、ここには20人程の鉄っちゃんが居ました。ちなみに運転席向かって左側には三柿野行きを示すプレートが掲出されていましたが、この写真からは判別できませんね(汗

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/29(月) 14:07:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007 岐阜基地航空祭 ちょっとだけ

今日は雲ひとつ無い秋晴れの下、岐阜基地航空祭が開催されています。地の利を生かして一旦帰宅。本当のところは仕事の準備ですが・・・。

昨年から取り入れられた演目。マスフライトに続く岐阜基地の名物となるか。
オープニングフライト

会場斜め正面より進入して一斉にブレイク。なかなか見応えがあります。

見られる基地が少なくなったファントム。遠方よりこれを見たくて来られている方も多々お見かけします。
F-4EJ

午後からはマスフライトとブルーインパルスがあります。この天気です、見なければ損ですので、再び行ってきま~す。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/28(日) 10:55:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007 小牧基地航空祭

ターミナル内にて

27日、航空自衛隊小牧基地の航空祭に行って来ました。生憎の降雨なれどもお昼頃には上がるとの予報だったので、夜勤明けながら足を運んだ次第です。しかし雨は昼過ぎになっても止まず、写真としてはあまりいいものは撮れませんでしたし、雨宿りが多くなった事もあり展示品も殆ど見られませんでした。地上展示機に至っては僅か2枚の体たらく・・・。しかしT-1が退役してから初めて行った航空祭、収穫もありました。C-130Hと救難隊だけの舞台と侮る事なかれ、特に救難隊のフライトディスプレイはなかなかのものでした。いつもながらの駄作ではありますが、いくつか紹介したいと思います。

仕事を終えた後に会場入りした9時頃、丁度救難教育隊の飛行展示が始まりました。UH-60Jが3機、U-125が2機飛び立ち、雨の中軽快な飛行を披露してくれました。
2007小牧

最近目にする機会が増えてきた迷彩色が1機混ざっていました。

UHは横に長い小牧の会場に合わせるかのように3機が横に広がる形で展開し、同時に同内容の救難展示を披露しました。派手さはないものの、このようなさりげない配慮は好感が持てます。そして救難展示中のUHの近くをU-125が旋回するお約束の展開が始まったのですが、実は今回これが一番驚きました。
救難展示

とにかく近く、UHとU-125が殆ど同高度に見えました。写真写りも良く見て楽しむのもよし。きっと色々と熱心に研究されたのでは、そんな風に思えるディスプレイでした。

3機での編隊航過。
トレイル

エシュロン隊形で航過しました。始めは横一直線に見え、接近するにつれ進行方向に向かって並び替えられるように見えるこの隊形。固定翼機ではあまり意識していなかったのですが、ヘリではゆっくりと見え方が変化していくので、意外と見応えがありました。

展示を終えて、雨の中束の間の休息をとるUH。この雨のおかげで人出はあまり多くなく、地上展示機を400㎜で撮る暴挙も可能でした。
ユーモラスなお姿

なんかこれ、主脚を足に見立てドロップタンクを手でぶら下げているように解釈すると、結構面白い格好で擬人化できませんか。顔はエンジン部辺りで(殴

次に飛んだC-130H。こちらは迷彩と水色が1機ずつ上がりましたが、雨の影響なのか2航過したくらいで終わりました。
リング

見難いのですが、ベイパーリングが雨である事を物語っています。

飛行展示が終わった後は、C-130Hの体験搭乗の抽選に並びました。その途中に何ヶ所かで
顔文字

自衛隊と言えばお堅いイメージが先行しがちですが・・・。他に整頓された工具類なども見かけましたが、展示品で無いこれらの物からでもしっかりとした仕事振りは伝わってくるようで、中々興味深かったです。

午後からは再び救難展示が始まりました。天気予報では雨が上がっている筈でしたが、逆に雨足は強くなってきたので屋根の下から眺める事にしました。
迷彩仲間

同迷彩の2機を一緒にフレームに収めてみる。晴れていれば来場者で溢れかえる展示機周辺も、ご覧の通り。

展示内容は午前中と同様でしたが、写真を撮るにはかえって好都合。立ち位置を変えてみました。
救難展示

今度はU-125の方が大きく見えました。

最後の航過も
エシュロン

綺麗に並んで写せました。

そして再びC-130H。今度は会場斜め後方から進入し、大きくバンクをとって背中を見せながら旋回しました。
ちょっと小さい・・・

鉄道写真に基本があるように、飛行展示を撮るならやっぱり背中は狙いたいものです。

前述のように雨の影響で地上展示機は殆ど撮れなかったので、帰投まで残って離陸を撮影してみました。
+3の修正k

入間から飛来したC-1。実はこの写真、設定を誤りとんでもないアンダー写真で機体は真っ黒になりました。それを+3補正して持ち上げなんとか見えるように。ノイズは出ましたが、恐るべきはデジタルの力です。

続いて航空祭の定番、三沢のE-2Cホークアイ
帰投

遠路はるばるご苦労様です。

ブルーも予備機が1機、展示されました。この日の帰投先は松島ではなく岐阜。翌日に行われる岐阜基地航空祭に備えます。
岐阜へ

ちなみに午後2時頃、小牧から岐阜基地の方向にスモークが見え、事前訓練が行われている様子が見てとれました。

そしてついにF-2が。
バーナー焚き

バーナーONで高度を押さえつつ加速、これはやってくれると期待が高まる。そしてその期待通り、一気に機種を引き起こしハイレートクライム。
ハイレートクライム

やはり戦闘機は迫力があります。

そして今日28日、岐阜基地航空祭に行って来ます。昨日は夜勤明け→小牧基地航空祭→帰宅→あまりの披露に即寝→夜中目が覚める→ブログ更新→今から仮眠→岐阜基地(但し外)へといった按配、趣味は時に人を不健康な方向へ誘います・・・。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/28(日) 05:36:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

10/23 糸魚川撮影会 キハ52系

今回の撮影会の目玉である、大糸線で活躍するキハ52系の3並び。運行時には不可能であろうこの企画に、遠路遥々行って参りました。
糸魚川

大糸線のキハ52系は11月5日の午前まで、全線開通50周年を記念したヘッドマークを掲出しています。撮影はお早めに。

今回の撮影会ですが、色々な姿が撮れるような趣向が凝らされていました。
糸魚川

個人的な感想ですが、こういった心遣いをしていただけるのは非常に嬉しいですね。

予定通りまずは前照灯が点けられます。エンジン始動。
機関始動

キハ52 156、115、125の順でエンジンがかけられた後、ヘッドライトが点灯されました。
ライト点灯

おや?115だけちょっと眩しいです。この後減光され、3両共に同じ按配となりました。

せっかくなので別アングルも。
横から

当日は50人程の人出だったでしょうか。主催者さんの心配りもあり、色々なアングルで撮影する事ができました。

そしてヘッドマークが外されます。
外される

ヘッドマーク無しでの並びもいいものです。
マーク無し

当日は大体105㎜程度のこの位置からと、エンジン始動時の写真に写っていた人の居る標準~広角系の位置で、時間を区切って人の立ち入りが交互に譲り合う形がとられました。ちなみに前から撮るとこんな感じです。
前から

車両中心な絵になります。後ろからはレンガ庫主体と言ったところでしょうか。

明日、明後日は久々にカメラを空に向けます。天候が心配ですが、明日は小牧、明後日は岐阜基地で、この時期恒例の航空祭が行われます。なので大糸線の続きは多分その後(汗

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/26(金) 20:51:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

10/23 糸魚川撮影会 ラッセル車を見る

10/23の昼間、大糸線では保守工事の為に定期列車が運休しました。この運休時間を利用して糸魚川駅では、同線で活躍するキハ52系3両を牽き揃えた撮影会が催されました。大糸線で活躍するキハ52系が一堂に会すこの機会、先の3重連イベントに行けなかった事もあり、風邪気味ながら行って来ました。
糸魚川

会場にはキハ52系3両の他に、DD15形とDD16形ラッセル車も展示されました。
ラッセル

何れも東海では見られない車両です。

DD15のラッセル部を覗いて見る。
DD15

フレームにシリンダーでしょうか。

台車の奥も覗いてみる。
DD15

ものごっついです。

怪しい覗きはこれくらいにして、次はDD16を。
DD16 304

一昨年の豪雪時の活躍は、記憶に新しいところです。

恒例の顔アップ。鋭い眼差しで前方を見つめる。
DD16 304

主眼は旋回窓辺りのつもり・・・前照灯は多少ボカした方がよかったかも。

かなり色褪せていましたが、それもそのはず。
検査標記

そろそろ全般検査でしょうか。

次回はキハ52を。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/25(木) 15:15:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

とりあえず

これと
新津

これに
糸魚川

行って来ました。今からせっせと現像処理しますので、詳細は後程に。

本日ご一緒した縁でリンクを一件追加(前にご一緒したのは三河海線廃線の時、月日が経つのは早いものです)、ミカミデザインさんのwebページです。過去にDJ誌に掲載された事もありご存知の方も多いと思いますが、キーホルダー等を中心に鉄道グッズを製作されています。興味のある方は是非ご覧ください。かくいう私もユーロのキーホルダーを持ってたりします。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/23(火) 23:38:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大井川鉄道 復活したC56 44 ②

大井川鉄道のSL、下り列車の走行写真は基本的に順光になる場所がありません。唯一崎平~青部辺りが僅かに撮れるばかりで、当初はそこにしようと思っていましたが、雲も広がってきた為に曇ってくると判断し、笹間渡の定番で撮る事にしました。しかしこれが大誤算、通過時には陽が差したまま。こうなると完全な逆光なので、なるべく影響を避ける為、望遠に逃げました。
抜里~川根温泉笹間渡

さて、今回も天気のせいにしますか(殴

もう少し綺麗に撮りたかったので千頭駅へ。この頃には空は完全に雲に覆われ、逆光区間で晴れ順光区間で曇るなんだかなぁの天候となりました。しかし千頭駅で撮るには曇った方が好都合。多くの方に紛れて撮影しました。
千頭

端っこにお姉さんが入っているのはデフォです。

駅構内ではこんなコーナーも。
タイ風スープ

ご厚意に預かり食してみましたが、トムヤンクンを薄くしたような味で、日本人向けに合わせた感じでした。でも美味しかったです。

千頭から先の井川線ですが、工事の関係で不通になっていました。
不通の案内看板

紅葉の見られる今の時期は応急工事で開通させるとの事です。詳しくは大井川鉄道のHPに掲載されていますが、やや分かりにくい印象があるので直リンで。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/21(日) 16:35:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日の大サロ

今日は米原~姫路にて、大サロことサロンカーなにわが運転されました。PFとの組み合わせは今まで撮った事がなく、ヘッドマークも付くと聞いたので、雨模様の天候ながら米原まで出かけてきました。

米原までの回送。牽引は1131号機でした。
彦根~米原

こちら側はへっとマーク無しでした。

列車は米原で折り返し、西下して姫路へ向かいました。雨が降ったり止んだりの天候でしたが、通過時には陽が差してくれました。
大分トリってます

丁度合うレンズが無かったので、縦撮りしたものをトリミングしてみました。誰か標準ズームください(殴。ちなみにポジは105㎜程度で、2パンとも柱間に収めました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/19(金) 15:42:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大井川鉄道 復活したC56 44 ①

飯田線の市田工臨の記事で一枚だけ写真を出しましたが、永らく休車になっていた大井川鉄道のC56 44が、今月7日にタイ国鉄仕様で復活を遂げました。当日は出発式の開催も告知され、これを主な目的として出かけてきました。

まずは新金谷。
新金谷

1日預かりの駐車場からの撮影ですが、ここへは徒歩であれば入れます。当日の機関車の確認にはもってこいです。

光線状態は良くないものの、入れ換え作業の見学もできます。
新金谷

この日はSL列車が3往復運転されるとあって、ひっきりなしに入れ換え作業が行われていました。

出庫してきたC546 44号機。
新金谷

復活記念として、日章旗とタイ国旗が掲げられていました。それにしても随分と印象が変わったものです。

後ろから。
C56 44

こちらはまだ何となく面影があります。

キャブを覗く。
ペットボトル

あ、ペットボトルなんですね。

一通り見物したら新金谷の改札へ。
復活を祝し

ささやかながら、こういった心遣いは嬉しいですね。

ホームにも、小振りながら看板が掲げられました。
新金谷

こうして出発式の始まる時間までのんびりと過ごしたのですが、ここで一つ問題が発生。ホームへの入場時間に制限がかけられるとのアナウンスがあり、出発式がまともに見られるかどうか職員の方に伺っても不透明な状況に。高山線の二の轍は踏みたくなかったので出発式の見物はあきらめ、走行写真を求め直ちに北上する事にしました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/18(木) 23:36:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ラッセル試運転

昨日の予告通り、今日は掛け持ちしてきました。

まずは14系リゾート&シュプール。
電線鉄塔なんだこりゃ

関ヶ原まで出かけたのに、予定していた撮影地へは時間ギリギリ間に合わず。近場で無理やり撮るには撮りましたが、電線に高圧鉄塔入り乱れ・・・。開き直って全部豪快に入れてみましたが、なんの意味もありませんでした(泣

気を取り直してこの後は高山線へ。14系に出かけたお陰で途中参戦となりましたが、本日美濃太田~岐阜に於いて白昼堂々とDE15ラッセル車が運転されました。友人の目撃情報を頼りに待ち伏せ、その前に練習で一枚。
蘇原~那加

微調整をして本番。
ちょっと早かった?

思ったより高速でかっとんで来た為か、微妙にタイミングが早かったかも。広角系はタイミングがシビアで、腕の無さが露骨に出てしまいますね。でも空が綺麗だとついつい標準~広角系を使いたくなります。

いつもの通り追っかけ。しかしポジをセッティングしたところで時間切れ。デジは手持ち、望遠で無理やりとなりました。
長森~岐阜

ポジは無事撮影でき、何気に振り向くとビックリ。
非常制動

ラッセルが停まっていました。距離からして非常制動と思われますが、特に何の音もしなかっただけに意外でした。見た時には既に停車しており、とにかく停まるまでの距離の短さには驚きです。

20秒くらい?停車して再び発車。
発車

丁度踏切だったので、直前横断でもあったのか、それとも試験の類だったのか、この辺りの事情は分かりません。恐らくは前者だと思いますが・・・。

最後は岐阜からの返しを岐阜城バックで。しかしここでも悲劇が・・・。
長森~那加

切れました (o_ _)o
本日のメインだったのにこれは無いでしょう。カツカツのアングルは承知していたのですが、まさか切り遅れるとは・・・。ポジはもう少し引き気味だったので撮れているとは思いますが、予備が失敗とは何の為の予備なのか(汗

あまりの不甲斐無さに撮影はここで終了、すごすごと帰途に付きました。途中マンション火災に遭遇したりと何だかなぁの一日となりました。

ちなみに今回のラッセルですが、聞いた話では性能関係の試運転だった模様です。毎年恒例の東海道、高山本線での試運転は過去に撮影した事がありますが、今回のように美濃太田~岐阜の試運転は初めて見ました。失敗もあったとはいえ、今日は30度弱まで気温が上がる中Tシャツで勤しんだラッセル撮影。これはこれでなかなか乙なものでした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/15(月) 23:54:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

中央線あすか

市田工臨を撮った後は中央西線へ。行きはラッセル配給、返空はあすかと掛け持ちと、最近はなかなか効率がいいです。ちなみに明日もあれとアレを掛け持ちする予定です(何

中央西線は大桑~須原のポイントより北寄りで撮影した事がなかったので、今回は撮影地を探しながらの移動となりました。光線状態を考えると制約が多かったのですが、まぁまぁの所を発見。そのままあすかを待ちました。
165㎜以上ないとケーブルが被るポイント

せっかくなので更に追っかけ。しかしこちらは曇る事を期待したのに結果は快晴で撃沈しました。
恵那~武並

本当はこんな感じを期待したのですが・・・。
恵那~武並

なんかえらい違い・・・なかなか上手くいかない下手っぴーです(汗

ちなみにここではお隣の市や京都から来られた方とご一緒しました。更にウォーキング途中の方も足を止められ、ちょっとした小所帯に。色々とお話しながらの楽しいひと時が過ごせました。
小さめ画像で

うまい棒ありがとうございました(笑。久々に食べました。ちなみに瑞浪から歩いて来られたとの事でこれにはビックリ。私も以前釜戸~瑞浪の撮影地まで40分近く歩いた事がありますが、その時に二度と歩くものかと固く心に誓った次第。私ももう少し頑張らないといけませんね。勝川駅前商店街の御一行様との事で、楽しそうなお姿が印象的でした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/14(日) 21:55:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

市田工臨 返空

今月5日に走った市田工臨。その返空が11日に運転されました。

当日は朝9時頃に単回が市田駅に到着。暫くそのまま待機していました。
市田

奥に見えるチキをお迎えに来たものです。

定期列車がやって来た。
市田

当たり前に見られた光景が当たり前でなくなるのもあと僅か・・・。

119系が立ち去るのを待って、チキの牽き出し作業を開始。
市田

このままチキ車に近づいて連結。
市田

上本線へは直接入線できない為、そのまま下本線に牽き出しました。
市田

当日は曇り模様でしたが、時折陽が差したのでこのタイミングを狙ってもう一枚。
市田

でも後方は曇っているので、何となく微妙・・・。

そして各確認を終えて、作業完了。
市田

今までEF58の顔アップの構図がなかなか思いつかなかったのですが、久々にやってみました。
久々の面切り

前照灯カバーに時代を感じます。ドット絵みたいな光も面白いかも。

駅での撮影はここで打ち切り、走行を撮影する為に南下。当初は天竜峡辺りへ行く予定でしたが、天候が回復しなかったのでお手軽に済ませました。
毛賀~駄科

飯田線はここで打ち切り、この後は中央線へ向かいました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/13(土) 21:46:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

美濃太田への帰還 ラッセル配給 3

ラッセルの最後は高山線で。
長森

遠くに岐阜駅前に建設中の高層ビルが見えます。昔このビルのおかげで余計な仕事が増えたのも、今ではいい思い出です(何

ここで美濃太田の僚友と交換。
長森

直ぐには発車しなかったので、車体を観察。美濃太田を出た時にあった張り紙がそのまま付いていました。
注意書き

そして気になる検査標記。
14-10

14年10月のままでした。この様子だと、来年にまた廃車説が飛び交うかも(汗

この後ひだもやって来ました。
長森

これにてラッセルの撮影は終了です。JR東海のラッセルは例年11月に東海道、高山本線で試運転されているので、こちらの動向にも注目したいところです。

今日は飯田線~中央西線と行って来ました。前回に引き続き晴れてほしい所で曇り、曇ってほしい所で晴れました・・・OTL  こちらはまた明日にでも。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/11(木) 19:28:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

美濃太田への帰還 ラッセル配給 2

浜松駅への回送を見送った後は走行を撮る為直ちに移動。ラッセル配給を東海道区間で撮影するのは今回が初めてで、期待に胸を膨らませつつ待ち伏せ。
入れ換え中

貨物を眺めつつ列車の到着を待ちました。私的には、DE10と言えばこのような入換業務がまず思いつくのですが、JR東海ではDD51が廃車された事もあり、工臨などで本線上を走行する機会が多くなっています。しかしそれも、来年に登場予定のレール輸送気動車が実任務に就くまでの間と思われ、撮影は今のうちです。

そして13時頃にやって来たラッセル。
初撮影

以前浜松工場を訪れた際に工臨を撮影したポイント
ですが、今回はちょっと望遠にしてみました。前の方が良かったかな・・・。ちなみにこの時の工臨と通過時間が同じだったので、高塚退避があると判断して追っかけ。予想通り高塚駅に停車しているラッセルを横目に、浜名湖の定番位置から敢えて外した場所で待ち受けました。勿論誰も居るはずもなく、一人ポツンと待つ事30分、列車がやって来ました。雲が太陽にかかった瞬間を計ったかのように・・・
痛恨の曇り

空の雲もいい感じだったのに何で曇るねん・・・。ちなみに弁天島~新居町の定番ポイントでは晴れたようで、ひねくれずに始めからそこへ行けばよかったと後でかなりヘコみました。

この時は帰ろうかとも思いましたが、ラッセルの行き先と帰途が重なる事もあり更なる追っかけを決断。久々?の下手な鉄砲乱射の様相を呈して木曽川へ。
木曽川~岐阜

サイドから流そうかと思っていたのですが、上手く撮れる場所が見つからず無難に編成撮り。この辺りもフェンスが出来て以来、随分と撮り難くなってしまいました。ちなみにこの場所にもフェンスがあるのですが、このようにツタなどで隠れていれば単編成なら何とかなります。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/10(水) 23:47:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

美濃太田への帰還 ラッセル配給 1

表題の通り飯田線工臨が走ったその日、今年4月に美濃太田から浜松まで輸送されたDE15 1541が美濃太田に帰って来ました。以下ダラダラと続きます・・・。

飯田線に別れを告げ天竜川沿いを南下、ひたすら浜松を目指しました。しかしただ走るだけでは勿体ない。という訳で、途中休憩を兼ねて堤防道路に車を停め、その時来たのをついでに撮影。
二俣本町~西鹿島

休んだ場所は、天竜浜名湖鉄道の有名撮影地です。来月にはイベントも企画されているようですので、お近くの方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。詳細は天竜浜名湖鉄道のHPを参照ください。

この後は休憩終わり、市街を抜け浜松工場へ行きました。早速工場の中を覗くと
浜工

雑然とした敷地内に、DE10 1521に繋がれたラッセル車が見えました。

浜松工場へは以前EF64 2の全検出場の時に出向きましたが、この時の出場は午後。今回も同じくらいの時間と思っていたのですが、昼飯の時間を待つまでもなく早々に出てきました。
出発

これにはちょっとびっくり。焦ったせいか、機関車に影がかかってちょっと勿体無かったです。

こうなればこの後の動きが気になるもの。西浜松構内を転線する様子を遠目に眺めていたら、EF64 2が連結されるのが確認できました。場所柄、距離がある上に障害となる物も多かったので、縦アングルで強引に。
西浜松

JR東海では滅多に見られないプッシュプル。逆光を承知で西浜松~浜松で撮影しました。
本線へ

荷となるラッセル車にも人の姿が
DE15 1541

DE10にも乗っていました。
DE10 1521

今回なぜこのような逆光下で撮影したのか、それはこの姿が西浜松~浜松限定だからです。つまりこのPPはDE10+DE15を浜松駅まで牽き出す為の措置だったのです。この辺りはEF64を連結した時点で容易に想像できたので、それはもう必死でした。しかし・・・後日ネットに出ていた写真を見て唖然、浜松駅で綺麗に撮られた写真が載っていました。それはもう完敗でした(泣

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/09(火) 21:05:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

飯田線の市田工臨

前回の手抜き記事にあるように、5日は飯田線の157工臨から、浜松工場発で美濃太田まで運転されたDE15 1541の配給へと掛け持ちして来ました。

まずは飯田線から。いつもの通りEF58 157が今回はチキ4車を牽引。2車が三河川合行き、残り2車が珍しく市田行きでした。この日も三河東郷~大海から撮影を開始しました。
いつもの50mmレンズで、秋らしく彼岸花を入れてみました。地面から生えていた鉄柱も草をかけて隠しました(手伝っていただいた方、ありがとうございました)。もう少し花があると良かったのですが、贅沢は敵。後は来るのを待つだけです。そして工臨がやって来ました。
三河東郷~市田

日なたと日陰が一度に写せました・・・。卓袱台返しのからくり画像は在庫切れなので自重しますが、ちょっとヘコみました。でも仕方ありません。とりあえず大糸線の時と違い車両のど真ん中で真っ二つにされる事は無かったのでまだマシな方、見方によっては車両にスポットライトが当たってるみたいで面白いじゃないかとは、とある先生の弁・・・すいません、無理ですからそれ。全ては天気、そう天気のせい・・・。

最近、腕の無さを天気のせいにするようになりました。

ちなみに7日には大井川へ行って来たのですが
家山~大和田

列車の速度が遅い事もあり、カメラ任せの連写で撮る筈だったのですが、その肝心のカメラが一枚切っただけで沈黙・・・バッテリー切れでした。結果、CFにはタイミングの早かった一枚のみが記録されていました。やっぱり安物は使えませんね。

機材のせいにもするようになりました。

話を戻して、飯田線2枚目は前回の記事に載せた三河槙原の俯瞰。そして3枚目は中部天竜付近まで一気に北上、毎回同じ所でも面白くないので、敢えて日陰で撮影してみました。
もうすぐ中天

何とかギリギリ入ってくれましたが、カツカツもいいところです。これは天気のせいにも機材のせいにもできず・・・人のせいにする行為は自らの責任を回避する言い訳とはよく言ったもので・・・反省します、ゴメンなさい。

この後は水窪辺りまで追っかけましたが、レンズの関係でポジのみ撮影。飯田線はここで打ち切り、中部天竜へは戻らず国道152号線を南下して浜松へと向かいました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/08(月) 22:13:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

157工臨と帰ってきたラッセル

今日は飯田線の市田行き工臨に行って来ました。
湯谷温泉~三河槙原

EF58 157+チキ4(三河川合・市田行き)

その後はラッセル。
PP

EF64 2+DE15 1541+DE10 1521。

詳細はまた次回・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/05(金) 23:57:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

9/8高山本線復旧全通 飛騨古川の自由通路

出発式が全て終わった後は、不通だった猪谷まで乗り鉄しました。しかしそこは田舎のローカル線。列車の発車まで時間があったので、自由通路に展示されていた写真などを見てきました。
災害写真

高山線が被災した時の写真が展示されていました。新聞社の協力もあり、当時の状況がよく伝わってくるような内容でした。例によって大きめサイズにしてあります。
災害写真2

災害写真3

災害写真4

こんなのもありました。
_MG_1024.jpg

_MG_1035.jpg

多くの方が足を止められて見入られていました。


先月は2日しか活動が出来ず、最近鉄分不足が深刻になってきました。今日のE331甲種も仕事で行けず・・・仕事があるって事は悪い事ではないのでしょうけど(汗。最近はようやく落ち着いてきたので、明日は早速三河地方へ行く予定、狙うは・・・まぁバレバレでしょう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/04(木) 22:07:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電