As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

最後のキムチ

今日は自衛隊機材輸送列車が走ったそうです。しかし私は今日もお仕事、そんなに仕事熱心ではないのに今日もお仕事、あぁ無情。昨年も仕事で行けずで私にとっては中々縁遠い列車のようで・・・・愚痴っていても仕方無いので返しと来年に期待です(あればですが)。

さて、ネタが無いなら作っちゃえ、という事で飽きもせず三作目。本当は特に曲は付けずに撮ったままにしようかとも思ったのですが、それだと半分くらい蛙の鳴き声で埋まるのでやっぱりこの曲で。夜間ゆえの画質の悪さに加え繋ぎ方も適当ですので、何かお気づきの点等ございましても心に秘めておいてください。(ぉ

今週も色々と忙しいので、早々に鉄分不足に陥りそうです。とりあえず週末は夜勤明けからの強行軍で長野にでも行ってみたいところですが・・・。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/30(月) 23:43:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

名鉄のダイヤ改正で

今日は名鉄のダイヤ改正。これによって名鉄の代名詞的存在だった7000系パノラマカーが大幅に淘汰され、実働3編成のみとなってしまいました。それに加え各務原、広見線から撤退となり、私にとっては少々縁遠い存在に。しかし写真はあまり無くとも昔から当たり前のように見てきた車両ゆえ、あまり実感が湧かないですね。

各務原線からの撤退となると、この三柿野留置も過去帳入りでしょうか。
三柿野

そう言えばこの1番線、昔はAL車の「新岐阜⇔三柿野」機織り運用の着発番線として使われていたような記憶がうっすら・・・。

コックピット。
7025F

扇風機完備なんですね。という事は運転室は非冷房? フロントアイに僅かながら運転室が写っています。広角で逆さま、当然逆から見ても同様です。

永年の活躍により、細部では疲れも見えました。
7025F

何年も風雨に耐え抜いたたレンズは曇りがちなれど、その眼は確かに進路を見据えていました。


あ、明日行かれる方頑張ってくださいね(涙。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/29(日) 23:25:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

明日はTX甲種

明日はTX甲種が東海地方を走り抜けます。前回はHM付きのPF1059号機が牽引して話題になりましたが、今回は原色赤プレの1064号機がマークを付けて走っているようです。しかし最早お約束、明日も朝から晩まで仕事です・・・。

と言うわけで今日の趣旨、皆様に私と同じ気分を味わっていただきましょう。ただしニコ厨以外の方はここでお別れです。

見終わった瞬間、なんともシュールな気分でしょう?(笑。

あっ、ちなみに明後日も朝から晩まで馬車馬です。さぁもう一回見ましょうか(殴。

それにしてもLEGOで上手い事作れるものです。こういうのも才能なんでしょうね。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/28(土) 22:40:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

DE10 走る

昨日西浜松から稲沢まで回送されたロンチキ1/2編成が、今朝はDE10 1521の牽引によって笹島まで回送されました。友人の情報によると、このチキは7月中旬まで休車のようで、後継のキヤ97-200が本格運用に入って特に問題が無ければそのまま廃車されるようです。

さて、西浜松から稲沢に着いた翌日に笹島まで回送。このパターンは定尺チキの廃回時の動きを知っていれば容易に予想できる事だったのですが、小生またもや寝てました(汗。深夜2時半頃に意識を失ったようで、目覚めて時計を見たら午前7時・・・。撮りに行った知人の話によると、定尺の時より多少遅い時間に運転されたようです。

すっかり脱力して不貞寝して、再び目覚めたのはお昼頃。最近すっかりダメ大人です・・・。このまま一日を終えるのもどうかと思い、もそっと起きて近場のあそこで一枚。
鵜沼~坂祝

微妙に曼荼羅ですが、この場合はかえってこの方がいいかも。ふと思ったのですが、JR東海の夏服って涼しそうでいいですね。

いつものストーキングで2枚目。
坂祝~美濃太田

やっと上のケーブルを入れずに撮れました。でも実は傾いていたので回転して修正、やっぱりいつもはこんなオチです。ここは決していい構図とは言い難いのですが、山の稜線が入る事と結構煙が期待できるので、しつこいながら何度も挑戦している次第です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/27(金) 18:54:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロンチキ 動く

4月のEF64 35の最終運用以来、長期西浜松に留置されていたロンチキ編成のうちの半分が、本日午後に西浜松から稲沢まで回送されました。牽引機は今やJR東海唯一の電機となったEF64 2で、こちらも久々に本線上を走行する姿が見られました。
貨物線を行く

まぁただ撮っただけの物ですが・・・(汗。
このロンチキの1/2編成は交検回送でよく見られた姿ですが、それは専ら西浜松~静岡でのお話。22日にロンチキの後継となるロンキヤことキヤ97-200が、試験用の測定室を降ろして美濃太田に回送されたばかりで、定尺チキから定尺用のキヤ97形へ移行した時の車両の動きなども考慮するに、今日の走行は事実上の廃車回送ではないでしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/26(木) 17:41:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロンキヤ 帰る

またまた1日遅れの話題になりますが、22日に豊川の日本車輌から美濃太田までロンキヤことキヤ97系200番台R101編成が回送されました。大方の予想通りキヤ97-202に積まれていた測定室が降ろされ、その場所にレール積付機器を設置しての出場。日曜日という事もあり天候は今ひとつながら沿線には多くの撮影者が参集したようです。

14日の日車入場の記事でも書きましたが、今回の一連の回送は通常の13両から2両を抜いた11両編成での運転となりました。今後減車された姿が見られる可能性は殆ど無いと思われ、それに加え日車専用線と飯田線を走行する機会も恐らくは最後。本当は三度豊川まで足を運びたいところでしたが、勤務の都合で泣く泣く諦めました。夜勤なので本当は睡眠時間を削って根性で活動したいところでしたが、小生根性無しでございます。一応前日の勤務ではなるべく疲れないようにセーブして朝から撮りに行こうと考えていたのですが、こんな時に限ってトラブルが発生。悪い事を考えると相応の罰が下るようです(汗。朝にはヘトヘトでとても動ける状態ではなく、早々に帰宅して布団の住民と化しました。しかし諦めの悪い性格でもある私は皆様が撮られている時間に体力の回復を図りつつ、夕方には布団からはいずり出て急ぎ地元のポイントへ。露出が厳しくポジは400Xでないと撮れない厳しい光量でしたが、何とか1枚押さえました。
鵜沼~坂祝

以前は外側から撮った坂祝カーブですが、今回は両数が分かるように草ボーボーは承知で内側からにしました。ISO800でF2.8開放と少々強引な条件に加え、後ろが一部草の影になって数えにくいですが、何とか11両と分かります。フィルムではかなり後ろがボケる条件ですが、デジはこんな面でも重宝します。それに50㎜で手前まで引き付けた状態でこれですので、13両のフル編成では恐らく最後尾はトンネルの中。そう言った意味でもいい記録になりました。

一応追っかけて2枚目。まぁただ撮っただけの物ですが・・・。
坂祝~美濃太田

上の電線はトリミングできる範囲ですが、両数は分からず敗北です。まぁ当日の天候が分かる1枚と言い訳しておきます。

後追いでもう1枚。
テールが・・・

減車されているとは言え、やっぱり長いです。ともあれレールを曲げながら走るロングレール輸送、一度は俯瞰で撮ってみたいものですね。しかしデジの特性なのか、テールランプの色が見た目よりかなり薄く写っているのが気になります。他の車両や信号機の赤もこの傾向なのですが、デジカメ全般がこうなのかKissデジやCanonにに限った話なのか、教えて偉い人(笑。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/23(月) 16:45:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

65t級ディーゼル機関車

今回甲種輸送された機関車、今日はこちらを見てみたいと思います。

DJ誌には「中国宝山 65tDHL」とあります。まず中国宝山ですが、こちらは納入先企業の略称として書かれていると思われます。機関車にも社名入りのプレートが付けられていました。
豊川

今回の一連の記事でタイトルに上海宝鋼集団公司の社名を用いましたが、正確にはこのプレートにある法人への納入と思われます。ただやっかいな事にこのプレートにある社名はパソコン上では変換、表示できず、上海宝鋼集団公司の中心企業でもある事から今回はこちらの名を使用したのですが、改めて調べてみると日本の企業サイトの多くに上海宝山鋼鉄股分有限公司の名が使われていましたので、過去記事のタイトルもこちらに変更しました。ちょっとややこしいですが、色々調べてみるとミタルなどで有名な鉄鋼業界再編の動きが見られて面白いかもしれません。

製鉄所で使用される機関車の為、その風貌は独特です。
豊川

装甲列車のような面持ちで、なんとなく武骨な印象を受けます。運転室の部分が小さく視界もあまりよくなさそうですが、この車両は通常は無線操縦による無人で運転されていますので、特に問題は無いようです。

無人運転らしい機器。
豊川

屋根上にはアンテナが設置されています。その隣には運転状態を表示すると思われるパトライトも見えます。

長くなりましたが次は65t DHLについて。65tはその名の通り65トン級、DHLは液体式ディーゼル機関車の事です。ちなみに電気式ディーゼル機関車はDELになります。今回輸送された機関車の概要については大まかに日本車輌のサイトに紹介されていますので、興味のある方は下記を参照してください。
http://www.n-sharyo.co.jp/business/yuso/topix2_a.html

古い記事になりますが、以前の宝山向けのニュースも同じサイト内にありました。
http://www.n-sharyo.co.jp/topics/1996-2003/tp031027.html

ここ数年でそこそこの数のDHLが甲種輸送を経て中国へ輸出されているようですが、20両の更新とありますので、まだこれからも同様の輸送があるのではないでしょうか。鉄道車両と言うには微妙な機関車ですが、普段は中々見られない種の車両でもあり、個人的には興味深い輸送でした。


おまけ。
ヨ

今回の甲種輸送の編成は、豊川出発時点でDE10 1581+ヨ8891+621+622でした。このうち豊川~東港で連結されたヨ8891は4月にまとめて日車に回送されたヨのうちの1両ですが、車体に西の文字があるように地元の車ではありません。今回だけなのか以後もこの辺りで活動するのか、ちょっと気になります。

今回の車票です。
車票

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/21(土) 19:54:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

上海宝山鋼鉄股分有限公司(BAO STEEL)向けDL甲種輸送@笠寺~大江埠頭

名古屋臨海鉄道線内も、これまた撮影地に難儀する所です。色々と迷いましたが、曇りならではの場所で撮影する事にしました。
名臨海

笠寺からはND552 7が牽引しました。強引さは承知のうえで撮りましたが、やっぱりダメダメですね(汗。空も青空なら綺麗なのですが、曇り空だと眩しい程に真っ白。これはちょっと選択を誤ったかもしれません。丁度隣で転線作業中の列車が動き出したので、動画的には面白かったのですが・・・。

臨海線での撮影を終えた後は、名鉄築港線へ。名電築港には月曜日に運び込まれたパノラマカーが解体されており、この辺りはデルタ線に平面交差、機回しなどの見所もあるのですが、この後の追っかけを考えて今回は初めから西寄りのポイントで待ち構えました。ここで撮りながら追っかけしようとすると、全力疾走に頼らざるをえません。私はもう流石に若くはないので、無理は禁物なのです(ぉ。
築港線

ここは名鉄の管理下になり、デッキに名鉄関係者の姿が加わるのもいつもの光景です。

最後は埠頭の手前で再び機回しして、推進で埠頭へ押し込みます。
埠頭へ

この時点での撮影者は7、8人くらいだったでしょうか。平日だったうえに変更された後の運転。それに製鉄所用の機関車という特殊な荷でもあった為か、いつもと比べると少人数での撮影となりました。

最後は単機回送で埠頭から出てきたところを一枚。
大江埠頭

左側の人が切れてしまったのが残念・・・。名鉄築港線の夕方の運行が始まる前に線外へ出なければならない事もあり、NDは急ぐように現場を後に走り去って行きました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/20(金) 16:04:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上海宝山鋼鉄股分有限公司(BAO STEEL)向けDL甲種輸送@豊川界隈

既に1日経ってしまいましたが、18日に日本車輌より名古屋臨海鉄道の大江埠頭まで、中国へ輸出される機関車の甲種輸送が行われました。当初は12日に輸送される旨がDJ誌に記載されていたものの仕事の都合で出向く予定も無かったのですが、当日になって走っていない事が判明。18日に延期になったと聞き、休みを取って豊川から追っかけする事となりました(代わりに今日は休出でした・・・)。

豊川と言えばつい最近キヤ97-200の入場で訪れました。
プレハブ姿の最終日

それから1週間も経たないうちの再訪です。ここのところ甲種輸送のスケジュールと勤務の相性が悪く中々行けなかったのが嘘のようですが、今度また何かありそうなTX甲種の日はやっぱり勤務ですので運気は早々変わらないようです。TXの日は越美北線の全線復旧1周年イベントも有り有給取ってでも行きたかったのですが、それも叶わず夢は儚く散りました。行かれる方の健闘を職場より涙ながらに祈っております(ぉ。

話を戻しますが、日車からの甲種輸送は西浜松からお迎えのDE10が単機回送されるところから始まります。
日車専用線

今回の担当機は青更新の1581号機でした。DE10の青更新を見るのは初めてで、やがては消えゆく塗装という事もあり、これは嬉しいサプライズでした。豊川駅で輸送に関わられた方の話を横聞きしたのですが、これは荷の機関車の色と合わせた為とか。勿論冗談ですが中々面白い発想で思わずニンマリしてしまい、ちょっと恥ずかしかったです(汗。写真は日車専用線を進んでいる所ですが、この時点でキャブには日車関係者と思われる方の姿が確認できます。

折り返し荷を牽いて日車を出場し、ゆっくりと専用線を進みます。この専用線は撮影に適した場所が見つからず普段はあまり撮らないのですが、今回は編成が短い事もあり、強引ながら1枚撮影してみました。
日車専用線

草ボーボーなうえに背景のバランスも悪く滝汗ものですが、まぁ何とか許容範囲でしょうと相変わらず自分に甘いワタクシ。この場所は集合住宅のすぐ脇でここでカメラを構えていると怪しい人全開なので、早目から準備をしてカメラを線路に向けている事をさりげなくアピール。一枚の写真にも涙ぐましい(と言うかアホらしい)努力が隠されているのです。

日車からの甲種輸送でお約束と言えば鈴与踏切。被りつきアングルで後ろの荷は分かりにくいのですが、順光でお手軽に撮れるポイントなので土休日にはかなり賑わいますね。
鈴与踏切


最後は定番スポットの橋梁へ。晴れると面にしか陽が当たらない所ですが、曇れば関係ありません。
下地~船町

薄日が差したのでどうかと思いましたが、明暗のバランスはそれ程崩れずに済みました。でも編成の短さもあって構図のバランスは微妙・・・。

この後は名古屋臨海鉄道内での撮影の為、東湊へと向かいました。東海道線内からの追っかけは国道23号線の渋滞の影響でかなり厳しくリスクも高いので、最近は無難に東海道線はスルーしております。ちなみに途中で日本車輌の正門を覗いたらN700系の5号車の姿が見えたので、休み無しで輸送されたとしたら、明日の夜辺り先頭車が出てくるかもしれません。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/19(木) 23:02:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

R101編成 日車入場

本日午前、ロンキヤことキヤ97-200番台R101編成が美濃太田から豊川まで回送され、そのまま日本車輌へ入場しました。3月に定尺用のR1.R2編成が入場した時と同じく、測定室を降ろすなどの作業が行われるものと思われます。
日車専用線

カツカツすぎてプリントには使えない画像です(汗。日車専用線で長編成を撮れる場所ってあるのでしょうか。なお今回の回送ですが、通常の13両から2両を抜いた11両編成で運転されております。現地でお会いした大先生のお話では、飯田線内の編成長の限界の関係で減車されたようです。そう言えば新製出場時も半分ずつでしたね。しかしこの写真からは11両である事が全然分かりません・・・(汗。

ちなみに置いてきぼりをくった2両。
美濃太田区

キヤ96-1とキサヤ96-1が、須田コレクションの脇でお留守番してました。

さて、今からお仕事ですので続きはまた明日にでも・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/14(土) 14:02:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

最近のロンキヤ  キヤ97-200、ロングレールを降ろす

美濃太田を根城に各地にて各種試験を消化していると思われるロンキヤことキヤ97系200番台。先日はついに本番さながらのロングレールの取り降ろしが行なわれました。試験期間も終わりに近づき、そろそろ最後の総仕上げと言ったところでしょうか。なお夜間撮影の為に写真も見難くなっている点はご容赦ください(汗。

12日未明、中央本線内でキヤ97-200からのロングレールの取り降ろしが行なわれました。試験途中より16本のロングレールを満載していたR101編成ですが、ついにそれを降ろす時が来たようです。今回は取り降ろし試験としては2回目との話も耳にしており、実際積載しているレールも減っていた事からその可能性は高いと思われますが、同編成は直前に浜松工場に出向いているようなので、この辺りは推測の域を出るものではありません。

今回の一連の作業ですが、現場に到着して準備の後にキヤが人が歩く程の速度でゆっくり前進して後方よりレールを抜き出す、基本的にはロンチキでの作業と同じに見えました。
現着

現場に到着したキヤは取り降ろしの準備の為、一旦停車します。そして準備完了の後に発車して、人が歩く程度の速度で前進。後方よりレールを抜いていきました。
ロングレール降ろし

丁度1本のレールを降ろし、次のレールに移行する所も見られました。
次のレールへ

諸元にもありましたが、このキヤは低速での定速機能を備えており、見た目の速度は全く変わりませんでした。この区間は若干の下り勾配だったのか時折ブレーキのエアーの音が聞こえましたが、前に名古屋臨海鉄道の中国の製鉄所向けDLの輸送で見られた軽く力行をかけつつブレーキをかけながら低速を維持する手法もある事から、この辺りはっきりと断言はできません。

今回の見学は実際の現場まで距離があったうえに暗かったので、ここで終了です。近くの踏切も鳴りっぱなしだったので、この辺りもロンチキと同様、保線車両のような機能は有していないと思われます。ロンキヤでの作業も基本はロンチキと同じで、敢えて言うなら定速走行にすぐれていると言ったところでしょうか。まだ1回遠くから見ただけなので何とも言えませんが、今回の所見は大体こんなところです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/13(金) 14:02:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近のP4重連

来年度に全車引退する旨が発表され、今月末でまずP6が姿を消す予定になっている名鉄パノラマカー。鉄道雑誌で取り上げられただけでなく最近になって地元の新聞にも掲載された為か、ここのところ各地で多くの撮影者を見かけるようになりました。

パノラマカーの目玉運用の1つが朝のP4重連。ダイヤ改正による運用変更の可能性も考えられる為か、私の地元である犬山橋でもここのところ毎日必ず撮影者を見かけます。以前は夜勤明けの帰りに立ち寄ってお手軽撮影もしていましたが、撮影キャパの関係もあってそれは不可能になりました。犬山橋が併用橋で無くなる直前もこんな状態でしたが、重連運用はあの頃もあったはず。何事も早め早めと言いますか、今その時を大切にしないといけませんね。
犬山橋

鵜沼行きを撮影した後に橋の反対側(犬山側)に移動して折り返しの内海行きを撮るのがパターンでしたが、最近は鵜沼行きの時点で既にその場所にいる方も見られ、両方を犬山橋で撮影するのは以前ほど簡単にはいかなくなったように感じます。
犬山橋

撮影場所は他にもありますが、地元と言う事もありお気に入りの場所です。もうちょっとここで撮ってみたかったな・・・。


話はとびますが、最近コンビニ大手のサークルKでは、こんな物が売られています。
各務原キムチ

ある意味局所的名物だった各務原キムチが、広く東海地方進出を図ったようです。初めは各務原周辺のみの企画だと思っていたのですが、chocolate boxさんのブログ普通豊川行き(313系)の記事によると、三河地区でも販売されているとの事。これにはちょっとビックリです。

いくつかバリエーション展開されています。
各務原キムチ

他にもいくつかありますので、お暇な方は探してみてください。そして手に取ってそのままレジへGo!!
地元民であり、一応曲をお借りしている立場もあるので、ここは強烈にプッシュしておきます(笑。しかし各務原市内でのみ通用する割引券とは、なんてピンポイントな企画なのでしょう・・・。

次回予告
深夜の現場作業


前回コメント頂いた方、ありがとうございます。申し訳ありませんが時間の都合上レスは明日以降にさせていただきますので、宜しくお願い致します。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/12(木) 03:40:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

長野、新潟へ 115系訓練車

最後は長野の115系訓練車で。
黒姫

今回撮影した訓練車ですが、実はあまりよく知りませんでした。気になって帰ってから調べてみたのですが、この訓練列車は毎年この時期にある恒例の運転のようです。昔は確か横須賀色だったと思いますが、今年から今回撮影したN15編成が跡目を継いだらしく、昔長野に住んでいた事があるにも関わらずちっとも知りませんでした。もっともこの頃は休鉄期間中でしたが・・・。

山パックで撮影した後は、仮眠をとりつつ次を待ちました。そして現地でお会いした方のお勧めの場所へ行くと、その方々やはいしゃさんが既に待機中。皆様が早くから待ち構える中に直前でのそのそと現れたワタクシ、やる気の差が顕著です(汗。
微妙・・・

人と同じ場所でもどうせなら違ったようにと、横気味で山の稜線を入れてみましたが、ちょっと微妙? プリント時に右を切ればそこそこかなと、相変わらず自分に甘いワタクシでもあります。

この後は黒姫駅へ行き、色々と観察してきました。
黒姫

編成番号はN15、クモハ115-1074+モハ114-1180+クハ115-1222の3両編成です。
N15

N15

n15

いずれの車体にも訓練車の表記があります。湘南色の訓練車は今回が初見でしたが、その存在感は中々のものだと思います。

幕は前面も側面も訓練車となっていました。
N15

国鉄形車両のシングルアームパンタへの換装はここでも行われています。

車内の様子はあまりよく分かりませんでしたが、らしい光景は見られました。
N15

作業着が何着かぶら下がっておりました。

ドア付近には何やら掲示物らしき物も見えました。
N15

最後は長野へ帰るところを一枚撮影。
黒姫~古間

写真としては平々凡々の構図ですが、本線上では中々お目にかかれない車両を撮れただけでも満足です。御の字とか言ってると、またつっこまれるかな(笑。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/07(土) 22:02:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

長野、新潟へ 本編

今回の信州行き、今日は別の側面を。

まずは信越本線の山線で、EF64 41号機牽引のあすかを撮影しました。長野所属の機関車が41号機のみとなって久しいですが、あすかとの組み合わせは今回が初撮影となりました。
17-40㎜F4 デジ初運用

最近になって購入した広角ズーム、17-40㎜F4のデジカメ初運用でもあります。欲を言えばF2.8の方が欲しかったのですが、こちらは10万円台後半と月給の大半が吹き飛ぶお値段。主に経済的事情から半値くらいのF4のレンズにしました。走行写真の撮影ではシャッター速度が欲しい広角でこの開放値は少々辛いところもありますが、晴れれば特に問題ありません。それにF4と言えどもCanonが誇るLレンズだけあって、写りは中々のものだと思います。暗い機関車に白い客車の組み合わせも写りが少し心配でしたが、思ったより片寄る事もなくいい具合に撮れたと思います。でも面に陽が当たっていませんけどね(汗。

次はある意味一番の目的であった鯨波へ。しかし到着した時には定番位置は既に満員御礼で、泣く泣く1スパン後ろに構え到着を待ちました。天気は生憎の曇り空でしたが、山国に住む身としては海はいつ見ても新鮮、待ち時間には海を眺めつつ列車が来るのを待ちました。ここは水平線が湾曲して見えるせいか、本当に雄大です。
鯨波~青梅川

既に広く知られるところとなっておりますが、クモヤとクル.クモルの廃車に伴う配給輸送です。この写真では前から順にEF64 1031+クモヤ143-14+クモル145-8+クル144-8+クモヤ143-16+クモヤ143-12+クモヤ145-120となります。最近JR東海で大垣や神領のクモヤ145が廃車回送されましたが、東日本でも首都圏で活躍していた事業用車の多くが今回纏まって廃車回送されました。普段は中々お目にかかれない事業用の車がこれだけ繋がっている姿は圧巻でした。

そして追っかけて黒姫の山バックへ。大半の方は北から順番に追っかけされたようですが、私は確実押さえたかったので、ここ1本に絞りました。実際ここに到着した時には同業者さんはまだ片手程で、楽にいい位置を確保できました。晴れるとこれまた面には陽が当たらない所ですが、海の次は山と対比の面白さからもここは外せませんでした。
黒姫~古間

山も出て、結構いい塩梅に撮れたと思います。昨日掲載した189系などは晴れていても山が陰っていたりと微妙でしたが、これだけ撮れれば御の字でしょう。遠出は色々と大変ではありますが、これだけでも行ってよかったと思います。

本来はここで切り上げるつもりでしたが、この配給が通過してから暫くの後に白い帯を巻いた115系が後ろから登場。この折り返しを同じ場所で撮影しました。
黒姫~古間

こちらは山が陰って少々残念でしたが、まぁこんなものでしょう。115系の訓練車は昨年のわくわく品川探検隊で豊田の車を見ましたが、湘南色の車は今回が初見。この後も撮影を続ける事にしました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/06(金) 21:52:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

長野、新潟へ

予告通り信越方面へ行って来ました。

信州への行路はガソリン高騰の煽りを受け、高速道路を90㎞/hくらいの、のんびり省エネ走法で進みました。最近は同じような走り方をする同胞もそこそこ見かけるようになり、貧乏な小生にとっては心強い限りです。それにしてもガソリンは高くなりました。一番安かった頃の実に倍の値段・・・まぁ高くなったと言うより戻ったと考えられる人は結構な御年でしょう。最近は株安傾向などと言われていますが、これも下がったと言うより戻ったと感じる自分もやっぱり歳なのでしょうか。どうでもいいですね、はい。

まずは昨年ゆとりを撮影した場所へ。あの失敗写真の出番です。厳密に言えば撮影ミスではなく単にレンズが無かっただけなのですが、今回は今月に購入したばかりの広角ズームも持って行きました。
ナノ115

でもこれはタムロンのレンズで撮りました(謎。当たり前に見られるのであまり撮影する機会の無い115系ですが、編成が長いと結構見栄えがいいような気がします。

次は一気に北上して鯨波へ。ここへは過去4度の来訪で今までは全て曇り&雨でしたが、今回もその例に漏れず曇りでした・・・。山線は晴れていたのですが、ひと山越えたら空一面の雲。同じ信越本線なのに、海と山ではなぜこうも違うのだろうと、大自然にイチャモンつけたくもなります。
鯨波~青梅川

塗装が違うだけで随分印象も変わってきますね。新車の大量投入が続くJR東日本ですが、地方ではまだまだ国鉄形車両が活躍し、鉄道を趣味とする我々を楽しませてくれます。しかし最近では新潟地区で活躍しているキハの置き換え用としてキハE120形が落成しており、115系もやがては新車に跡目を譲る時が来るのでしょう。どこへ行ってもいつでも見られるのが当たり前の車両がありますが、いつかは当たり前が当たり前で無くなる時が来ます。日頃からこまめに記録しておきたいですね。でも曇りのうえに人の頭が入った写真は、やっばり駄目でしょう・・・(汗。

最後は有名な黒姫の山バックへ。最初のポイント以外は何れも有名所。オリジナリティの欠片もあったものではありませんが、有名所には人を惹き付けるそれだけの魅力があります。
黒姫―古間

こちらは晴れたり曇ったりでした。でもやっぱりロケーションはいいですね。ここは過去二回訪れて1勝1敗ですが、その内の1枚は103系の廃車回送。早朝5時台なのに、今思えばよく行ったものです・・・。

115系と同じく国鉄形車両である189系も。
黒姫~古間

特急あさま廃止を受けて、普通列車として細々と余生を過ごしている印象があります。妙高の名を冠されてはいますが、普通列車です。たまに団臨として東海地方にもやって来るので、そう言った意味では馴染みのある車両なのかもしれません。

以上、今回の国鉄形車両の撮影記でした。

現地では多数の同業者さんに驚きましたが、皆様お疲れ様でした。往路の高速でお馴染みの車に抜かれたり、なぜか遠方でばかりお会いする運命の人(男同士だと危険な表現だなおぃ)に再会したり、リンク先にある日本全国を庭のように縦横闊歩するあの御方のご尊顔を拝謁できたりと、楽しい時間を過ごせました。




反転


ここで〆ると冷たい視線で睨まれそうなので、一応こんなのも。
黒姫

ちょっと変わった3並びです。これはある方のご助言で撮影できた物ですが、長玉だったのと腕のショボさでこれが限界でした。しかしお陰様でいい物が見られました。本当にありがとうございました。



私信
黒姫でお話したのはこちらです。既に視聴されている物でしたらご容赦ください。SLとか雪とかとにかく圧巻で、私が当日寝不足だったのはこの為です(汗。
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_showa_tetsudo.html

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/05(木) 21:14:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

2008 美保基地航空祭 T-400他

美保基地開庁50周年記念塗装機、最後はT-400で。

T-400は、アメリカのビーチクラフト社製のビーチジェット400(後にホーカー400に改称)を、航空自衛隊が大型機の操縦訓練用として導入したものです。しかしこの機体はアメリカ製ながら元々は三菱重工のMU-300の製造、販売権をビーチ社が買い取ったもので、ある意味日本製とも言える機体である事は有名なところです。その三菱は最近になって再び三菱ブランドでの航空機製造を表明しましたが、このMU-300は最終的には赤字。前途は決して楽な道のりでは無いと思いますが、それでもやっぱり期待したいところですね。

このT-400、航空自衛隊では美保の第41教育飛行隊のみに配備されています。今回はその内の1機に記念塗装が施されました。
2008 美保

2008 美保

イラストの下には水木プロの文字も見え、公式である事を物語っています。この塗装がいつまで残るのかは分かりませんが、近年航過飛行を実施している岐阜や、地上展示の小牧辺りの航空祭で期待したいところです。

小牧と言えば、ハークも美保に飛来して展示されていました。
2008 美保

何やら側面に白いものが見えます。
CAMEL

第1輸送航空隊の30周年を記念したマーキングのようです。今回あまり上手く撮れませんでしたが美保のC-1にも美保の50周年記念のマークが似たような感じで描かれていましたので、小牧基地航空祭で揃い踏みしてくれると嬉しいですね。小牧と言えば地上展示機の数の多さでも知られますが、浜松の迷彩塗装のT-4とか、特別塗装機が並んで展示されたら・・・と思うと今から期待は膨らみます。


明日は久々に鉄で遠出の予定です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/03(火) 21:53:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電