As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

East i-E

直江津で209系の入庫を見送った後は大糸線へ。北回りで糸魚川から南下して、一気に東日本区間へ抜けました。大糸線へは今まで何度か足を運びましたが、いつもとは逆のルートで現地入り。何だか少々違和感を感じつつも、目的の列車の通過20分くらいに三脚をセットして撮影に臨みました。そして定刻にその列車はやって来ました。
白馬大池~=千国
E491系、またの名をEast i-E。過去に新津駅でこのEast i-Eを見かけた事はありましたが、走行写真の撮影と、マヤ50 5001を組み込んだ姿は初めて見ました。フロントマスクは格好いいとは言いがたいものの、白い車体と検測車独特の風貌は中々の存在感です。しかしこのポイント、雑誌などでよく見かける場所なのですが、意外と位置取りに悩みますね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/31(木) 02:45:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

209系@直江津駅

朝に北長野を出発した209系の配給列車は、午前の内に直江津に到着しました。列車は臨時列車がよく機関車交換をする南側の線に入線し(9番線?)、まず機関車を解放。続いて転線作業の為に機回ししている最中に、クモヤ145-117も切り離されました。

目に付いたのが、作業員さんの多さ。遠巻きに見ていましたが、ちょっとした教育みたいな事をしているように見えました。クモヤの連結作業は結構複雑のようで、たまにこんな光景を目にする事があります。
直江津

遠く日本海側までやって来た209系。なんだかもの凄く違和感があります。
直江津
今回の輸送は疎開留置との噂は耳にしておりますが、詳細は存じません。両側とも先頭車を組み込んだ4両編成×2である事から、ひょっとしたら廃車ではなく何らかの作業が行われる?

転線の為、機回しして連結。209系はEF64 1030によって、東側の留置線に押し込まれて行きました。
直江津

切り離された位置でポツンと残されたクモヤ145-117。ライトを付けて帰還準備中。
直江津

クモヤは午後になって直江津を出発し、長野へと向かいました。
春日山~高田


分かりやすいとは言い難いですが、一連の動画を繋げてみました。暇潰しにどうぞ。



次回は車内にこんなものが貼られている車両を。
運行中の事故

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/28(月) 15:29:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

209系 直江津へ

JR東日本で着々と進んでいるE233系の増備。中央線が一段落ついた後は京浜東北線用の製造が続けられ、そのあおりをくって現在活躍している209系が逐次押し出される形で北長野まで廃車回送されている事は、既に広く知られている通りです。この廃車回送はEF641000番台+クモヤ145+209系という一風変わった姿での配給輸送という事もあって、中々注目度の高い列車ですね。

そんな中、同様の編成が25日に北長野から直江津まで走行しました。
三才~豊野
定番位置で楽に撮れるだろうと直前に現地入りしたのですが、前にも後ろにも同業者さんの姿が。とりあえず前にいる撮影者とその車が目立たないように広角で撮りましたが、こんな天気で使うアングルではありませんわな。でも晴れていれば案外いけるかも・・・。それにしてもここを南下して北長野へ向かう廃車回送は何度か見ましたが、まさか逆方向に走る日が来るとは思いもよりませんでした。

この日の牽引機はEF64 1030号機で、次位にクモヤ145-117。209系はウラ33と73がそれぞれ4両ずつでした。
豊野
この時はちょっぴり薄日が差したのですが、どうせなら走行中にですね・・・。しかしこのパターンだと走行中はまた曇るよなと考えていたら
豊野~牟礼
やっぱり曇りました。この後はあすかを撮った場所でも撮影しましたが、空を入れてナンボのアングルで白い空はどうにもなりませんでした(泣。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/27(日) 16:19:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日の撮影

今日も大変暑い一日となりましたが、午後から出かけて鉄して来ました。

まずは地元で肩慣らし、名鉄のエコムーブトレイン。
犬山橋
最近の名鉄の新型車両は、3300.3150.5000系とも皆同じような顔・・・。写真写りでも分かるように行先表示も見にくくなり、趣味.実用の双方で微妙に思えてなりません。イメージアップ戦略などが多く目に付くようになっているだけに、何か勿体ないような気もします。

今日の本命583系。
南荒尾~関ヶ原
シュプール車のB03編成でした。ま、写真はこんなんですので、来年にまた再挑戦という事で(汗。この蒲郡までの団臨は最近は毎年運行されていますので(昨年まではあすか)、来年もまたあるだろうと根拠があるようでないような・・・。根拠の無い想像、人それを妄想と言います。

この後は西エリアまで足を延ばして、彦根~米原でDD51+チキ2の工臨を撮影して帰宅しました。途中で583系狙いと思われる同業者さんをチラホラ見かけましたが、人数的にはそれ程多くなく、人気はあまり無いのかな。


独り言
毎年運行されている、この時期恒例のコミケットトレイン。今年もDJ誌に例年通りの夜行スジで記載がありました。ところが主催者の発表によると、主にJR側の事情で運転はまだ決まっていないとの事です。DJ誌に毎年備考として書かれているコミケットトレインの文字が無かった事からちょっと気にはなっていたのですが、背景には色々と難しい問題もあるようです。鉄道趣味の立場から見れば運転スジが立っている以上大丈夫だとは思うのですが、運転まで一ヶ月を切った状態では集客にも影響が出ると見られ、情勢は予断を許さないのではないでしょうか。そしてもう一つ気になっているのが、このコミケットトレインは今年で最後とのアナウンス。来年以降は機関士手配の関係からあすかの他社線への乗り入れが不可能になるとJR側から話が出ているとされ(他社とは多分JR東海の事かと)、全て本決まりでは無さそうですが、時代は刻々と寒くなっているようです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/26(土) 20:24:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

暑い・・・

最近は、昼も夜もとにかく暑いです。今日なんぞ、職場の気温は大台突破。頭に氷を載せて仕事してました。分かる人にしか分からない話ですみません。天気予報ではしばらくこんな天気が続きそうとの事で、世の中知らない方がいい事もあるようで・・・。

何番煎じか分かりませんが、こんな時は冬の写真で涼んでみましょう。
白い炎
長電にゆけむりがデビューした時、新潟からの帰りに寄り道して撮ったものです。30分前には快晴だったのに、15分くらい前にガスってきたかと思えば直前に視界を奪う雪模様。涙が滲み、頬で雪になりました・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/25(金) 02:33:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最後に見た1600系

先日の記事で紹介した1603F+1604Fの回送列車ですが、翌日には舞木に入場したとの事です。枇杷島へはデルタ線での方向転換の為に来たようで、これから1700系への改造工事を施されると思われます。

1600系は元々、P4白帯特急の後継として登場したと記憶しておりますが、3両に減車された姿は個人的に微妙に思えました。実情に合わせた両数と言ってしまえばそれまでですが、名鉄では稀有な3両編成には少々違和感を覚えたものです。また、初めて乗車した時は雨模様のコンディションだった事もあり空転が多発。M車に乗車していた事もありそれはもう耳障りでした。この辺りの事情が2000系があのようなM配置になった一因と推測しておりますが、さてはて・・・。ただ車内設備は悪くなく、空転を除けば結構いい車両だったと思います。MHは7000系の物を聞き慣れた身としては、なんともスローペースで間延びした感じは最後まで慣れませんでしたが、名鉄の伝統が引き継がれた事は嬉しかったですね。

とまぁこんな感じの所見だった事もあり、1600系の写真は殆ど撮ってなかったりします。と言いますか、まともな写真が無い・・・。併結運用などただの一枚も有りませんでした。初めて撮影した併結運用が最後の本線運用とは、私も立派な葬式鉄です(汗。
枇杷島
6両編成だと中々の貫禄。

見慣れない赤い幕。
特急表示
なぜか特急を表示。

片や改造、片や廃車。
去る者残る者
幌が繋がっておらず、いかにも回送。でも当初は幌に問題があり、運用中も使用されていませんでした。その後改善され使用されたと聞いておりますが、一部特別車への改造にあたって再び幌が使われる事があるのか、この辺りも気になるところです。現状では無さそうに思えますが・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/24(木) 04:11:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

20日の7000系

一時期全くと言っていい程撮影していなかった名鉄。パノラマカーの減勢などもあって最近ぼちぼち出かけるようになりましたが、そんな折20日に7007Fを使用した団臨が走ると聞き、出勤前の時間を利用して出かけてきました。

その前にまずは7033F。先月末に運用離脱して以来布袋駅に留置されていた同編成ですが、20日になって猿投まで回送されました。
逆富士は無く
パノラマカーの特徴の一つである逆富士形の行先表示が撤去され、何とも物悲しい表情です。盗難対策との話もありますが、何はともあれ少々寂しいです・・・。ちなみにこの回送、そこそこ知られていたようで沿線では撮影者の姿もチラホラ。ここも学生と思しき一人を覗いて見知った顔ぶれでの撮影となりました。

この後は団臨を撮るべく本線へ。しかし目星を付けていたポイントは2時間前なのに既に先客が。仕事の都合もあってあまり南へは行けなかったので、泣く泣く強引なアングルで撮る事にしました。
トリミング済み
あっ、運転室の屋根から踏切が生えています(泣。P車なら隠れると思ったのにとんだ見込み違いでした。ついでに言ってしまうとタイミングも早すぎて、右側をトリミングしています。影が変な位置にかかっているのはこの為で、2時間待った意味ナシ・・・。敗北感にまみれながら職場へ向かう足取りはそれはもう重くて重くて・・・。

ちなみにの団臨、聞いた話では鉄道友の会と名鉄電車愛好会の主催で、そこに東海ラジオの人気番組である「流石の源石」が絡んだものだとか。登場当時に冠されていたフェニックスを模した系統板が掲出され、それだけに今回の失敗は大変痛いものになりました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/21(月) 21:05:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名鉄 1600系さよなら3両運転

最後の晴れ舞台

既に一週間経ちましたが、今月の13日に三河線にて「名鉄1600系 さよなら3両運転」なるイベントが実施されました。これは6月28日のダイヤ改正を機に引退した全車特別車特急車両1600系の惜別イベントとも言える企画で、1604F使用の多客臨扱いで豊田市~知立~土橋~知立~豊田市の行程で走行。途中の土橋では撮影会や運転台公開も行われ、車中、沿線とも大変な活況振りでした。

土橋での撮影会の様子です。
土橋
とにかく凄い人でした。特に運転台見学には長蛇の列で、早々に受付が終了する事態に。撮影会も幕回しのサービスもあってこれまた大盛況でした。
土橋
色々な行先に加え、時には急行や準急などの有り得ない表示も。幕が回っていく度に盛んに切られるシャッター音は凄かったです。

おまけに100系との組み合わせを撮って、この場は撤収。
土橋

この後は走行を撮るべく土橋~竹村のポイントへ。しかしそこには数える気もおきない程の黒山の人だかり。どうしようかと迷っていたら、ここで某巨匠と遭遇。他の人達からはちょっと離れた場所でご一緒させていただきました。
土橋~竹村
諸事情につき7100系の写真で(汗。空が綺麗でないと映えないアングルです・・・。巨匠は非常に難しい車両上寄りのアングルを決められ、どんどん遠い存在になっていくのを改めて実感しました(汗。

最後は平戸橋で。ここもサイド気味から被り付きまで多くの人で賑わいました。
越戸~平戸橋
霞みがちな空の中、少しでも青く見えるアングルにしたつもりだったのですが、なんだか微妙です。ポジは増感無しのベルを使いましたが果たして・・・。ただ写真ははイマイチでもここでは先に紹介した動画の通りMH全奏での通過でしたので、それだけでも行ってよかったと思います。


その1600系ですが、今朝に留置されていた猿投駅から枇杷島まで回送されました。
枇杷島の留置線へ
1603Fと先のイベントで活躍した1604Fの併結でした。このまま舞木に入場して改造工事を受けるものと思われます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/19(土) 10:56:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

スイッチバック街道 惜別羽尾号④

姨捨駅にて

姨捨駅に掲示してある写真です。非電化時代、まだSLが活躍している頃の羽尾信号所の写真ですが、他にも興味深い写真や掲示物があるので、この辺りを訪れる時は大抵姨捨駅に立ち寄っています。

スイッチバック街道 惜別羽尾号、最後はスナップで。
荷物車

ヘッドマークにはクモユニ143形のイラストが描かれていますが、国鉄時代にありそうな渋い絵柄だと思います。でもアングル的にはなぜか電○でDみたいな・・・(ぉ。

このクモユニ143形は、双頭連結器を備えています。115系との連結面は、当然ながら密連側になっていました。
姨捨

あんまり分かりませんね(汗。それにしてもなんだか睨み合っているように見えるのはなぜ?

クモユニ同士の連結は
姨捨

密連になっていました。当たり前と言えば当たり前なのですが、ここが自連だったらちょっと面白かったかも。

クモユニ143形は、その形式名が示す通り荷物車です。
姨捨

荷物の表記がそれを物語っています。ちなみにこの車両、普段は便電として長野~長野総合車両センターに定期的に運転されており、職員を荷物として運んでいます。このスイッチバック街道 惜別羽尾号が運転された日は115系2連が代走しましたが、便電は基本クモユニで運用されています。

おまけ。
クモユニ143-3

アナログのメーターが並ぶ車両も年々少なくなっていますね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/15(火) 18:11:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

あらら

サーバー障害の為か現在画像アップロード不可の為、今日の更新は動画で取り繕っておきます。


今日現地でお会いした関西から来られた方、また午後にお会いした諸先生方、今日は暑い中お疲れ様でした。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/13(日) 22:57:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スイッチバック街道 惜別羽尾号③

姨捨駅のポスター

今回運転されたスイッチバック街道惜別羽尾号の告知ポスターです。なんとも手作り感溢れるポスターですが、内容の通り列車の運転に合わせて記念商品の物販も行われました。で、
記念品

3つとも購入、計2560円也。田舎者ゆえに、こういった限定品とかに弱いワタクシ。決してコレクターという訳ではないのに、駅名板やら系統板やらサボやら切符やら、気が付けば年々増えていっています(汗。でも記念として残りますし、お祭り気分でイベントが楽しめますので、多分これからも増え続けていくでしょう。

今回乗車はできませんでしたが、お弁当はしっかり頂きました。
洒落のきいた弁当名

弁当の名は「羽尾信号所 昭和41年3月27日開業から43年の歴史に幕・の内風駅弁」
中々洒落のきいた名前です。えらく長いですけどね(笑。それにしても旅先で食べる駅弁ってどうしてあんなに美味しいのだろう・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/12(土) 22:05:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイッチバック街道 惜別羽尾号②

姨捨駅はスイッチバックの駅として有名です。下り方面は稲荷口駅、上り方面は冠着駅と接している同駅ですが、稲荷口との間には桑ノ原、冠着との間には羽尾の信号所が存在しており、両信号所ともスイッチバック方式となっています。これによりこの区間を走行する列車は三ヶ所連続でスイッチバックを通る事となり、これがスイッチバック街道と呼ばれる所以になっています。今回の列車は、この内の1つ羽尾信号所が今春のダイヤ改正で使用停止となり廃止される事になったのを記念して運行されたもので、この列車が羽尾信号所で待避する最後の列車となりました。

聖高原からの返しである9581M。この列車が羽尾信号所で待避する名実共に最終列車となりました。
羽尾信号所

羽尾信号所に進入する9581M。左に写っているのが姨捨へ向かう本線です。列車はこの後直ちに後進して冠着側の待避線に入って特急しなのをやり過ごした後に、姨捨方面へと向かいました。
羽尾信号所を後に

文面だけでは分かりにくいかと思いますので、動画も紹介します。しなの待避を撮り逃したので少々流れが半端になってしまいましたが、列車の動きはお分かり頂けると思います。


続いては姨捨駅の北にある桑ノ原信号所。左に見えるのが信号所の姨捨側の引き上げ線です。
桑ノ原信号所

側線に入ったところを踏切から。
桑ノ原信号所

115系のLEDの列番表示は、1/100秒でもまだ切れます(泣。

上手く撮れませんでしたが、一応ここでの動画も。


羽尾信号所はこの列車をもって廃止されました。姨捨と桑ノ原は残りますが、スイッチバック街道と呼ばれるのも恐らくは今回が最後ではないでしょうか。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/09(水) 23:13:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スイッチバック街道 惜別羽尾号①

既報の通り、7/5.6に長野~聖高原にてスイッチバック街道 惜別羽尾号が運転されました。クモユニ143形長野車2両に115系豊田車3両を連結したスカ色揃いの5両編成で、両日とも沿線や各駅では大変な賑わいを見せました。長野~長野総合車両センターの社員輸送以外では滅多に見る事の出来ないクモユニ143形に加え、羽尾信号所で待避する最後の列車という事も相まって、撮りに乗りにと非常に注目度の高いイベントでした。

当日はまず、有名撮影地である姨捨公園へ行きました。ここは人気の撮影地だけあって場所取りが大変と思い、現地に入ったのは午前6時半。さすがに4時間以上前から来る人はあまりいないだろうと思っていたのですが、それでも既に10人くらいの方がみえました。何とか横気味の位置で場所を確保し事無きを得ましたが、考える事は皆さん同じのようですね。そうして撮影したのが前回の写真で、お決まりのアングルなのに、微妙な努力が隠された一枚だったりします。

姨捨駅では1時間近い停車時間が取られ、その間は撮影会状態となりました。
姨捨

撮り鉄に加え乗車していた人達も撮影に興じ、とにかく凄い人出でした。ここでは物販もありましたが、その話はまた後日にでも。

姨捨での撮影後は聖高原のポイントでの撮影も考えましたが、敢えて外して誰も撮らないようなアングルで狙う事にしました。
姨捨~羽尾(信)

しかし誰も撮らないようなというのが大誤算。考えていたポイントには既に先客がみえ、その横から無理無理の撮影に。何事も思い込みは禁物ですね(汗。せめて左の標識は外したかったのですが・・・。

手持ち撮影だったので、ついでに面アップも。
微妙・・・

微妙・・・。クモユニに掲出されたヘッドマークはシール式で、この列車のイラストが描かれています。反対側の115系はシールではなく本格的なマークで、こちらは115系が先頭に描かれたイラスト。似たようで前後で微妙に違う二種類のマークが掲出されたのも、今回の列車の特徴の内の1つです。

次回はスイッチバックを。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/08(火) 23:55:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

荷電+115系 スカ色編成

7/5.6に長野~聖高原にて、スイッチバック街道惜別羽尾号が運転されました。
桑ノ原(信)~姨捨

隠れキャラ宜しく黒○ヤ○トの宅急便が・・・(泣。続きはまた明日にでも。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/06(日) 23:19:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電