As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

2008年

2008年も暮れようとしていますが、今年も色々とお世話になりました。来年も皆様にとって幸多き年になりますよう・・・。

2008年の思い出①
上野
今までは撮影するばかりでしたが、乗り鉄も楽しみました。普段は中々乗車する機会のないジョイフルトレインでの小旅行は、一生忘れないであろう至福のひと時。
ゆとり車内

なんだか懐かしく感じた光景。
上野にて
車内で頂いたサボをサボ受けに差して撮影していたら、相乗りしてきました。私も子供の頃はDJ誌などを片手に時刻表を引いて、友達とあちらこちらへ出かけたものです。歳食った今、納得のいく写真が撮れた時の満足感はあれど、純粋な楽しさは子供の頃のそれには敵わない。昔の自分が重なって、とても懐かしく感じました。


2008年の思い出②
夏のやまぐちDX。
やまぐちDX
この列車の運転が発表された時から楽しみにしていました。こちらも撮って乗ってと楽しみました。
大サロ
お召列車にも使われただけあって、なんとも落ち着きのある空間でした。
大サロ

2008年は本当に色々な方のお世話になりました。もし宜しければ、2009年もまた、宜しくお願い致します。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/31(水) 21:50:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名鉄7000系パノラマカー 定期運用から離脱

2008年12月26日、この日をもって名鉄7000系の定期運用が終了しました。7011F、7041F、7043Fの現存する3編成が各々の最終運行列車の運用時にお別れ系統板を掲出、沿線や駅では別れを惜しむ鉄道ファンや地元の方々がお見送りしました。

私は当日仕事だった為、夜の部だけ見てきました。時間的余裕があまり無かったので、無難にあまり人の来なさそうな場所にしましたが、またしても悲劇が。
被り
見事に被ってしまいました。本当は発車直前の一瞬、ギリギリ抜けたのですが、シャッターを切ろうとしたデジカメが沈黙。長時間露光すると、本体内で画像処理が終わるまで次コマの撮影が不可能な欠点をまともに受けてしまいました。夜間なら天候は関係ないと思っていたら、やっぱり今回もこんな不運に見舞われてしまいました。一応別の場所に先回りして何とかリカバリーしましたが、ちょっと残念。

普通、岩倉行きの最終運行を終えた7041Fは、そのまま回送で布袋へ。
布袋
このまま転線して、西側の留置線でパンタを下ろしました。

27日には7043Fも布袋へ回送され、両車とも逆富士を外されました。残る7011Fは臨時やイベント列車で活躍するようですが、名鉄の代名詞とも言えるパノラマカーが定期運用から離脱した事で、同車は一つの節目を迎えたと言えるでしょう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/28(日) 23:18:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

甲175 JR東日本の415系が九州へ

22日に、高萩から九州の小倉へ向けて415系12両(K525+K607+K620)が甲種輸送されています。東海地方の通過は今日23日でしたので、ちょっくら撮影して来ました。
甲175
一枚目の有名所は曇りだと思っていたら背景が曼荼羅。追っかけましたが、あまり上手く撮れませんでした。まぁいつもの事です・・・トホホ。

ちなみに本命所は
三河大塚~三河三谷
目で見た感じはそれ程でも無かったのですが、写真にすると一目瞭然。せめて明暗が逆なら・・・。最近私が出向く撮影地は、何故か天候に恵まれません。もし撮影地で私を見かけたら、皆様どうぞお逃げくださいませ・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/23(火) 23:07:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

キヤ97形の小変化

今日は久し振りに地元でキヤ97形の工臨を撮影しました。新製出場してから早一年、今ではすっかり見慣れた感のあるキヤ97形によるレール輸送ですが、最近になって一部に小変化が見られます。

あくまで私の知りうる限りの話ですが、定尺用キヤ97形の新製後の変化としては
・ロンキヤに貼られていた「係員以外乗車禁止」の赤いシールの派生
・乗務員室背部扉の仕様変更
があげられます。そして最近になって、R3編成の外観に明らかな変化があると知り、今日高山線にやってきた工臨を見に行って確認してきました。
各務ケ原
R3+R4編成です。

明らかな変化が見られるのは、R3編成の乗務員室の背部。
R3
背面の扉は既に全編成がこのタイプになっていますが、その横にあった換気口が空調機器らしき物に代わっていました。

参考までにR4。
R4
こちらは換気口のままでした。

11月に定尺用のR1~4編成が順次、豊川の日本車輌に入場した事は存じておりますが、その時に施工されたものでしょうか。しかし、何故R3編成だけがこの姿に? 情報お待ちしております(ぉ。
なお、R3編成の変化は、スロウダンスさんのブログ「名古屋近辺の鉄道の館」で知りました。キヤ97形の名古屋港方面の様子が紹介されていますので、興味のある方は是非ご覧ください。


おまけ。
新製出場後の乗務員室の背中。
R1.5
扉もシンプルな形で、現在の姿と比べると幾分すっきりしている印象を受けます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/20(土) 20:54:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

PF牽引の富士 はやぶさ

唯一の九州ブルトレとなった富士 はやぶさ。普段はEF66形が牽引していますが、12月13日発の1レと14日発の2レの運用は、田端のPF1107号機が担当しました。本来牽引予定だったEF66-46に何らかの不具合が発生し、それに伴う代走と思われますが、今回はマーク付きに加え、折り返しの2レの運用にも就いた事が特筆されます。マーク付きは過去にもありましたが、2レの運用に入ったのは初めてではないでしょうか。

今までPF牽引を撮った事が無かったので、無理を承知で出かけてきました。
名古屋
撮っただけの物ですが、とりあえず2レという事で。名古屋駅は停車位置の関係で対向からのバルブは不可能ですが、それでも10人近くの方がみえていたのには驚きました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/16(火) 23:57:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

三木鉄道のミキ300-105 搬入の様子

11日に樽見鉄道の本巣駅へやって来た、三木鉄道のミキ300-105。今回は搬入の様子を紹介します。

ミキ300-105は、9日の夜に三木鉄道の三木駅を出発し、陸送によって11日の午前3時半頃に本巣駅に到着。ここで陽が昇るまで待機して、7時頃から載線作業が始まりました。

まずは地元業者と思われるラフタークレーンが2台到着し、準備にかかります。
本巣
その長い腕は飛行機雲をも掴む・・・わけはありません。以前、岐阜市の金公園で見たモ513号車の時はクレーン1台でしたので、2台による作業を見るのは今回が初めてになりました。

まずは別のトラックで運ばれた台車をレールに載せます。
ミキ300-105 台車
こちらは従台車でしょうか。あまり気にして見ていなかったので、よく分かりません。ま、確率1/2という事で。

続いて車体の吊り上げに入ります。
空へ
クレーン2台による懸架の為か、地切りした時に多少揺れました。写真でも分かるように、作業員がロープで引っ張りバランスを保ちつつ、ゆっくりと持ち上げていきました。

やがてミキ300-105はゆっくりと線路の上へ。この様子を見守る樽見鉄道関係者の方々と、この日一番のシーンを収める報道陣。
本巣
ちなみにこの方々達が列席されているのは、樽見鉄道の本線上。ローカル線ならではの光景です。この時に撮影された写真が各新聞社の紙面やサイトに紹介されていましたので、興味のある方は探してみてください(リンクを貼ってもいいのですが、日が経つと消えるのでやめておきます)。

ちなみに私はこちら側から撮影。
載線完了
朝日新聞に、同様のアングルで撮られた写真がカラーで載っていました。

鉄路に脚を降ろしたミキ300-105ですが、車体がただ台車の上に載っているだけの状態なので、走行はできません。ハイモ230-313が連結され、ゆっくりと検修庫の中に押し込まれていきました。
推進
ミキ300-105はこの後、庫の中でジャッキアップされ、再び台車を抜かれました。同車は全般検査を受け、装備を樽見鉄道仕様にするなどの整備を受けた後、2009年春の営業運転を目指します。

あくまで現時点での話ですが、車体の塗装は変更せず、このまま三木鉄道カラーで運行されるとの事です。ただ車番は改番され、ミキ300-105からハイモ295-617に変更される見込みです。これはミキ300-105がハイモ295-516と同仕様の車体ながら、中央部にボックスシートを持つなど差異がある事から、600番台が付与されるものです(樽見鉄道の形式の付け方は独特なので分かり難いと思いますが、今回は割愛します。興味のある方は調べてみてください)。個人的には桜舞う季節に、置き換え対象であるハイモ230-301との併結運転などを期待してみたいと思っておりますが、何はともあれ春が楽しみです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/15(月) 02:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

三木鉄道のミキ300-105、樽見鉄道に到着

樽見鉄道に新たな顔。
本巣機関区

今春廃止になった三木鉄道で使用されていたミキ300-105が樽見鉄道に売却され、三木から陸送によって、今日未明に本巣駅に到着しました。
本巣
デビューは再整備を受けた後になるようで、本線上を走る姿が見られるのは、もう少し先になりそうです

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/11(木) 11:49:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電