As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

高山本線、今月30日までダイヤ乱れの公算

4/26に発生した焼石駅信号機器室への落雷の影響により、30日までの予定で飛騨金山駅~下呂駅間の普通列車が一部バス代行となっています。特急列車は運行されているものの、こちらも遅れが発生しているようで、新聞に掲載されていた情報によると、閉塞区間の延長により列車の運行本数に制限が生じ、それに伴いダイヤの乱れや減便となっているとの事です。落雷による信号故障は珍しい事ではありませんが、ここまで復旧に時間がかかるとは余程重大な損傷を受けたのでしょうか。

さて、この被災の影響は、意外な所にも及んでいたと思われます。26日深夜に美濃太田車両区にDR1が来ているのを目撃したのですが、パターンから高山線検測と考え、最近は非鉄な日々を過ごしていた事もあり撮影を企てました。ところが動く気配がまるで無く、昨晩も車両区内に居たとの目撃情報がある事から、どうやらずっと車両区でお休みしていたようです。今日も気になって見に行ったのですが、お昼前に出区して、岐阜方面へ上って行きました。
坂祝~鵜沼
恐らくは高山線検測を断念して、無念の帰還になったと思われます。

ちなみに昨晩はロンキヤも居ましたが、こちらは今日の早朝に美濃太田を出て、西浜松に向かっています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/28(火) 13:27:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

キヤ97系200番台によるロングレール取り卸し作業①

昨年より、キヤ97-200によって行われるようになったJR東海のロングレール輸送。それまでのチキ車に比べて、最高速度は110㎞/h、レール積載時に於いても95㎞/hと、走行性能に於いて格段の進歩をみましたが、取り卸しに際してはどうなのか。結論から言うと変わっていません。敢えて言うならば、定速機能により作業がやり易くなった事と 、加減速時の衝撃が緩和される事で車上要員の安全性が向上した点でしょうか。

このブログでも、過去に少しだけロングレールの取り卸し作業を取り上げた事があります。

ロンチキ
http://sirius501.blog68.fc2.com/blog-entry-256.html
http://sirius501.blog68.fc2.com/blog-entry-257.html
ロンキヤ
http://sirius501.blog68.fc2.com/blog-entry-425.html

なお、リンク先にある続-はいしゃさんの鉄なブログに取り卸し作業が分かりやすく紹介されている記事がありますので、興味のある方はそちらを参照してください。

大まかな流れとしては、まず最初に現場手前の駅に停車し、車上要員が乗車して各機器類を立ち上げます。この手前の駅と言うのは、私が今まで見てきた限りでは直前の駅ではなく、待避線の有る駅
になっています。そして時間になったら発車して、取り卸しの現場へ向かいます。

現場に到着したら、枕木の横にワイヤーを固定する器具を取り付け、ここにワイヤーを取り付けます(踏切から撮影)。
ワイヤー取り付け

そして先頭車にあるレール積付具を展開し、レールを降ろせるようにします。
展開
一見4枚の板に見える先頭車の積付具ですが、実際は左右1枚ずつで、2本の溝がくっ付いた形になっています。そしてワイヤーをこれから降ろすロングレールにも繋いで、取り卸し作業を開始します。なお、ロンキヤの先頭車(キヤ96-201.202)には普段から器具類が積載されていますので、この車両を見かけた方は覗いて見るのも面白いかもしれません。
キヤ97-202

準備が完了したら、列車はゆっくりと前進。人が歩くくらいの速度なので、本当にゆっくり進みます。そしてワイヤーが張った瞬間にレールが動き出し、後方より線路脇へ引き抜かれていきます。
取り卸し

車両から送り出されてきたレールを、バールのような道具を用いて、テコの要領で線路脇の予め設置された台の上に誘導して、レールを置いていきます。
取り卸し

全景としては、こんな感じです。
取り卸し
最近では作業灯に加え、前照灯も併用して作業現場を照らすようになったようです。後追い撮影なのに前照灯が点いていると、何か変な感じがしますが、確かにこの方がより明るく現場を照らす事ができますね。

先頭車のデッキにも人員を配し、取り卸しを監視。積付具の後端にはガイドロールのような物が見える。ここを通ってレールが車外へ放出される。
R101
闇夜に浮かぶR101の編成表記。現在唯一の気動車型ロングレール運搬車である。

作業を終えたら撤収作業に入り、帰り支度をします。拠点である西浜松に帰る場合が多いですが、一度に全て卸さずに、翌日に次の現場に行くといった運用も見られ、この辺りの動きはその時々のようです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/28(火) 01:01:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

デジカメ素人

このブログに掲載している写真は、殆どがデシカメによるものです。
元々は銀塩派な私ですが、仕事の都合でデジカメが必要となり、どうせなら趣味にも使える物をと一眼デジを購入したのが、デシタルを始めるきっかけになりました。正確には以前よりコンデジは持っていたのですが、130万画素ではとても鉄道写真に使えるしベルではなかったので、最初に購入した一眼、Eos Kiss DNが、私にとって初めてのデシカメだと思っています。実際、このブログの写真も、途中まではこのKiss DNを使用しています。

デジタルの便利さとしてよく言われているのが、コストを気にせず枚数が切れる、露出を外していても補正できる、パソコン上で自分の好みに加工する事ができる、など。私の場合はこれらに加え、露出計代わりに使える、曇天などの低露光下での撮影に強い、バルブではなく手持ちによる夜間撮影が可能、と言ったところでしょうか。晴天下の写りはまだまだリバーサルに一日の長があると思いますが、露出に敏感で失敗する事もあり、確実に記録できると言う点ではデジタルでしょう。まぁ腕があれば失敗も少ないのでしょうけど(汗。

しかし、所詮素人な私、分からない事も多々あります。一番気にしているのは画質。Kissデジなどの入門機と、中上位機種には、どの程度差があるのか。カタログを見てもCMOSや画像処理チップが同じだったりと、どうもよく分かりません。連写機能などは素人目でも分かるのですが、画質に違いが無ければ安物でいいじゃない、と貧乏根性丸出しで更新したのが、今所有しているKiss Xです。鉄道写真を撮っていると、まっ平らな色調であったり。テールランプの赤味が薄かったりと、気になるところはあるのですが、上位機種だと改善されているのか、全く分かりません。どなたか詳しい方みえましたら、ご教示頂きたく存じます。

とまぁ前置きが長くなりましたが、上記に上げた特徴の一つ、夜間撮影が可能になった事で、鉄道趣味の範囲が広まったと思います。以前では考えもしなかった、夜間での走行写真の撮影。画質は落ち、難度も決して低くはないのですが、貴重な記録が残せるようになり、デジカメを手放そうとは思わなくなりました。でも使っているのは相変わらずKissデジですけどね(笑。最近では学生さんまで10万越えの機種を普通に所有している世の中で、貧乏が身に染みる今日この頃。


夜間撮影①
夜間特雪
ISO1600+スローシャッター。昼間とはまた違った、独特の雰囲気に写ります。

夜間撮影②
ロンキヤ
普段見るのは回送。この車両の本領が見られるのは、深夜の現場である。


と言う訳で、次回はヨタ関係者様向け第二段を予定。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/23(木) 23:00:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

今日の美濃太田

明知は結局行けませんでした。仕事あっての趣味なので、こればかりは仕方ありませんね。生活の為には仕事をしなければなりません。とは言え、仕事の為に生活してるってのも嫌だなぁ・・・。

流石に鉄分不足に陥って、禁断症状一歩手前までいってしまったので、今日はカメラ片手に美濃太田車両区まで行ってきました。以前の補足も加えて、まずはラッセル。
美濃太田車両区
一休車の札を差して停まっているのは変わらずです。

このDE15 1541の前回の全検は14年10月。
美濃太田車両区
今年で7年目になりますが、まだ期限が残っているのでしょうか。

そして今日は、変わったお客様が来ていました。
美濃太田車両区
所属が美濃太田なので、どちらかと言えば里帰りでしょうか。ロンキヤは、ロングレールを積み込む西浜松を拠点として運用されていますが、検査は所属区である美濃太田で行われています。なお、写真では9両になっていますが、残り4両は庫の中で検査中でした。

西浜松からの交検回送時は、僅かながら普段とは違った姿になっています。
検査回送
電源ケーブルが取り外されています。検査時の編成分割の作業性を考慮したものでしょうか。

手歯止め
ロンキヤ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/22(水) 13:35:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ガソリン、安くなったなぁ・・・
尾張旭付近
鉄道写真と言えども、後年には別の意味での記録写真にもなっていたりするから面白い。

昨日も馬、今日も馬。最近は残業付きの馬車馬ばかりで人生お疲れモードのワタクシ。今日の名鉄イベント? 勿論行けません・・・。しかし、そんな悲しい人生も、明日には終了きっと多分。とりあえず明知鉄道へ行く予定にしております。残業が無ければ←これがクセモノ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/18(土) 12:01:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アフタヌーンおおぼけ

今回も私用&宣伝モードで。

昨日発売になったDJ誌にも掲載されていましたが、来月の17日に高松~大歩危間にて、ムーンライト用12系改を使用した団体列車が運行されます。今季はムーンライトの設定がなく、ここのところ動きのなかった12系が久々に走ると共に、主催者があのキハに赤ひげを付けた方と聞けば思い当たる方も多いのではないでしょうか。
どつぼ列車
キハの時は、以降のJR四国のイベント運行が全て赤ひげのまま運転された事は記憶に新しいところですが、今回の運行も、一週間後に行われるJR四国の「讃岐鉄道 丸亀~琴平間開業120周年」の記念運行に先んじて行われる点が特筆されます。今日現在で若干名の余裕(10名くらい)があるそうなので、興味のある方はお早めにどうぞ。当方も参加させていただく方向で調整中で、実現すれば仕事以外では初の四国入り。今から楽しみにしております。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/16(木) 03:48:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

朝陽の中へ

今回は完全私用モード。

朝陽の中へ、コンサートVer.

ようつべにも有りましたが、あっちは音と絵がズレているので・・・。音量Max&下コメNG推奨。


トランペットを吹いてみた

こんなのもありかと。


番外編、あの有名人が

ズコー


最近になってようつべでTVシリーズを見つけ、ボチボチ見ていたりします。だってレンタル置いてないし・・・。今風のも悪くはないけど、この頃が一番面白く見てました。それだけ歳をとったって事なのでしょうね。だって今までの人生よりも、恐らくは余生の方が短い、そんな年頃ですから。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/14(火) 02:15:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PANORAMA CAR ありがとうパノラマカー発売

中日新聞社発行

本日、中日新聞社より上記の写真集が発売になりました。パノラマカーを取り扱った写真集としては、古池直之氏の「僕はパノラマカー」や、小林弘雄氏、林 英樹氏、和田 浩氏のお三方共著の「パノラマ★ファンタジー 」が既に出版されていますが、今回の物は、名古屋鉄道監修の公式写真集と謳われている点が特筆されます。2300円と決して安くはないのですが、写真集としては平均的なお値段だと思いますし、パノラマカーの走行シーンや月検査の様子などが約60分収められたDVDが特別付録として同梱されていますので、中々見所も多いと思います。特に地元の方ならば、手に入れておきたい一品ではないでしょうか。
なお、名鉄駅サービスセンターと通販のMモールで購入すると、オリジナルステッカーが2枚、特典として付いてきます。このステッカーは先着2000セットとの事でしたが、私がお昼過ぎに犬山駅のサービスセンターで購入した際には、普通に頂けました。特に予約もしていなかったので、ちょっと意外でした。

ここで紹介させて頂いた写真集ですが、同じFC2でブログを運営されていますので、興味のある方は是非。
僕はパノラマカー
パノラマ★ファンタジー BLOG
中日新聞社のサイト
ありがとうパノラマカー


そしてこの写真集の発売と時を同じくして今日、特典のステッカーにもある7041号車を含む7041Fが、久々に本線上を走行しました。
犬山~犬山遊園
撮影地は、写真集1ページ目にある郷瀬川。ただし陽の周りの関係で反対側から撮ったものです。パノラマカーと桜の対面も、今季限り・・・。

列車は、布袋から新鵜沼を経由して犬山検車区へ。
犬山検車区へ
どうやら機能維持ではなく、月検査に伴う回送運転のようです。月検査と言えば、付録のDVDにもその様子が収録されており、今日の7041Fの運転は、まるで写真集発売に合わせたかのようで、個人的に非常に興味深い運転となりました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/10(金) 18:18:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

美濃太田のラッセル

1日に美濃太田まで回送されたDE15 1541号機ですが、休車札を差された状態で、かつてDD51 749号機やDE10 1524号機が休車中に留置されていた場所に置かれていました。昨年は須田コレクション横に留置されていただけに、ちょっと気になる動きです。ちなみに、この場所に置かれたDD51 749号機はやがて廃回、反面DE10 1524号機は運用復帰を果たすなど、ラッセルについて現時点では何とも判断できません。しかしDE10 1524号機も、結局はトロッコ廃回でトロッコと共に西浜松送りになっていますが・・・。

かつて留置されていた、DD51 749とDE10 1524。
美濃太田車両区
太多線車内より。共に一休車。


おまけ。ヨタ関係者様向け静止画。
取り卸し

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/07(火) 19:05:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロンキヤは東へ

今朝の事ですが、R101編成がロングレールを積載した状態で、東海道本線を上って行きました。
名古屋
下段に10本くらい積まれていました。とりあえず高塚まで走って留置されたみたいですが、今までのパターンからするに、この後は静岡方面で取り卸しを行うのではないでしょうか。

なお、ロンキヤに先行して、DR1が上って行きました。時間から察するに、こちらは武豊~飯田線の検測でしょうか。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/04(土) 19:59:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

たまには95の方を

たまには95の方を、と言っても虹釜のお話ではなくキヤの事です。
美乃坂本~中津川
今日は中央西線の検測。パンタを上げた姿が、らしいDR1。

最近は、晴れていても空があまり青くない気がします。夕刻はまだしも、朝方から昼にかけては白っぽい所ばかり・・・。今日はついでに沿線を見て周りましたが、この辺りの桜はもう少し先のようです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/03(金) 13:47:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ラッセルの帰還

昨日の話になりますが、高山にて冬季常駐体制にあったDE15 1541が、その任を解かれ、所属区である美濃太田に帰還しました。
美濃太田
4月1日恒例の回送と言えば、以前は飯田線のクモヤ145形もありましたが、あちらは一足早く引退。今年はラッセルのみとなりました。昨年度、JR東海では機関車の淘汰が一気に進み、気がつけば稼動状態にあるのは、このDE15 1541号機のみ。しかしこの車も前回の全般検査が平成14年と、そろそろ期限切れになりそうな感じ。JR東日本のENR-1000を視察したという話もあり、状況はあまり芳しくないようです。何はともあれ、同車の今後の動向が気になるところです。


おまけ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/02(木) 20:14:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電