As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

7700系も白帯復活 7711Fが白帯車に

来月10、11日に運行予定の「ありがとう パノラマカー 第5弾イベント」では、7700系白帯車との併結運転がアナウンスされていましたが、昨日の内に新川検車区に入場した7711Fに白帯が配され、直ちに運用を開始。今日は犬山を基点に、犬山、広見、各務原線を走行しました。
善師野~西可児
イベントより10日程早い復活。先に白帯を復活させた7011Fは定期の運用を持ちませんが、この7711Fは定期運用でほぼ毎日走行。前回のダイヤ改正で運用線区が拡大し、急行運用も担当する事となった7700系。暫く、その動向に注目してみたいと思います。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/30(火) 18:37:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年 自衛隊機材輸送②

今年の自衛隊機材輸送。私は仕事との兼ね合いで遠方の撮影地へ追っかけする事は叶いませんでしたが、代わりに編成を見てきましたので紹介します。

一番目立ったのが、機関車すぐ後ろのチキに積まれていた「78式戦車回収車」。
78式戦車回収車
活動に支障をきたした戦車の救援を主な任務とし、写真ではシートに覆われて確認できませんが、車体上部に吊り上げ用のクレーンを装備。ライト上部見える筒状の物体は自衛用の発煙弾発射機で、支援車両ながら今回の輸送の中では一番物々しく見えます。なお、車体表記から察するに、春日井に駐屯する第10後方支援連隊、第1整備大隊の所属と思われます。

後方から
78式戦車回収車
車体中央に牽引用フックが見える。なお、今回の輸送に際し履帯(キャタピラ)は外されています。理由は定かではありませんが、ドーザも外されている事から重量軽減を狙ったものでしょうか(チキ7000形の荷重は35t、対する78式戦車回収車の自重は38.9t)。

他のチキは、全て「資材運搬車」でした。
資材運搬車
機材輸送列車では常連とも言える車両。その名の通り、主な任務は荷資材の運搬。

後ろから
資材運搬車
こちらの車体表記は、35普-本。第35普通科連隊を支援する、第3普通科直接支援中隊の所属と思われます。

トラ45000形には小型ショベルドーザを積載。
小型ショベルドーザ
こちらも資材運搬車と同じく、機材輸送列車でよく見られる車両。車体表記は、10後支-衛。衛生隊?
車体表記に関しては私もそれ程詳しくないので、あくまで参考程度に。詳しい方のご指摘、ツッコミ等お待ちしております・・・。

機材輸送列車の復路は夏場に運転されるのが通例となっています。但し、復路は船舶など別の手段を用いた事もあるので何ともいえませんが、今回はどうでしょう。ともあれ、今年の自衛隊機材輸送は名古屋地区の部隊が展開する事もあり、私にとって何時になく関心を引く運転となりました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/29(月) 13:31:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009年 自衛隊機材輸送①

本日午前、稲沢発で自衛隊機材輸送列車が運転されました。
稲沢~清洲
この列車は、陸上自衛隊の「共同転地演習」に伴い例年この時期に運転されるもので、今回は稲沢始発となりました。共同転地演習とは、陸自が国内のあらゆる事態に対応するために、即応性の向上を図る事を目的とした訓練で、平たく言えば部隊の移動訓練でしょうか。航空自衛隊の輸送機や海上自衛隊の輸送艦のみならず、民間の船舶や鉄道をも利用する、かなり規模の大きなものです。報道発表では「第1次協同転地」として6月24日から8月2日まで、中部方面隊第10師団から約4,000人が参加となっており、今回の積荷も、守山駐屯地に配備されていると思われる装備品が確認できました。

今回の列車、牽引機はEF65 1094で、チキ7000×7両と、トラ45000×6両での運転となりました。詳細はまた後日に。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/28(日) 18:29:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

本日の7011F団臨

引退まで残り二ヶ月余りとなった7011Fですが、今日は久々に団体臨時列車として運行されました。走行区間は三柿野~新可児~新鵜沼で、梅雨の合間、快晴の下を駆け抜けて行きました。
夢
系統板には「夢」の一文字。下部には小さく、向かって左に走行区間である「三柿野-新可児-新鵜沼」、右に「2009・6・27」と今日の日付が記されていました。今回の団体は鉄道趣味団体ではない為か、展望席に見えるカメラも僅か二台。代わりに子供さんの姿が多く見えました。

系統板がシンプル且つ分かりやすい物だったので、復路は普通に編成撮り。
西可児~善師野
展望席の方々の笑顔と、最後尾で先程の子供さん達が手を振ってくれていたのが印象的でした。これも団体列車ならではですね。


話は飛びますが、明日早朝に名古屋地区で、DMVを扱った番組が放送されます。詳しくはこちら

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/27(土) 18:15:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アフタヌーンおおぼけ⑦

高松を出た列車は、多度津にも停車。ここから参加される方も乗せて土讃線へと入ります。この列車の見所の一つが、善通寺、琴平の通過。全体的にはのんびりダイヤなのに、特急停車駅をスルーする暴挙。定期列車では味わえない醍醐味です。

正確な場所は失念しましたが、この辺りで弁当が配られたと思います。
おおぼけ味めぐり
大歩危の食材に、名物?の妖怪茶。弁当は、紐を引っ張ると暖められるタイプの物です。

この駅弁は、今回の企画に合わせて特別に用意されました。
掛け紙
掛け紙も、本格的な物です。高松駅弁謹製のこのお弁当。非常に美味しく頂きました。美味しくて、中身の写真を撮るのを忘れてしまうくらい・・・。

他に、参加記念品も頂きました。
記念品
帰宅してから広げて撮影したものですが、記念サボに車番のステッカー。それから海外SLの写真集に記念のタオルも。当日は雨に打たれる事もあったので、このタオルはありがたかったです。コトラさんは、掛け布団として使用していましたが・・・(謎。下にある記念乗車証は表裏です。
なお、今回の「アフタヌーンおおぼけ」の企画は、坪内氏の御尽力は勿論、多くの方々の支えによって実現したもので、記念乗車証にも、坪内氏からJR四国本社の皆様、高松運転所、高知運転所、多度津工場の皆様、阿波池田駅、ワープ香川中央支店、かずら橋タクシー、サンリバー大歩危、歩危マート、高松駅弁さんへの謝意が綴られていました。

多度津の次の停車駅は讃岐財田。讃岐財田
ここまでは、特急よりも停車駅の少ない速達ダイヤで走行しましたが、ここからスローライフに。讃岐財田の停車時間は50分弱。この間は対向の特急列車を待避しつつ、撮影会となりました。

色々あった中から、幾つか紹介。
讃岐財田
確かにこの車両の設備なら快適そうですが・・・。客車のシュプールも、随分前に消えてしまいました。

続いては温泉。
讃岐財田
昔は、団臨でも特製のヘッドマークを掲出する列車が有りました。最近は、鉄道趣味団体くらいしか見かけなくなりましたね。

またもや温泉。
讃岐財田
是非、富山地鉄直通で(ぉ。地に置かれているマークが走行中に掲出される日は来るのか、個人的に期待。

讃岐財田から終点の大歩危までは、フォトランバイを考慮したダイヤで運転されました。タクシー等を手配すれば、追っかけによる走行撮影が可能なダイヤですが、それ用のバスも用意されていました。
かずら橋タクシー
なんとボンネットバス。私は飲酒していた事と、雨混じりの天候だった事から乗車はしませんでしたが、今考えてみると乗りたかったなぁと、少々後悔。

列車が発車するより、一足先に出発。
讃岐財田駅前
昭和の撮影と言ってもバレないような光景。

バスを見送った後は車内に戻りました。撮り鉄がメインな私ではありますが、乗り鉄の旅の味わいも捨てがたい。アフタヌーンおおぼけは、結局全区間乗車しました。
乗りと言えば、讃岐財田からは特別な方が乗車。
讃岐財田

かくしてその正体は
コトラさん
駅長猫のコトラさんです。旧 片上鉄道 吉ヶ原駅に非常勤で勤務されている元祖駅長猫。片上鉄道は、1991年(平成3年)6月に廃止された岡山県の鉄道ですが、廃線後も片上鉄道保存会の手によって、吉ヶ原駅で保存活動が行われています。コトラさんは、その吉ヶ原駅の駅長で、凶悪なまでの愛嬌で保存活動を見守っているようです。興味のある方は、下記サイトをご覧になってください。

片上鉄道保存会

駅長猫コトラの独り言~旧 片上鉄道 吉ヶ原駅勤務~

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/25(木) 22:05:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アフタヌーンおおぼけ⑥

少々間が空きましたが、アフタヌーンおおぼけに戻ります。
5/17に運転されたDE10+12系改高知車3両による団臨「アフタヌーンおおぼけ」。運転区間は高松~大歩危で、途中から乗客が走行写真の撮影も出来るようにと、非常に時間に余裕のあるダイヤで運転されました。私も主催者様のご厚意により参加させていただきましたので、簡単ながら追々紹介したいと思います。

編成は、DE10 1095+スロフ12 6+オロ12 10+オロ12 9。
スロフ12 6とオロ12 9は、2+1の3列シート。
12系改 高知車
なんとなくクラシックな雰囲気ですが、ヘッドレスト横に読書灯が付き、リクライニング角の深い快適なシートでした。

グリーン座席と言えば、フットレスト。
12系改 高知車
前の座席下部に有る印象が強いのですが、この12系改は独立して置かれていました。座席の向きや角度が変わっても好みの位置に置けるので、非常にありがたいアイテムです。

オロ12 10はお座敷カーペット車。
12系改 高知車
カーペットをパーテーションで区切る造りになっていました。

サボ受けには、今回の列車名の入った専用サボが。
サボ
このサボ、欲しかったなぁ。

何故か一箇所のみ松山行きに。
サボ
こちらのサボは後述しますが、参加記念品としてムーンライト高知とのリバーシブルになっている物を頂きました。

今回の列車、サボには指定席とありましたが、座席は全車自由席扱いでした。私は知人と同行なので、オロ12 9に乗車。
阿波池田
この車両は、改造によって切妻エンドになったのが特徴。

列車は9時5分に高松駅を発車。大歩危まで5時間近い旅の始まりです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/24(水) 20:04:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

7043F 名電築港へ廃車回送される

2つ前の記事で触れた7041Fですが、昨日の夜に豊明から回送され、舞木検査場に入場しました。そしてその約1時間後、7041Fと入れ替わるかのように7043Fが舞木から出場し、大江まで走行。今朝になって大江から東名古屋港まで廃車回送され、最後は軌陸車によって名電築港の解体場に運び込まれました。
東名古屋港
7043Fの最終運用は、東名古屋港行き回送。

電源が落とされる直前、最後の1枚を。
東名古屋港
この後パンタグラフを下ろし、長年の活躍にピリオドが打たれました。

東名古屋港駅から解体場となる名電築港までは、軌陸車が牽引。
東名古屋港~名電築港
別れを惜しむかのような涙雨が落ちる中、ゆっくりと牽引されて行きました。

廃車回送らしく、幌は全て切られていました。
幌切り
幌切りは大江で実施されたと思われますが、短区間ながらこのような姿で走る姿は、どこか痛々しくあります。

小さい体で懸命に牽引する軌陸車。
名鉄の軌陸車
全Mの4両編成を牽引する力持ち。ゆっくりとした速度で名電築港へ。しかし、涙雨が号泣ばりに強くなる中で名電築港に進入しかけたものの、そこから進まず立ち往生。それはまるで、己の運命を悟った7043Fが、最後の抵抗を試みたかのようにも見えた(実際は曲線抵抗と、濡れた線路での空転が原因と思われます)。

結局列車は一度曲線手前まで後退し、再度進入を試みる。
再進入
一回目より速めの速度で進入し、勢いに任せて一気に駆け抜けて行きました。

7043Fは、最後まで定期運用に就いていた3編成の内の1編成で、運用離脱してから半年余りの歳月を経て、1番初めに廃車解体の運びとなりました。7041Fも舞木に入場した以上、そう遠くないうちに廃車回送されると思われます。引退後も暫く留置され、機能保全や検査回送など、時には走行シーンも見られたパノラマカーですが、イベント用に残されている7011Fも8月30日の引退がアナウンスされている事から、本線上から名実共に姿を消す日は、そう遠くない所まで来ていると言えるでしょう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/22(月) 15:00:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

明知鉄道 DMV実証実験を実施へ

既にご存知の方もみえると思いますが、明知鉄道でDMV(デュアルモードビークル)の実証実験が行われる事が決定されました。走行区間は岩村~明知で、往路を線路走行、復路は道路走行で戻る予定。まず、秋に夜間の試験走行を行い、春先にモニターを乗せて昼間試練を実施するとの事なので、昨年度に行われた天竜浜名湖鉄道での実験と、同様の手続きを踏む事になりそうです。

参考までに、昨年度に天竜浜名湖鉄道で行われた実験の様子。
三ケ日
この時は県知事を筆頭に地元の行政関係者の他、一般公募のモニターも乗車。天竜浜名湖鉄道の実験は、最初の夜間走行が10/21.22の深夜に、実際にモニターを乗せての実験が1/31~2/2に行われています。
このブログでも過去に紹介していますので、参考までに。
天竜浜名湖鉄道 DMV実証実験 ①
天竜浜名湖鉄道 DMV実証実験 ②


実験は、道路走行から線路走行に移行する、モードインターチェンジの手前から始まります。岩村駅の場合、駅舎横の材料線辺りがスタート地点になると推測されます。
三ケ日
使用車両は、天竜浜名湖鉄道と同様の「DMV901」。明知鉄道の最も勾配の大きい区間は通りませんが、山岳路線での走行が特筆されます。

せっかくですので、お蔵入りとなっていた写真でも。
DMV901
運転席はマイクロバスそのものです。種車がマイクロバスなので、当然と言えば当然なのですが・・・。

なので、座席もそのままマイクロバス。
DMV901
座り心地に於いては、鉄道車両より若干劣る事になります。

目立つ固有装備としては、これ。
DMV901
右側の手動スイッチ類は、準備工事なのか貸し出しに対応した為なのかは分かりませんが、表示のみになっています。モードチェンジそのものは、赤い非常停止ボタンの右にあるスイッチ一つで動作します。

そのモードチェンジ時に必要な動力を確保する為に、アイドリングの回転数を調整する装備も。
DMV901
リフトのようにアクセルを吹かせば良さそうなものですが、何らかの理由で必要なのでしょう。誤操作を防ぐ為か、キーロック式になっています。

明知鉄道では以前よりJR北海道と連絡を取っており、今回の実験も突拍子に決まったのではなく、関係各社の方々のご尽力により実現の運びとなったものです。DMVに関しては、法整備を含めクリアしていかなければならない課題も残っていますが、地方の交通インフラ維持の選択肢の一つとして、その存在が大きくなっていると言えるでしょう。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/21(日) 13:57:35|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:3

7041F 布袋を発つ

昨年末に定期運用を離脱して以来、半年以上に渡って布袋駅に留置されていた7041F。昨日午後に布袋から犬山検車区に回送され、通常の検査回送かと思いきや、今日になって犬山検車区から豊明へと回送された事から、どうやら廃車に向けた動きと思われます。
犬山線ラストラン
名鉄の廃車に向けた作業は順送りで行われている事から、現在舞木に入場中の7043Fにも、近々動きがあるかもしれません。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/20(土) 22:30:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

209系2100番台 配給輸送される②

配給
聖高原駅での待避を利用して、209系2100番台の細部を観察してみました。

一番目立つ変更点は、フロントマスク周辺でしょうか。
209系2100番台
スカートが大型の物に、表示器も幕からLEDに交換されています。

車番ですが、削った後に書き直す、ある意味やっつけ的な処理がなされていました。
聖高原
写真は1号車。車番は1号車から順にクハ209-2141+モハ209-2169+モハ208-2169+クハ208-2141となっていました。

座席は中間車はロングシートのままで、両端の先頭車の中央部分が、ボックスシートに交換されていました。
209系2100番台
大型の窓に合わせて設置されており、視界はかなり良さそうです。

2号車には、新たにトイレを設置。
209系2100番台
窓を埋めた後が、かなり目立ちます。
他にもあるかもしれませんが、当日気が付いた点はこんなところでしょうか。

速度が遅めの配給列車は、特急のみならず、快速列車にも道を譲ります。
聖高原
篠ノ井線名物? 朝の快速運用。

この後は、聖高原~坂北の有名撮影地を飛ばして一気に南下。数年前にD51を撮影した場所など横目に懐かしさを感じながら、田沢~平瀬(信)へ。
田沢~平瀬(信)
この辺りから薄日も差してきたのですが、急遽出勤の可能性もあったので今回の撮影はここで断念。泣く泣く帰宅となりました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/18(木) 23:58:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

209系2100番台 配給輸送される①

長野総合車両センターで房総地区用に改造され、新たに2100番台を名乗る事となった209系が、本日朝に長野を発って、新たな所属先となる幕張車両センターまで配給輸送されました。先月の「おおみや鉄道ふれあいフェア」での目撃情報などで既に話題にはなっていましたが、この209系2100番台の登場により、今後は113系や211系の置き換えが進んでいくものと思われます。

篠ノ井、中央本線経由とあって、撮影は姨捨から始めようと思ったのですが、多少ながらモヤがかかって露出も厳しかったので、無難に駅撮りからスタート。
冠着
撮影データは、ISO200でF8の1/20秒。姨捨よりは明るめに見えましたが、それででもこんな露出です。なお、今回の牽引機はEF64 1030号機。双頭連結器を装備し、JR東日本の配給輸送で多々活躍している機関車です。

追っかけて2枚目。
冠着~聖高原
とりあえずISO400、絞り開放で。それにしても、最近は本当に太陽に縁の薄いワタクシ。今日もご多分に漏れず、白い写真が仕上がりました(泣。

振り返って後追いで。
とりあえず撮り
帯の色が違うだけでも、随分と印象が変わって見えます。この後、聖高原駅で観察してみましたが、それはまた次回に。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/14(日) 16:54:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

凸と凹

今朝は5時前に目が覚めた。頭か痛く、体もだるい。あぁ二日酔いって奴ですね。お酒はとっても美味しいけれど、程々にしておかないと,漏れなくこいつも付いてくる。分かっちゃいるけどやめられない・・・。正直、布団から離れたくなかったのですが、せっかくの目覚めなのでそのまま起床。昨晩運良く見られたデキを今度は明るい時間にと、のそのそと出かけて来ました。
デキ306+ホキ*3+デキ602
デキ306とデキ602のPPによるホキ工臨。名鉄の工臨は機回しを省略する為、デキ2機によるPP運用が基本。昨晩はホキにバラストを満載していましたが、今朝は空。どこかでバラストを散布をした後の、帰り道運用のようです。

追っかけて、後追いでも撮ってみる。
犬山
後補機はデキ602。ちなみに昨晩の銘板画像はこのデキ602の物で、上の写真のデキ306の製造は昭和3年(銘板は無い?)。裏方の事業用車両ではありますが、名鉄では今もこのような貴重な車両が、本線上を走行する姿が見られます。

参考に、デキ602の銘板。
デキ602
流したつもりがそんなには・・・。銘板は車体中央ではなく、車端寄りに付いています。


凸を撮った後は凹を。
坂祝~鵜沼
R3編成。6日に下って行った工臨の返却回送ですね。露出が厳しかったので、ISO400で撮影。

追っかけて2枚目。
鵜沼~各務ケ原
先程、と言うより早朝の凸の時よりも暗い・・・。撮影はここで断念して、早々に帰宅しました。


3つ前の記事でミキ300-103について書きましたが、9日夜に三木を出発した旨が報道されていました。HPの案内も再び編集され、当初の発表通り明日の午前中に載線作業が行われるようです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/10(水) 19:31:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

今日は仕事後に、会社の職場の食事会。焼肉食べて麦酒を飲んで、久し振りに酔いました。そんな折、帰宅途中の乗り換え駅で、ちょっと珍しい車両に遭遇。
東芝戦時形電機
こんな機関車が、まだ現役で走っている事に驚きです。、

写真は名古屋鉄道、デキ602の銘板。東芝が東京芝浦の地名を略したものである事は、この銘板からも読み取れる。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/09(火) 23:47:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

7000系 Birthday Run

今日は名鉄主催の企画「ありがとう パノラマカー 第4弾イベント」として、7011Fが豊明~犬山~新可児~犬山~新鵜沼の行程で走行しました。これは7000系パノラマカーが、この6月で登場から48年が経過した事を記念したもので、系統板には「48th Birthday Run」の文字が入れられました。今回の走行で特筆されるのは、その走行区間。豊明発の新鵜沼行きで、ありがとうパノラマカー企画としては、初めて名鉄名古屋駅を通過するルートとなりました。また、途中の布袋駅では、先に引退した7041Fと並んでの撮影会も催され、多くの鉄道ファンで活況を呈していました。

と言う訳で、撮ってきた物を。
布袋
7041Fですが、7011Fが到着する30分以上前から準備がなされ、パン上げで電源を入れたうえで前照灯を点灯。最初はなぜか一灯のみテール(上の写真の向かって右)状態でしたが、デジカメのせいか色が殆ど分からない・・・。勿論すぐ直されました。架線位置の関係で、パンが少し傾いていますね。

そして本命の7011FがMHを吹鳴しながら到着。
布袋
布袋駅1番線の停止目標は本来はもっと先なのですが、7041Fとの並びの撮影が可能になるよう、今日は真横の位置で停車。そのまま撮影会となりました。

今回の系統板。
7011F 48
今も色褪せない名車。半世紀まであと一歩でした。今回の走行ですが、系統板は前後共同じ物で、全区間この板を掲出しています。

後方からも撮ってみました。
布袋
今日の布袋駅は、撮影者と参加者で大盛況。とにかく人、人、人でした。

名鉄からは次回の企画はまだ公表されていませんが、毎回ちょっとした見所を加えてきていますので、次回の発表を楽しみに待ちたいと思います。

パノラマカーの後は、帰り掛けの駄賃にキヤ97形のレール宅配便を。
生首3号
この時期、高山線内では晴れると辛いです。順光の場所に陣取った筈が、影が伸びるのが早く、結果はご覧の有様。最近はとにかく晴れないジンクスがつきまとっている私ですが、晴れても影が伸びて来て撃沈とは・・・なんのかんのでいつも通りになりました(泣。

私信
川向こうの大先生、ブツありがとうございました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/06(土) 20:42:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

三木鉄道ミキ300-103は、ひたちなか海浜鉄道へ

2008年春に廃止となった三木鉄道。ここで運用されていたミキ300形のうち、現在は104が北条鉄道、105が地元の樽見鉄道で活躍しているのはご承知の通りかと思いますが、最後まで去就の決まっていなかった103が、茨城のひたちなか海浜鉄道に売却される事が正式に発表されました。これで、全てのミキ300形の行先が決まった事になり、各々の車両が転職に成功したと言えるでしょう。
今月9日に三木を出発し、11日にひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅にて載線作業が行われるようです。ひたちなか海浜鉄道のHPで詳細が掲載されていますので、興味のある方は是非。塗装は三木鉄道時代のままで、今夏の営業運転開始を目指すとの事です。全てのミキ300形が当面三木鉄道カラーで活躍するとなれば、鉄道趣味的にも嬉しいニュースですね。


参考までに
このブログでも、過去記事で樽見鉄道へ渡ったミキ300-105を取り上げています。
ミキ300形関連記事

ひたちなか海浜鉄道とはどんな所なのか。当へっぽこブログからリンクさせていただいている、「続-はいしゃさんの鉄なブログ」に、同鉄道が紹介されていますす。
「続-はいしゃさんの鉄なブログ」の、ひたちなか海浜鉄道記事
社長さんが直々にコメントを寄せられています。

搬入が11日との事ですので、東海地方を通過するのは10日くらいでしょうか。私にとって10日は公休ですが、11日はお仕事。有給申請通ったら出かけてみようかな・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/04(木) 15:20:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

本日の撮影行

今日は久し振りに木曽川へ行って来ました。
岐阜~木曽川
683系2000番台付属編成による3+3の団臨。普段のしらさぎでは見られない組成ですが、曇天で鏡も歪んで何だか微妙・・・。

続いては、キヤ97形R2編成。
岐阜~木曽川
昼頃には風と小雨で水鏡が割られ、仕方ないので平凡撮り。あまりの変貌に落胆・・・。最近このブログの写真は曇りばかりで写真も真っ白。昨日は晴れましたが、こちらは逆光でむしろ曇って欲しかったパターン。とことんツキがないようです。

午後からは場所を移動。曇りならではの場所で貨物を狙いました。
トップナンバー
100番台のトップナンバー。この機関車の活躍も、既に20年を越えています。

そして今日の本命となった、春日井貨物。
春日井貨物
ワムが長めだった事もあり、なんとかS字に撮れました。PF牽引が所定の春日井貨物ですが、中央線のPF運用は、時々EF64形が代走しています。今日の牽引はEF64 31号機、つい先日まで34号機と組んで原色重連として注目されていた同機ですが、昨日から運用を開始した1000番台の1024号機と1026号機と入れ替わるかのように重連解除。原色の片割れであった34号機が、稲沢駅近くの休車群の中に放り込まれた事もあって、0番台では唯一稼動状態にある原色機と言えるかもしれません。ただ、今日の朝方に1024号機と1026号機が運用中に何らかのトラブルが発生し、中津川で運転を断念。臨単で稲沢に戻されるといった事態が発生していますので、今後の動向に何らかの影響が出るかもしれません。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/03(水) 20:42:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

EF64-1000 中央西線での運用始まる

今日の中央西線81レの牽引機は、EF64 1024+EF64 1026でした。
西線デビュー
都合により逆光の下での撮影になりましたが、1000番台の西線デビュー列車です。高崎機関区から愛知機関区に回送されたものの、1ヶ月以上動きのなかった1000番台ですが、ついに今日から運用開始。稲沢には、今日の2機以外にも回送されていますので、今後は逐次投入されていくものと思われます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/02(火) 17:35:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電