As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

そよ風トレイン117

今やJR東海では唯一のイベント用車両と言える117系S9編成「そよ風トレイン117」。長年飯田線で運行されてきた「トロッコファミリー号」の後を継ぐような形で登場し、豊橋~中部天竜間の多客臨として活躍。来月には団臨での運用や、飯田線北部で「駒ヶ根トレイン117」として飯田~駒ヶ根間の多客運用の予定もあり、着々と活動の場を広げつつあります。かつてのユーロライナーやリゾートライナー、ゆうゆう東海のようなジョイフルトレインの華やかさには少々及びませんが、その系譜に連なる車両として、存分に活躍して頂きたいものです。

と言いつつ、今夏に登場してから約半年。私は乗車も撮影も叶わず、今日まで実車も見た事がありませんでしたが、ようやくお目にかかる事ができました。
S9編成
あれ?なんか色が変。塗色が変更されたのはウィンディスペースである2号車、モハ116-45のみであったと記憶しているのですが・・・。

ちなみに私が前回撮影したS9編成。
S9編成
佐久間レールパークの閉園に合わせて運転された「佐久間レールパークフィナーレ号」。この時はまだ、「そよ風トレイン117」に改造される前なので、改造直後の写真を撮り逃した事になります。何事も、いつでもではなく早々に、ですね。

今日は遠目に外から眺めたのみなので、3号車のモハ117-45の変化が外観のみなのか、内装にまで手をつけられたのか、詳しい事は分かりません。ともあれ、いきなり驚きと興味を引き付けられた、私のS9編成初撮影でした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/27(木) 18:33:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

マルタイ甲種の動画

甲239.240をまとめてみました。甲種の動画と言うよりは、警笛詰め合わせみたいになってしまいましたが(汗。
パソコン更新後の初動画。環境が変わり使える機能が増え、編集が非常に楽になりました。

なお、当ブログはIE8で125%拡大表示という中途半端なサイズに合わせて作成されています・・・多分。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/19(水) 15:19:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マルタイ甲種② 甲240

今回は、甲239に続けて運転された甲240の様子です。

まずは15日に大江埠頭から東港まで、ND552 7の牽引によって輸送されました。
名電築港
今回のマルタイは、08-475。分岐器の作業も可能なスイッチマルタイで、2両で構成されています。

例によってインド製。シッピングマークは2両それぞれ別個に貼り付けされていました。
08-475
こちらは本体に貼られていた物ですが、表記は前回と特に変わりはないと思います。

付随車に貼られていたシッピングマーク。
08-475 マテリアルワゴン
マテリアルワゴンとあります。詳しくは存じませんが、運搬台車と言ったところなのでしょうか。

車票も確認できました。
甲240
この甲240は16日に笠寺を発車して駿河小山へ向かっていますが、その前行程の東港→笠寺の輸送は確認していません。列車指定を見る限りでは夜間のようですが、詳しい方のご教示、お待ちしております(汗。

今回の甲種輸送、午前中に笠寺を発車して駿河小山に向かう予定になっていましたが、発車時間になっても牽引機が到着出来ず大幅に遅延しています。これは朝方に清洲駅構内で発生した輸送障害の為で、貨物列車が機関車故障で立ち往生して本線を塞いでしまったとか。余談ではありますが、稲沢から出た救援機が、前日に甲239で笠寺→稲沢を担当したEF66 32号機だったようです。

いつやって来るかわからないので、その間にマルタイのみの姿を撮影。
甲240
2車体で構成される大型の保線車両。マテリアルワゴンとある付随車がどのような役割を担うのか、一度作業を見てみたいものです。なお、この写真は9時頃の撮影になりますが、この頃はまだ、雪も小降りでした。

結局、EF65 1055号機の単機回送が姿を現したのは11時頃。到着後は直ちに連結作業が行われました。
甲240
二時間も経たないうちに景色は一変。雪が本降りになり、時に視程も悪化。旅客列車の遅れも拡大していきました。

そのような状況の中で笠寺を正午過ぎ発車の手配がとられたようですが、時間になっても列車が動く事はありませんでした。
雪抑止
雪が更に強くなり、写真を撮ってもご覧の有様。この降雪により踏切の障検誤作動が頻発したようで、結局抑止されてしまいました。JR東海の運行情報にも遅延理由として、踏切点検の案内がありました。

この日は仕事との兼ね合いもあり、発車を確認する事なく現地を離れましたので正確な時間は分かりませんが、夕方に笠寺を発車し、西浜松での待機時間を削って調整する事で、以東は予定通りのダイヤで走行したようです。
前日の甲239は共和駅での人身。この甲240は清洲駅での輸送障害と降雪と、両日とも大幅にダイヤが乱れる中での撮影になりましたが、遅れや次列車、その場で急遽設定される列車の案内に追われる駅員さんや、現場で踏切点検や分岐器の不転換の予防措置を取られている方々には、頭の下がる思いです。お疲れ様でした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/17(月) 11:52:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マルタイ甲種① 甲239

15日.16日と続けて2本、名古屋臨海鉄道の東港発でマルタイの甲種輸送が行われました。2日連続の発送となった今回の甲種輸送ですが、まずは先行の甲239について紹介したいと思います。

まずは14日、大江埠頭から東港まで、名鉄築港線~名臨海東築線を通り東港まで運ばれました。
名電築港
マルタイは、プラッサー&トイラー社製の08-1X。

車票は見当たりませんでしたが、シッピングマークは確認できました。
シッピングマーク
今回もインドから海路で大江埠頭まで運ばれ、そこからオンレール輸送。大体の所は、以下の過去記事を参照してください。
甲104 マルタイの甲種輸送
昨日の名電築港
この区間の牽引、今回はND552 9でした。

日が変わり翌15日、ND602の牽引で東港から笠寺まで走行。
東港
ND602は、現時点で名臨海の最新鋭機。初号機のND601とは異なり。、黄土色のような帯を巻いているのが特徴ですが、この写真では分かりませんね(汗。

笠寺からはEF66 32号機が引継ぎ、稲沢まで輸送されました。
名古屋
この日は共和駅構内での人身事故の影響でダイヤが大幅に乱れていましたが、甲種輸送はほぼ予定通りのダイヤで走行しています。

そして今日の夕方、稲沢から目的地である多気までの輸送が予定されていますが、私は仕事で行けませんので、今回の記事はここまでです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/16(日) 15:48:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小田急VSE甲種と名市交7101F試運転

今日は小田急の50000形、VSEの甲種輸送がありましたので、浜名湖まで出かけてきました。風が強く雲の流れも速かった為、天候は晴れたり曇ったり。かなり気を揉みましたが、通過時はギリギリ晴れてくれました。
弁天島~新居町
今回の甲種輸送はD-ATS取付け改造の為の、日本車輌への入場回送。既に何編成か同様に甲種輸送されているので撮影者は少なめかと思いきや、平日にも関わらず多数の撮影者で賑わったのには驚きました。これもVSEの人気の成せる技なのでしょうか。前面展望を捨てた名鉄と、その伝統を継承している小田急。この車両を見ると、少々複雑な思いも過ぎります・・・。

何はともあれ、甲種の撮影はここで終了。そのまま北上して名鉄の舞木検査場に立ち寄ってきました。
舞木検査場
名古屋市交通局の7000形7101Fが検査入場中で近々出場するとの噂を耳にしていたので、気になって覗いてきました。すると構内で試運転幕を掲出してパン上げ。これは走るぞと思い、急ぎ撮影地に向かいセッティング。

そして予想通り、恒例の試運転ダイヤの時間に7101Fがやって来ました。しかし・・・
マンダ~ラ
線路のみ曇ってマンダ~ラ。なんだかとっても不気味な発色です。明暗逆ならば少しはマシだったと思いますが、これはいけません。と言いますか、SLやまぐちあすか号の時もこのパターンだったような・・・。VSE甲種では絶妙のタイミングで晴れて喜んだのに、半日も経たぬうちに幸福量保存の法則が発動したかのような悲劇。これを斬新な切り口や個性と形容するのは、はい無理~。

本日出かけられた方々、お疲れ様でした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/12(水) 18:45:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ことでんの教習車

パソコン更新に伴いデータ移行に勤しむ今日この頃ですが、なんだか部屋の片付けをしているかのような心境で、懐かしいと思う物が出てきてはそれを眺めて作業は遅々として進まず。今日はそんな感じの一日でした。

今回は、そんな中で出てきた写真を。
ことでん
高松琴平電気鉄道の試運転列車。幕に試運転と掲出されているのに、更に貼り紙を追加。しかも二枚(笑。

正面だけでなく、側面も。
ことでん
全ての扉にこの貼り紙が。よく見ると、斜字で書かれた字体に合わせて貼りも斜めに。全ての貼り紙がこのように微調整して貼られている芸の細かさ。手作り感の中に暖かみがあっていいですね。

ことでんと言えばレトロ車両。4両が在籍し、定期運用は持たないものの、イベント等で今も現役で活躍。
仏生山
写真は手前から5000形(500号)、3000形(300号)、1000形(120号)。全てが近代化産業遺産の認定を受けています。なお、この写真はどつぼ列車運行に伴い特別に催された撮影会で撮影したもので、場所の関係上、通常はイベント等でも立ち入る事ができませんので、念の為お断りしておきます。

レトロ電車の運行は現在も続けられており、スケジュールがことでんのHPで公表されています。乗車も自由ですので、乗りに撮りに、出かけられては如何でしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/11(火) 18:45:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

甲215 213系甲種輸送

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

6日から7日にかけて、春日井から徳庵までJR東海の213系4両が甲種輸送され、近畿車輌に入場しました。

今年の初撮りは、この1枚。練習無しのぶっつけ本番なので、文字通りの初撮りです。
近江長岡~醒ヶ井
牽引機はEF64 1043なのですが、これでは分かりませんね(汗。定番位置からは離れた位置での撮影ですが、この時期の朝方の撮影は制約も多く苦労します・・・。

後追いでも一枚。
近江長岡~醒ヶ井
定番位置を避けた理由はこれだったりします。少し遅れていた事もあり、結構ギリギリの所でした。

今回甲種輸送されたのは、神領所属のH3とH4編成。
H3+H4
理由は分かりませんが、H3とH4の連結面は、幌も繋がれていました。

最後に車票。
甲215
今回の入場は、213系の運用線区変更に伴う転用改造との事ですが、どのような姿になって再登場するのか気になるところです。

前回の鉄からは約一ヶ月。今年の初撮影は、冬の伊吹になりました。写真の腕は相変わらずですが、これも個性と言う事で。本年も辛抱強くお付き合いいただければ幸いです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/08(土) 03:13:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電