As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

キハ25形3編成が新製出場

今回はリゾートしらかみと五能線で更新の予定でしたが、時事優先でキハ25形と日車専用線でお送りします。なんか偉い違いで(ぉ。


本日午前、日本車輌よりキハ25形2連×3本が新製出場しました。
日車専用線
今回出場したのはP3、P4、P5の3編成。これにより昨年11月に出場したP1、P2編成と合わせて2両編成×5本。計画分全てが出揃った事になります。

今回もちょっと観察。
日車専用線
日本車輌からJR東海向けの出場は、基本的に自走です。今回も同様で、日本車輌出場時点で前からP5、P4、P3編成の順に連結。メーカーの関係者と思われる添乗を確認しましたが、連結面の幌は繋がれていませんでした。

機関は常用で450psを発揮するカミンズの高出力エンジン。
キハ25
異常時など必要に応じて520psまで出力する事が可能との事。レール運搬車も空気回路などに独特の仕様がありましたが、最近のJR東海は、さりげなく色々な機軸を盛り込んでくる印象があります。

でもガワはやっぱり313系。
キハ25
車体をそのまま流用しているようで、基本は313系4次車。排気管が妻面に露出している仕様は、今後も続くのでしょうか。

キハ25形は来月より武豊線で運用開始予定になっています。武豊線の電化後は高山線での運用が予定されている事もあり、個人的にその乗り心地は気になるところ。楽しみが一つ、増えました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/23(水) 14:05:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

青森へ① 秋田へ

私事ですが、この二月の三連休に青森まで旅行してきました。11~13日の三連休に14日を足して、正味三泊四日の旅。少しずつではありますが、順に紹介していきたいと思います
とは言え、今回の旅行の主目的は乗り鉄と観光。ロクな写真はございません。いや、それはいつもの事なんですが、今回はそれにも増して適当です。余程お暇な方以外の閲覧は、多分時間の無駄です。それでも・・・という寛大な心をお持ちの方は、お付き合いいただければ幸いです。

今回の旅行はまず、新鵜沼駅5時半発の特急から始まりました。荷物がある時は特急の荷物スペースはありがたいので、ここ最近は殆ど特急利用ですね。前日の帰宅が午前様だったので、実際は快適と言うより睡魔との闘いでしたが、なんとか30分持ちこたえました。ここで寝過ごしたら洒落になりませんし、そこまで体を張ってネタを作る気もございません。過去に一回、そんなヒヤリハットが有ったので、真面目に頑張って起きてました(ぇ。

名古屋からは新幹線に乗り換えですが、その前に切符の変更が有ったので窓口へ。クレジットカードで購入した切符の乗車人数の変更が目的で、前日の出勤前に鵜沼駅へ出向いたものの、時間がかかりタイムオーバーに。処理が色々と面倒なようだったので、30分の乗り換え時間を確保して名古屋駅で再度依頼。しかしこちらも窓口氏がやり方をご存知なかったようで四苦八苦。結局奥から腕章を付けた方のご登場で、20分以上かかってようやく目的が叶いました。処理を始めてからは5分程度だったので、この辺りは改善していただきたい一方、リスク回避の観点からはクレジットカードの使用は控えた方がいいのかもしれませんね。

名古屋からはひかりで東京へ。ひかり早特切符使用でちょっとお安く済みました。今度は終点までの乗車なので安心して爆睡。700系の乗車は久し振りでしたが、中々快適でした。

東京駅では東北新幹線に乗り換えですが、その前に再び窓口へ。三連休のみ使用可能なスリーデーパスの購入が目的でしたが、連休ゆえに待ち時間が長く15分程並びました。旅行社などでも購入可能な切符なのですが、JR東日本管内のみの取り扱いなのが痛いところ。それでも当初は不可能だった旅行開始当日の購入が可能になった事で、私のような管外の者でも使用できるようになったのはありがたいですね。

東京からはこまちに乗車。つばさは全線乗車済みですが、この時は往復共に400系だったので、こまち、E3系ともに初乗車になります。
東京
盛岡までは、E2系はやてと併結。E5系はやぶさとE6系こまちの登場により、やがてはこの光景も過去の物になりますが、個人的には今の落ち着いた色彩の方が好みです。今度のは色が派手すぎて、中華系と言うか何と言うか・・・。

今度も終点までの乗車なので、安心して寝て過ごしました。お陰で前日までの疲労も回復。在来線規格のミニ新幹線ではありますが、こちらも快適でした。しかし・・・
大曲
大曲でまさかの抑止。大雪による奥羽本線の秋田~新庄の運転見合わせによるもので、除雪車が出動している関係で途中駅での交換がとれない為との事。この季節の旅行では想定内ではありますが、今後の予定を変更、割愛しなければなならない可能性を考えると、やっぱりちょっと残念。気を揉みながら待ちましたが、幸いにして30分以内の遅れで大曲を出発したので、大事には至りませんでした。

秋田からはリゾートしらかみに。こまちの到着が遅れたので、接続を取って待っててくれました。
秋田
充当車両は最新鋭のハイブリッドHB-E300系。勿論リゾートしらかみ、HB-E300系共に初乗車です。新幹線に続いてこちらも初乗車になるのですが、ここで愚痴を一つ。私のパソコンで初乗車を変換しようとすると、発情者になるんですよね。俺はヘンタイか(笑。あなたのパソコンはどうですか。

リゾートしらかみ5号は20分程の遅れで秋田を出発。発車時は静かなモーター音のみで、少し経ったらエンジン始動。なんとも気動車らしからぬ車両でした。静粛性はキハ48系改造のブナ、くまげらよりも明らかに上なので、一般の方々にはこちらの方がお勧めです。鉄的にはエンジンの鼓動が感じられるキハ48系だと思いますが(笑。

列車は北上して、五能線の起点である東能代へ。ここにちょっと面白い待合室があります。
東能代
この待合室の存在は、リンク先であるはいしゃさんの記事で知りました。一度見てみたかったんですよね。当方こういうの大好きです。

車内には運転台も。
東能代
リゾートしらかみはキハ48形なのにキハ58とはこれ如何に。

この待合室のモデルはくまげら編成。ブナ編成はスノーエクスプレス十日町で乗車しましたが、くまげら編成は展示会で拝見したのみです。
上野
当時のブログでは取り上げませんでしたが、さよならゆとり踊り子号に乗車する前に、上野駅で催された展示会を見に行っていました。この時からいつか五能線に行って見たいと暖めていた思いが、今回の旅行で叶いました。

次回はリゾートしらかみと五能線を。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/20(日) 23:55:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

そよ風トレイン117に再び小変化

先月末の回送で初めて、モハ117-45の塗色が変更された姿を見せた「そよ風トレイン117」ですが、今日の団臨運用を見て二度ビックリ。今度はヘッドマークが変わっていました。
岐阜~木曽川
駒ヶ根トレインを意識したデザインには見えませんが、マイナーチェンジなのでしょうか。

比較として一枚。
岐阜~木曽川
先月末の交検回送時のヘッドマークは従来のままでした。

短期間での小変化。色々と狙って企画されたと思いますが、こういった目論見は大好きです(笑。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/05(土) 09:22:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

初飛行

非鉄につき、特に更新する記事がありません。ここ最近は仕事が忙しくストレスは溜まる一方。お金に例えたら多分億万長者です(苦笑。その反動なのか仕事休みの日は家でゴロゴロと、完璧なまでの駄目大人。今日も夕方まで布団の住人でした。さすがにマズいので、明日はそよ風トレインでも撮りに行こうと、画策中です。

話は飛びますが、前記事でいのさんのコメントにもあるとおり、先月27日にXC-2の2号機の初飛行がありました。機体の強度問題などで大幅に開発が遅延している同機。初号機は機体に補強を当てる事で飛行にこじつけましたが、2号機は当初より機体強度を上げて製造されたと聞いています。初飛行後の動きが聞こえてきませんが、今後の動向が気になるところです。

初飛行と言えば、曰くつきなのがT-2CCV。話には聞いていましたが、最近になって動画を見る事ができました。XC-2も強度を気にしてなのか、初飛行時はかなりのソフトランディングでしたが、T-2CCVの場合は上がる時からトラブル発生。よくリカバリー出来たものと驚くと共に、何事も無かったかのように淡々と語るナレーションとの違和感がまた微妙です。

XC-2の制式化までまだ先は長いと思いますが、期待しております。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/04(金) 20:23:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電