As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

四国の14系客車の現況(元美濃太田車)

JR東海の14系座席車は末期、青色が3両、ユーロピア塗装が1両の混色編成で運用されていました。
岐阜~木曽川
変則的なユーロサンド? 美濃太田には青とユーロピアがそれぞれ6両ずつ揃って編成美を保っていたのですが、最後は混色になりました。厳密に言えば最後だけではなく、さわやかウォーキンク臨でユーロピア6両に青1両なんてのもありましたが・・・。

上記写真の編成が2005年にJR四国に譲渡されてから6年余りが経ちますが、ここ2年近くは運用も無く高松運転所に留置されたままになっています。今月になってその14系を見学する機会が頂けましたので、簡単に紹介したいと思います。

今回見学したのはオハフ15-1、オハ14-1、スハフ14-1の3両。14系座席車の全形式のトップナンバーで揃えられた豪華?編成。
四カマ
四国では過去にDE10形やDF50形のトップナンバーも在籍しており、美濃太田の保存車両、通称須田コレクションの中で四国から譲渡されたキハ180形もトップナンバー。何気に1番に縁のある土地なのかもしれません。

車内は四国に渡った際も特に手は加えられず、簡易リクライニングシートのまま。
四カマ
長期間運用に就いていない為か車内は若干のカビ臭さがありましたが、状態は比較的良好でした。同時に譲渡された元ユーロピア車スハフ14-5(譲渡後に青に塗り戻し)共々現在は検査切れの状態ですが、いつでも復活できるように維持されているようです。

車掌室も覗いてみました。
スハフ14-1
少々分かりにくいのですが、名古屋車両区のプレートがあります。

同じく車掌室より後方を望む。
スハフ14-1
下部に「お願い この車両だけで給電する場合は調圧器のスイッチを入れてください 美濃太田車両区」の貼り紙が。美濃太田時代からの物なのか、JR四国譲渡の際に貼られた物なのかは不明。

その上面を見てみると・・・。
スハフ14-1
高松運転所の文字が。車掌室にはこの車両の遍歴がそのまま残っていました。

JR四国が14系座席車を譲り受けた背景ですが、噂されていた通りSL運行を見越しての事だったようです。ただ、計画が頓挫して客車だけが宙に浮いてしまい、14系も一回SL運行に就いたものの、後は数回DE10形による団臨が有ったのみ。車両は庫の中に留め置かれているので経年の割には状態は悪くありませんが、今後の去就が気になるところです。

最後はいつもの通り動画です。N2000系の洗車→14系の構内入換になります。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/24(土) 23:20:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

伊予西条での撮影会

2011年9月18日に運転されたメモリアルしおかぜ。折り返し駅である伊予西条では留置線にて撮影会が行われました。列車は伊予西条到着後、駅長の特別の計らいで6番線(留置線)に転線。編成が綺麗に撮れるよう配慮していただけました。

まずはそのまま「しおかぜ」から。
しおかぜ
走行中は全区間このマークを掲出。個人的には「しおかぜ」と言えばこのマーク。

続いては「いしずち」でしたが、事情により割愛します。

次は「アイランドエクスプレスⅡ」。
アイランド
アイランドエクスプレスⅡは通常このマークで運転されますが、緑帯との込み合わせは新鮮です。

4番手は「南風」。
南風 椿
リバイバル・南風1986の際にも掲出されたマーク。1985年に文字のみからこの絵柄に代わっています。

アップで1枚。
椿
椿をデザインした意匠はキハ185系デビュー時から掲出されたもので、そのせいか個人的にはこのマークが一番印象深い。

5番目も同じく「南風」。
88年~
みかんを連想させるかのようなオレンジ色が鮮やか。

こちらもアップで1枚。
エル特急化
1988年の瀬戸大橋開通で岡山発着に変更されたのに合わせてマークも更新。図柄からも分かるとおり、この時にエル特急化されています。

6番目は「しおかぜ」。
みかん
反対側(高松方)、水色のキハ185-17は全区間このマークを掲出。左下にささやかながらみかんが描かれています。

この後はマークを外した状態でしばらくそのまま。そして最後にこんなのが。
うわじま
国鉄からJRに移行した時のキハ185系による一番列車が、この「うわじま」(何号だったかは失念)だったそうです。

反対側からも1枚だけ。
みかん
こちらは終始このままでしたが、よく考えたら復路は全区間乗車したので今回自分が撮影した中でこちら側からの編成写真はこれ1枚のみ OTL。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/21(水) 00:02:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

どつぼ列車第6弾 「メモリアルしおかぜ」

今度は「?」は入りません(何。
2011年9月18日、予讃線の高松~伊予西条において、アイランドエクスプレスⅡを使用した団体臨時列車「メモリアルしおかぜ号」が運転されました。これは鉄道カメラマン(でいいのかな?)の坪内政美氏が手がけている企画「どつぼ列車」の第6弾として運行されたもので、伊予西条駅90周年を記念して、どつぼ列車としては初の予讃線走行となりました。
豊浜~箕浦
スタッフさんと二人、他の方達とは少し離れた所から撮影。どつぼ列車のフォトランバイは、スタッフ氏が案内もされ、撮影もされます。いや、もしかしたら逆かも(笑。

編成は前からキハ185-26+キロ186-8+キロ186-4+キハ185-17で、緑帯のキハ185-26は「かもめヘッドマーク」を掲出。
かもめ
1986年キハ185系導入時に取り付けられていたヘッドマークです。

水色のキハ185-17は「みかんヘッドマーク」を掲出。
みかん
こちらは1988年の瀬戸大橋開通時に取り付けられていたヘッドマークで、列車正面から見ると2種類の「リバイバルしおかぜ」になる趣向が凝らされていました。なお、マークに反射しているがっかりな鏡像は気にしないでください(汗。

余談ですが、アイランドエクスプレスⅡは雑誌によっては欧風気動車4両と記載されていますが正確には中間車のキロ186-8とキロ186-4の2両で、両端に付くキハ185形は機関車扱いとなりトイレを除いて通常客室は締め切りになっています。しかし今回の団臨では、このキハ185形の客室も開放されていた点が特筆されます。

とり急ぎですが、今回はこのくらいで。
さて、勝手連的な宣伝になりますが、来週の23~24日に会津鉄道の列車を貸し切って
がんばれ東北!応援大貸切列車(どつぼ列車×株式会社片上鉄道)÷会津鉄道株式会社=「しらさぎ2号」と銘打って、がんばろう東北!『しらさぎ2号で行く会津』が現在参加者募集中です。当初は8月に予定されていたものの、最小催行人数に満たず今月に再度計画されたもので、18日の時点で既に前回を上回る申し込みとの事。申し込み締め切り自体は明日20日まででまだ間に合いますので、お時間のある方はいかがでしょうか。詳しくは下記を参照してください。

がんばろう東北!『しらさぎ2号で行く会津』  ←日程、申し込みはこちらで。
駅長猫コトラのひ・み・つ♪ ←自分がよく見ているのはもう一つの方ですが、案内はこちらが詳しいので。

どつぼ列車の第1弾は「さよならキハ65・58土佐号」。第2弾は「アフタヌーンおおぼけ」。第3弾は「リバイバル・南風1986」。第4弾は「タラコト秘境号」。そして今回の「メモリアルしおかぜ」は第6弾。抜けている第5弾がこの「しらさぎ2号」になります。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/19(月) 23:17:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名鉄 鉄道の日イベント

名鉄HPによると、来月15日に三柿野でデキ撮影会が行われるようです。
犬山検車区
写真はワム在りし日の犬山検車区。昔はここでの撮影会も有ったのですが、さすがに今は無理かな。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/16(金) 19:41:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日は何の日?

2年前の今日、名鉄7000系が本線上から姿を消しました。
築港線
2009年9月15日、7011F廃車回送。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/15(木) 13:11:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

弘南鉄道のデキホキ

今日もお仕事、北陸行きたかったな・・・(謎。
大鰐線
写真は弘南鉄道のデキED221+ホキ800形。ED221はラッセル車キ105のプッシャーとして有名ですが、時にこんな仕業もこなしています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/11(日) 14:53:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

甲103 213系H5.H6編成甲種輸送

9月8日の深夜、神領所属の213系が甲種輸送により近畿車輛へと向かいました。
春日井
今年1月より順次進められている213系H編成の入場ですが、トイレ設置、砂撒き装置の取り付けが確認されており、今回も同様の改造が行われるものと思われます。

連結面は幌で繋がれていました。
春日井
H5編成とH6編成でした。

車票も確認。
車票
前部山側と、後部海側に掲出。

翌9日、早朝は時折強く雨が落ちる時間もありましたが、甲種撮影時はなんとか上がり無事撮影。
岐阜~西岐阜
ここでは初めての撮影。待ちの時間に後ろから211系0番台が通り過ぎて行きましたが、近々神領への転属が噂されている同車。今後の動きが気になるところです。

岐阜(タ)の停車時間を利用して、追っかけで西へ。本来予定していた撮影地が間に合うかどうか微妙だったので、予定を変更して定番撮影地で本日2枚目。
南荒尾(信)~関ヶ原
先日の台風の影響でしょうか、稲穂の多くが寝込んでいました。それにしてもここでの撮影はラッセル以外は久し振りな気がします。

この後は近江長岡の停車を利用して更に先回り。
醒ヶ井~米原
ここへきてようやく太陽が出てきました。一瞬ここで体験した過去の悲劇が頭をよぎりましたが、薄日の下で無事撮影。

213系の近畿車輛での改造は、飯田線で活躍している119系の老朽化置き換えによるもので、来月からは一部乗り入れているJR東日本で現車、ハンドル訓練が行われるとの事。飯田線への投入時期は不明ですが、そう遠くないのかもしれません。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/09(金) 03:12:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

グランクラス

私事ですが、7月に自身三度目の青森行きを決行しました。一回目は往路E2系はやてグリーン車、復路も同じくE2系はやてで今度は普通車。二回目は往路E3系こまち→HB-300系リゾートしらかみ青池編成、復路は寝台特急あけぼの。そして三回目は往路E5系はやぶさ、復路は寝台特急北斗星。見事なまでにバラバラです。経済的合理性は一切考慮せず、純粋に趣味的見地からの選択。ただ、やっぱりちょっとはお金が惜しいので、三回目は北東北・函館フリー切符を使用。東京~新青森を往復するだけで元が取れてしまうので、中々お得度は高いです。

そんな庶民感覚が抜け切らない私ですが、運よく切符も手配できた事から、乗って来ましたグランクラス。
洋軽食
そして飲んで来ました白ワイン。一本空けたところ、ボトルは記念に頂けました。他にりんごジュースも頂きましたが、これがまた中々の美味。特に案内はありませんでしたが、ワゴンを見るとJAアオレンが誇る酸化防止剤不使用の希望の雫でした。

車両の性格上、車内での撮影は最小限に。でもやっぱり車内の写真は欲しいので、他の方が降りられた後に一枚撮らせていただきました。
グランクラス
グリーン車のもうひとつ上のクラス付けとなるグランクラス。今までにないサービスだけあって評判も多様で、私が乗車した時もアンケートが配布された事から、まだまだ試行錯誤の段階なのかもしれません。ともあれ、機会があれば一度体験してみてはいかがでしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/07(水) 00:19:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

風説の流布?

信じる者は騙される、現実は大抵そんなもんです。今回は(も?)大した話でもありませんので、以上踏まえて適当に流してください(ぉ。

本日某所にて、とある方と少しばかりカメラ談義に。初めはキヤノンのレンズの話で、70-200mmを手始めに先月までに300mmから600mmまでの新製品が登場。この辺りはお値段からして私とは一生縁が無さそうですが、もうずっと更新されていない標準EF24-70mmF2.8はそろそろ出てこないかな・・・と希望的観測。

もう一つはボディ。デジ一眼を始めてからKissデジ一筋で更新してきましたが、以前に比べると使用機会が格段に増えた事から、そろそろミドルクラスが欲しいところ。この辺りは大分前にも書いたと思いますが、結局そのままKissX3を使けて今日に至っております。これはこれでいい機材で、格段の不満と言う程のものはありませんが、連写速度やAFの追従性、暗所での合焦、ノイズなど、欲を言いだしゃキリがない。1Dは給料安いので問題外の外ですが、それ以外なら舞台から飛び降りないでもない。でも5Dはセンサーがフルサイズだから、上記のように大砲レンズを買えない自分には辛い。後継の噂もあってMarkⅢ?いやいや上位でEOS 3Dになるとかそれほんと? EOS 3Dだと銀塩で使ってるEOS 3と揃ってなんかいいかもと思いつつ、望遠が無条件で1.6倍になるAPS-Cの方がいいしなぁ。とりあえず、本当にEOS 3Dなるものが発売されてAPS-Cならば、多分入れ食い釣られます。一番現実的なのがEOS 7Dですが、こちらは発売から日が経って値段が下がってきたと思ったら、春先から反転急上昇。最近はまた落ち着いてきましたが、こちらもそろそろ後継時期? 順当にいけばMarkⅡでしょうけどさてはて。

まぁ連写は有った方がいいのですが、無くても撮れないことはない。暗所の合焦も明るいレンズで割りとなんとかなる。個人的に一番なんとかしたいと思っているのはノイズだったり。
蒸気動車 機関車
画像は2010年10月18日の、JR東海名古屋工場からの蒸気動車の搬出。車体は牽引でしたが、機関車本体はトレーラー輸送でした。この写真も夜間にしてはそこそこ撮れてると思いつつも、路面など暗所のノイズはできれば回避したかった・・・。陸送撮影の御大や諸氏先輩方々の写真に比べると、明らかにノイズが多いです。

こんな感じで腕を機材でカバーしようと思うものの、逆に言えば写真のショボさを機材のせいにできなくなる。そんな理由で結局KissX5辺りになったりして。こんなオチですが、カメラの新機種については著しく適当に書いておりますので、当たっていなくても何の責任も負いません。でも後継機はそろそろ出てもいいのでは?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/05(月) 23:50:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

宿場町トレイン117 

昨日3日より、「宿場町トレイン117」が運行されています。これはJR東海による秋の信州キャンペーンの一環として117系S9編成トレイン117を使用して名古屋~南木曽を1往復するもので、11月13日までの土曜、休日に運転が設定されています。
回送
昨日、今日と台風12号の影響により運転が危ぶまれましたが、予定通り走行しています。

なお、今回の運転に合わせてヘッドマークを新調。
マーク
その名の通り、木曽の宿場町をイメージした絵柄に宿場町トレインの表記。6月に名古屋~醒ヶ井で運行された「ほたるトレイン117」は絵柄こそほたるをイメージしたそれ用の物でしたが列車名の記載はトレイン117で、本拠地の飯田線での運行にも兼用。今回は「駒ヶ根トレイン117」や「水都大垣トレイン」と同様に列車名もそのまま入れられている事から、名実共に専用ヘッドマークと言えるでしょう。

側面には秋をイメージしたラッピング。
秋バージョン
春は桜でしたが、相変わらず芸が細かいですね。岐阜名産の柿も見えますが、こちらは11月に再び運転される予定になっている「水都大垣トレイン」に合わせたものでしょうか。

雨天で露出も厳しかったので、本運転は縦アングルの面撮り1枚のみで。
落合川
平々凡々のガッカリ作ではありますが、まだまだ運転日はありますし、来月からは383系を使用した急行「木曽路クルーズ」の運転も始まります。機会があればまた、出かけてみたいと思います。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/04(日) 21:58:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

メモリアル?しおかぜ

キハ185形緑帯の特急しおかぜ。
讃岐財田
だがしかし撮影地は讃岐財田。その実はなんちゃってしおかぜで、分かる人には分かる今月の前振り。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/03(土) 11:00:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

食堂車

かつては新幹線でも営業していた食堂車も今や希少となり、残るは北海道行きの寝台特急のみでしょうか。お値段が高いという意見もあるようですが、スキー場等と比べたら大差ありません。何より列車内という空間で、その独特の雰囲気を楽しめるのですから、金額の問題ではないでしょう。
グランシャリオ
写真は2011年7月、グランシャリオにて。昨日でまた一つ歳を取った、自分に乾杯(ぉ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/01(木) 13:22:53|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電