As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

119系が引退 119ファイナル号

飯田線で約30年に渡り活躍してきた119系。本日の多客臨「119ファイナル号」豊橋~豊川往復の運用をもって営業運転を終了し、その歴史に幕を降ろしました。
豊橋
写真は豊橋駅にて撮影。往路の下り列車は、時折ホーム内まで雨が吹き込む悪天候の中で運転されました。

今日は最終日という事もあり、雨模様ながらかなりの人出。
豊橋
皆が思い思いに撮影に興じる中、何処を撮っても人人人。個人的には最終日ならではの写真を撮りたかったのですが、この辺りが限界でした(汗。

復路の上り列車の時刻には、雨も上がり晴れてきました。
豊橋
豊橋到着後の入庫待ち。助士席側に花束を置いて、最後の花道を飾りました。

今日は最終日という事で、往復共にお名残乗車。
乗車記念
往路は乗車記念証明書、復路ではヘッドマーク抽選券が車内で配布されました。運転終了後に豊橋駅にて抽選が行われ、告知された実物ヘッドマーク以外にレプリカミニサイズのヘッドマークも5枚用意されましたが、私は掠りもしませんでした。ちなみにヘッドマークが当選した方は、今日以外の119ファイナル号にも乗車し、豊橋駅長が抽選券を引く時に「当ててよ」と声を上げたら本当に当たった強運の持ち主。えらく盛り上がって楽しめました。参加された方々、企画、運営にあたられたJR東海の関係者の方々に御礼申し上げます。

動画は、119系最終営業列車となった、今日の上り「119ファイナル号」の前面展望ノーカット版。途中カメラが数秒余所見をしているのはご愛嬌で(汗。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/31(土) 22:22:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

JR東海のDE15 1541号機はJR西日本へ

昨日の続きから。

DE15 1541号機は一週間前に通った道を戻り、ひたすら飛騨路を行きます。
下呂~禅昌寺
山間部を抜けて下呂に出る頃には天候も回復。まだまだ綺麗な塗装が一層映えます。なお、この写真は今回の撮影行の中で唯一の横撮りです。

追っかけを続け北上するも、飛騨萩原、上呂付近は山が東側に位置する為、朝方は日陰に。その先の宮田の鉄橋は木々が育ち撮影不能と、中々上手くいきません。飛騨小坂から先に線路が東に向かって順光で撮れる有名撮影地がありますが、後々を考えてここもスルー。結局一気に飛騨一ノ宮まで来てしまいました。
久々野~飛騨一ノ宮
山の一部に雪が残っていたので、入るように撮ってみる。桜は流石に蕾でしたが、花開く頃にまた、足を運んでみたい所です。まだ見た事は有りませんが、近くには県内では薄墨桜に次ぐ樹齢1100年を誇る臥龍桜もあります。また、隣市の知人はこの辺りをしきりに聖地と呼んでいますが、こちらは私には何の事だかさっぱり分かりません(ぉ。

ラッセルは高山を過ぎて更に北上。それに合わせて撮影者も北上(笑。この日は二十人位が集まっていたと思いますが、地元の方々に加え、遠く関東からの方も。聞くと追っかけで多い人は15枚くらい撮影したそうで、他の方も大体10枚前後とか。腕も根気も無い私はせいぜいその半分程度なので、走行撮影の紹介はこれくらいで。

今回の撮影行ですが、縦撮りの他に、なるべく人と被らない事を意識してみました。同じだといつも敗北感が゙・・・(マテ。とりあえずそんな写真を猪谷で。
衣替え
猪谷常駐のモーターカーがラッセル、ロータリー装備を取り外し、排雪から通常の保線仕様に衣替え中でした。初めて見ましたが、ラフタークレーンの手を借りる手間のかかる作業なんですね。

そうこうしている間に、ラッセルが猪谷駅に到着。
猪谷
ホームではなく側線に入り停車。暫くしてエンジンカットして手歯止め措置。完全にその足を止めました。

到着して暫くの後、JR東海の工務がDE15に乗り込み何やら作業を始めました。
猪谷
ラッセルヘッド、機関車の両方に乗り込み、点検、確認のような事を。

そして幾つかの装備品が取り外されていきました。
猪谷
一箇所に集められた装備品。列車無線に防護無線、手歯止めなど。

そして前記事で書いたように、札差しから「美」と「JR」の札も抜かれました。
猪谷
写真は部分拡大。

以上のように、猪谷まで回送された後に装備品、所属札を外され、JR西日本関係者2名と申し送りをしていた事から、かねてからの噂通り、DE15 1541号機はJR東海からJR西日本へ譲渡されたと推測されます。
浜松への廃車回送が濃厚と思われていましたが、結果はまさかの譲渡。JR四国への譲渡は12、14系客車がありますが、JR西日本へは前例があるのでしょうか。

試運転時に時に縦列、時に隣に並んだキハ120形とのツーショット。
猪谷
これからもよろしく、そんな感じでしょうか。JR西日本のラッセル置き換えが目的と思われる今回の譲渡。配置区次第では、再び猪谷に姿を見せる時が来るかもしれませんね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/30(金) 19:45:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

JR東海から機関車が消滅 DE15 1541号機が運用離脱

21日に高山から美濃太田に戻ったJR東海最後の機関車DE15 1541号機。今季限りでの引退、そして例年4月1日に行われていた回送が前倒しされた事により月内には再び動く事が予想された同機ですが、今朝になって美濃太田を発ちました。その行き先は・・・JR東海の廃車解体先である浜松工場ではなく、美濃太田駅から進路を反対にとり北上。最終的に猪谷まで運転されました。
鷲原((信)~下油井
朝霧の中ではありましたが、前回失敗した茶畑とのコラボで一枚目。

二枚目は、最後の機会とこの場所で。
下原ダム
完全ではありませんが水鏡に。最後の最後で何とか挽回、通った甲斐がありました。

今日は前回の失敗を失敗としない為に、縦撮りを継続。私個人以外には何の意味もない些細な事ではありますが、負けっぱなしも悔しいので(笑

タイトルに運用離脱と書きましたが、詳細は次回に。
無所属
札差しに差されていた美濃太田車両区所属を表す「美」、そしてJR東海を表すオレンジ色の「JR」の札が抜かれ、これにより、上記所属より離脱したものと判断しています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/29(木) 21:18:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

今年こそは

昨年は中止になりましたが、今年は開催。
2010岩国
行ける見込みになりました。さて宿を・・・て、もうどこも満室(汗。岩国FSD、今から楽しみです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/27(火) 22:15:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ラッセルの帰還

本日午前、冬季体制に就いていたラッゼル車、DE15 1541号機が高山を離れ、美濃太田に帰還しました。
ついに鏡は撮れず
過去何度か水鏡を狙った下原ダムにて撮影。この時期は放水量も多く、元より水鏡は期待していませんでしたが、加えて春一番のような風に煽られて鏡どころか波打つ有様。それでもここは外せず、まずは1枚。縦アングルにしたのは、過去のラッセル回送と同じ撮り方では面白くないので、とりあえず今日は縦撮りにしてみようという、言語明瞭意味不明な思い付きによるものです。

追っかけて2枚目。縦アングル縛りとなると、上が青空下は川を考えていたのですが、白川口付近で方針転換。やや強引ながらアングルを設定して待機。
下油井~鷲原(信)
加茂郡白川町は白川茶の産地として有名(少なくとも地元では)。車両には柵がかかるものの個人的許容範囲内。後は通過を待ち受けるのみ。

まぁこんな前振りをする時は、いつもこんなものです。
マンダーラ

( ┰_┰)

謀ったかのように、直前にお天道様がお隠れあそばしました。手持ちだったので咄嗟に一段絞りを開けましたが、背景晴れててマンダーラ。撮ったばかりなのに、とっても色褪せた写真が出来上がりました。

済んだ事は是非も無し、再度追っかけを敢行して飛水峡で追いついたものの、41号線沿いの撮影ポイントは以前撮った事があるうえに、今日は撮影者で盛況。そのまま通過して中川辺~古井を目指したものの、時間切れにてコンビニ脇で最後の1枚。
下麻生~中川辺
縦に拘る意味が自分でも分かりません。今思えば、被り付いて広角、アオリで撮った方がよっぽど面白い絵が撮れた気がします。しかしラッセルは今シーズンで引退との報道。後の祭りとはこの事か・・・。

近年ラッセルの帰還は4月1日で固定されていましたが、今年は10日程早い帰還となりました。これが今シーズンで引退するが故だとすると、美濃太田に入庫したラッセルの今後の動向が気になるところです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/21(水) 14:10:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

改正で消えた列車 ワム80000形とホームライナー太多

今回のダイヤ改正で引退したのは300系のみにあらず。地元からは2つの列車が姿を消しました。
一つは春日井貨物関連で見られたワム80000形。長年に渡り紙輸送を担ってきた2軸有蓋貨車ですが、近年はコンテナへの移行が進み勢力の縮小が続いてきましたが、この改正でついに消滅しました。
春日井
小さな車体ながら、20両近く並んだ姿は壮観。幼少の頃はよく見られた貨車ですが、そのせいか個人的には茶色のイメージが強く残るワム。いざ見られなくなると、少々寂しくも思ったりします。

春日井貨物では、改正日を前にしてワムの扱いは終了。運転最終日は15日でした。14.15日には、限定的ながらワム80000形の引退を惜しむヘッドマークが掲出されました。
惜別
マークが掲出された両日は、図ったかのように原色PFが充当されました。聞くところによると、改正後は春日井貨物にPFが充当される事は殆ど無くなり、四国での運用に絡んだ差し替えで可能性が残るのみのようです。

個人的にはこのヘッドマークを掲出しての本線運用を期待したのですが、家主とも言えるJR東海から待ったがかかったとか。この辺りは各社の考え方の違いなのでしょうか。
春日井
そう言えば、このステップに乗っての誘導もJR東海では事故の影響により廃止されたようですが、貨物や他社では健在。同じ物を運用するにも、方針の相違が見てとれます。そう言えば、JR東海で唯一残る機関車であるDE15 1541号機が今シーズンで引退すると、JR各社の中で唯一、機関車を持たない会社になりますね。


そして、ひっそりと消滅した列車がもう一つ。
名古屋
名古屋~太多線経由~美濃太田を結んでいたホームライナー太多。個人的には当時珍しかった2両編成での運用が印象深い列車でしたが、晩年は5両編成で活躍。この列車の廃止により、中央線での気動車による旅客列車は消滅しました(検査回送等では残るようです)。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/20(火) 21:56:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年版の貨物時刻表

今月18日にJR各社がダイヤ改正を実施し、市販の時刻表も先月から改正号が出ています。旅客会社に合わせてJR貨物でもダイヤ改正が行われましたが、貨物列車のダイヤヤが記載された貨物時刻表は、改正まで待っての発売。昨日になって手元に届きました。
2012カモジ
右が最新の2012年版。2011年秋より鉄道貨物協会が社団法人から公益社団法人に移行した事や、一年前の東日本大震災に伴う石油輸送など、特集ページに力が入れられていた反面、肝心の時刻表部分のページ指定関係が全く符合しない重大な編集ミスが。地図ページから線区を選び指定された時刻表のページをめくっても、全く関係ないページへ。例えば、中央西線の時刻を見ようと指定された75ページを開いたらそこは高島・根岸線の時刻が、といった按配。おかしいと思い地図ページ最初の九州から引き直したら、こちらは時刻表のページですらなく、同じ地図ページの東北地方が出る始末。どうやら巻頭の特集ページが増えたのに地図ページは昨年版のままだった為に起きた現象のようです。とりあえず自分でページを修正して書き直して使えば済む話ではありますが、他にも巻末の写真特集で、なぜか貨物列車ではなくJR東日本の事業用列車が掲載されていたりと謎多き出来になっていて、ちょっとした間違い探しも出来たりして(汗。多分改定号が出るとは思いますが、さてはて。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/19(月) 17:53:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

ありがとう300系 記念グッズなど

今回の300系引退ですが、東海道新幹線の伝統?にのっとって、最終列車には車体装飾が施されました。伊吹山
特筆されるのは、最終運転のみならず、2月末より多客臨、団臨の運用に充当された事で、これは0、100系の時には無かったと思います。

その為、乗ったら撮れないジレンマを抱えずに最終列車に乗車する事ができました。
米原
写真は3月10日、米原駅にて。ホームにずらりと並んだ撮影者。土曜日という事もあり、ホームの端から橋まで埋め尽くされました。なお、最終列車のぞみ329号通過時は待避列車が存在する為、この下りホームからは撮れませんでした。

撮影以外では、300系引退を記念したグッズ類も購入してみました。
記念グッズ
コンプリートしていないうえに、他力本願で入手した物もありますが(汗。
左は記念切符。表裏で並べただけで、物は上下共同じです。10000枚と多く用意された事もあり、一部駅を除いて並ばずとも購入できたようです。買う方としては、このくらい余裕を持った枚数はありがたいですね。
上の記念乗車証とその右のフォトフレームは、団体列車の記念品。中央の弁当とカツサンドは、引退記念の駅弁です。

下の方に並べたのは、JR東海パッセンジャーズが発行した記念カード。記念弁当1個に付き1枚、おまけとして封入されていた物で、全4種類。
記念カード
中央にある乗車記念のピンバッジはおいといて、右側の2枚が通常のカード。番号が振ってあり、写真のは②と④になります。残り4枚は、最終列車であるのぞみ329号の車内販売限定品で、このシリーズヲコンプするには、最終列車に乗車する必要があった訳です。私は通常の①と③が欠けているので、コンプリートはできませんでした。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/18(日) 21:06:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ありがとう300系 2012.3.16 のぞみ329号でラストラン

2012年3月16日、300系が東京発新大阪行き「のぞみ329号」でラストラン。
J57
東海道・山陽新幹線の新たな種別「のぞみ」として初めて270km/h運転を実施。新幹線の新たな1ページを築いた300系が、登場より20年を経て引退。

運良く最終列車の切符が取れたので、最後はお名残乗車してきました。
東京
乗車前に多くの撮影者に埋もれて何とか撮影。今改正から、のぞみは全てN700系に統一。去り行く初代とこれからの主力となる3代目の顔合わせ。

駅ホームはとにかくもの凄い人でした。警備にはいつもの全日警に加え、東海の管理職の姿も。慣れない管理職チームに対し、手馴れた全日警の姿が対照的。その全日警の方の腕章が特別仕様になっていたので、1枚撮らせていただきました。
全日警
硬すぎず、されど柔らか過ぎず、中々のセンスだと思います。

先頭のみならず、中間車にもさよなら装飾が。
東京
黄色いのぞみ表示と合わせて1枚。

乗車後は殆ど撮影しませんでしたが、サービスコーナーで買い物のついでに、300系ならではの装備も撮っておきました。
300系
なんとなく、アナログっぽい造りが逆に新鮮。

新大阪で降車前に振り向き1枚。
最後に降車
乗車した13号車を最後に降車。ありがとう・・・。

新大阪ではのぞみ329号到着に合わせて1号車付近でセレモニーが催されていましたが、私が辿り着いた頃には時既に遅し、終了していました。ただ、マスコミ各社の取材は続いていましたので、ちょっとだけ見学。
新大阪
車内でさよなら放送を担当した車掌さんと少しだけお話しましたが、近々引退されるとの事でした。

セレモニーは主にマスコミ向けで一般からは殆ど見る事ができなかったようです。そんな事情もあってか、会場の片付け時に、スタッフの方が短い時間ながら撮影用にと置いてくれました。
新大阪
こちらはJR東海バージョン。

もう一つの300系ラストラン。新大阪発博多行き、のぞみ609号発車時のセレモニーに使用されたJR西日本バージョンも特別に見せていただけました。
新大阪
東海よりもちょっと凝った印象? 東海の物より情報量も多いです(笑。

相変わらずのやっつけ動画ですが、さよなら放送を収める事ができました。新大阪到着前ではなく、新横浜発車後だったのは意外でした。

駅撮りは結構被られた?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/17(土) 20:50:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ありがとう119記念号

10.11日の両日、飯田線の飯田~伊那市において、119系E4編成を使用した臨時列車「ありがとう119記念号」が運転されました。これは、この3月で運用を終える119系の引退を記念して運転されたもので、下りの飯田→伊那市がJR東海ツアーズによる団体臨時列車、上りの伊那市→飯田は多客臨として運行されました。

私が撮影したのは、七久保~伊那本郷の有名撮影地。実はここに行くのは今回が初めてでした。
313
流石に有名所だけあって、中々のロケーション。それにしても・・・JR東海の電化区間は何処へ行ってもこの顔。武豊線は非電化なのにこの顔。その内に単行バージョンまで出たりして(ぉ。

ありがとう119記念号の運行は午後からで、このポイントでは順光になりませんが、景色に惹かれてそのまま撮影を敢行、そしていつものパターン。
七久保~伊那本郷
山頂付近は雲で覆われ、そこからの吹き降ろしで手前の斜面まで霞んでしまいました。しかし天気予報は下り坂でしたので、山が見えていただけでも御の字でしょうか。

返しもそのまま伊那本郷~七久保で。
伊那本郷~七久保
はい曇りました。そして後ろの山々に煌々と陽の光が。もうワケが分かりません。でもいい物が見られただけでも満足しています。しかし一つ不満があるとしたら、この上り多客臨の乗車率でしょうか。今日も窓口で見てもらいましたが満席、なのに実際の乗車率は半分ちょっとくらい? 乗りたかった身としては、心中複雑な思いもあります。

最後に掲出されたヘッドマークのアップを。
ステー取り付け
手摺にステーを介して取り付けられた、しっかりとした物でした。

119系の記念列車の運行は、当初はこの「ありがとう119記念号」が最後の予定でしたが、好評につき豊橋~豊川の短区間ながら新たに「119ファイナル号」の運転が決定されています。JR東海のHPを見る限り、今回と同じヘッドマークが掲出されるようですが、実際のところは分かりません。運転初日の18日に確認してみたいと思います。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/11(日) 20:58:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名鉄4000系の陸送

3月6.7日の両日、名鉄瀬戸線用4000系が日本車輌から尾張旭検車区まで陸送されました。
豊川
今回輸送されたのは4000系8番目の編成となる4008F。4000系が登場してから3年半、瀬戸線の車両置き換えは順調に進んでいるようです。

今回の陸送、私にとっては第一編成以来の撮影となりました。一部輸送ルートが異なるなど若干の差異は有りましたが、大まかな流れは変わっていませんでした。
徐行
工事中の歩道橋の下を徐行。ルートは変わらずとも時にこんなイレギュラーな事象も発生しますが、難なくクリア、さすがです。

4000系は4両編成ですが、陸送は2両ずつ二日に分けて行われます。尾張旭での組成の関係上、先頭車の向きが異なるのも特徴。
目的地まであと少し
6日の輸送は雨の中で行われました。先頭の4008号車は前向き。

7日の4108号車は後ろ向き。
尾張旭付近
なんとなくですが、前向きの方が絵になる感じがします。車両そのものを狙うなら後ろ向きの方でしょうか。

今回、久し振りに4000系の陸送を見て来ましたが、前回とはカメラ、ビデオ共に機材を更新しているので、撮り直しの意味も含めて記録してきました。腕の方は相変わらずですが、それでも動画の差は歴然。

当日ご一緒した地元の方、遠路関西よりのお越しの方、お世話になりました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/08(木) 16:48:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

初めてのNRE

NREと言っても日本レストランエンタープライズの事ではなく、ノースレインボーエクスプレスの事です。

ラッセル撮影後は旭川に戻り列車で札幌へ。丁度時間が合ったので18時発のスーパーカムイには乗らず、敢えて3分後に発車する流氷特急オホーツクの風に乗車。窓口のお姉さんお勧めの席を発券してもらい、着席したのは最前列の展望席。この臨時特急はJR北海道の誇るジョイフルトレイン「ノースレインボーエクスプレス」を使用しているだけあって、中々快適でした。
札幌
展望席は運転室との仕切り窓が殆どない為か、はたまた何がしかの造りがあるのか、車内からの反射が無く夜間でも前面展望を楽しむ事ができました。

乗車後は札幌で回送をお見送り。
札幌
初めて聴く警笛が新鮮でした。

車内では乗車記念にオレンジカードを購入。今月でJR東日本は首都圏での販売を取り止め、JR北海道でも縮小するようですが、いい記念にもなるだけに少々残念。
車内限定
車内で車掌さんが販売している車内限定のオレンジカード(クリアファイルは売店販売品)。車掌室で車掌さんに購入の旨を伝えたら、後からおまけと一緒に席まで届けて頂けました。記念台紙は珍しくないのですが、ムービー収録のCDまで付いてきたのにはビックリ。台紙、ムービーとも社員さんのお手製のようで、なんとも暖か味のある物でした。ムービーは流氷特急と網走の流氷観光を紹介した短編物ですが、個人的には最後のおまけがツボ。ノースレインボーエクスプレスと鹿さんの鬼ごっこは実際は大変な筈なのに和みました。気になる方は是非ともご購入を。蛇足ですが、車内限定では他にザンギ丼がありますが、こちらも中々の美味でした。車内限定とは露知らず、写真も撮らずにたいらげてしまいましたが、お勧めです。

某氏向けに置いておきます。今季は豪雪に見舞われた岩見沢前後の展望ですが、夜間なので殊更に一般の方向けではありません(汗。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/06(火) 22:36:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

初めての定排

新千歳空港からは快速エアポートで札幌へ。快速エアポートは基本的には新千歳空港~札幌を結んでいますが、列車によっては小樽または旭川まで足を延ばすものがあります。私が乗車したのは旭川行きで、使用車両は特急型の789系。札幌~旭川を結ぶL特急スーパーカムイの延長運転のような位置付けで、近郊型の721系に比べリクライニングシートでゆったりと移動できる事もあってか、出発時点で既に満員。自由席はデッキまで人が溢れる程で途中駅では積み残しも。デッキで身動きできない状態で過ごした札幌までの40分弱は、快適どころか・・・(汗。ただ、大半の乗客が札幌で下車したので、札幌からは自由席でゆったり過ごし、終点の旭川へ。ここから更に足を伸ばし、着いた先は宗谷本線沿線。
雪351
私にとって初めてのDE15単線型の撮影となりました。宗谷本線のラッセルは午前に稚内を出発する上り列車の撮影がメジャーですが、午後に旭川を出発する下りも撮影可能。

追っかけて塩狩駅へ。
塩狩
ここで快速なよろ8号と交換。塩狩駅はホーム配置が上下線でズレているので、対向から編成写真を撮るには不向きですが、交換そのものは簡単に撮れます。

接近して観察。
塩狩
初めて見る2500番台。見慣れたて東海の複線型と単線型である以外は大きな違いはありません。

しかし貫禄はこちらの方が勝るでしょうか。
塩狩
車体は凍り、多数の氷柱が。撮影時の気温は氷点下12℃でした。

今回の宗谷本線のラッセル撮影はお手軽にここで終了。旭川から宗谷本線を下る定期排雪列車の雪351は旭川を14時半頃に出発し塩狩停車が15時20分頃~50分頃。次駅の和寒でも長時間停車がありますので、車であれば余裕を持って追っかけが可能(他にも停車はありますが短いので割愛)。和寒は対向式ホームなので編成写真の記録も可能です。また、同時刻に石北本線のラッセルも走行していますので、そちらとの掛け持ちもできます。

時間の都合もあり触り程度の撮影行でしたが、また行ってみたい、いつかは北部方面へも、と欲が出てきて困ったものです。現実問題として金と暇が立ちはだかっているのは、果たして幸か不幸か(汗。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/05(月) 00:37:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

甲60 アンパンマントロッコ甲種

先月にJR東日本、四国、貨物3社の被災地支援の共同事業として、JR四国の保有するアンパンマントロッコを東北地方で運行させる旨が発表されましたが、そのトロッコ車両が昨日高松を発ち、東北へと向かいました。
醒ヶ井~近江長岡
編成は、EF210-101+キクハ32-502(アンパンマントロッコ)+キハ185-26。

アンパンマントロッコは動力を持たない為、四国ではキハ185-26が動力車兼控車として2両編成で運行されていますが、今回の東北運行ではキハ185-26は純粋に控車の扱いで、基本的に機関車牽引で運用されるようです。
近江長岡
アンパンマンの描かれたヘッドマークは外されていました。単に回送故だとは思いますが、もしかしたら東北では専用のヘッドマークが用意されるとか?

アンパンマントロッコは本来は派手な塗装ですが、今日は幾分地味。
東京都め
肝心要のアンパンマンの部分がマスキングされて、見えなくなっていました。東京都屋外広告物条例への対応と推測されますが、小田急のドラえもん電車の件もまだ記憶に新しい昨今、多少訝しく思ったりもします。条例そのものは昭和の時代の遺物のようですが・・・。しかし、車内は規定に掛からないのかそのままでした。

マスキングは、甲種輸送中は機関車連結の為に殆ど目に付く事のない車両前面にまで及んでいました。
近江長岡
逆手にとって、報道公開時に順番に剥がすとか・・・はないか。車両そのものは直前に多度津工場で整備を受けた為か、非常に綺麗でした。

東海管内は8862で走行したので追っかけを敢行。1枚目がなぜか1/25秒の流し撮りだったので、今度は無難に止めてみる。
清洲
117系と一瞬の離合。清洲駅はそこそこの撮影者で賑わっていましたが、この離合を撮ったのは多分自分だけ。マンションをドカンと撮ったのも多分自分だけ(笑。アンパンマントロッコは現時点で7月までの運行が予定されていますが、トロッコが役目を終えて帰る時、117系は残っているのだろうか・・・。

車票です。
甲60
今日の撮影は、人とは違った写真を載せてみました。その実は何の意味もなくただ下手なだけですが、その辺りはスルー推奨で(笑。


某氏向け私信。
伊吹は微か
伊吹山は雲に包まれ殆ど見えず。雪もかなり無くなっていました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/02(金) 15:02:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電