As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

X1帰る

20日に大垣車両区に回送された371系X1編成。先週末から今週頭にかけて試運転が実施されましたが、土日にも走行した為、沿線は活況を呈していました。
岐阜~木曽川
有名撮影地ではご覧の通り。定番位置、一列前、被り付き位置の全てが埋まっています。

木曽川では水鏡を狙いたい所でしたが、結局のところ叶ったのは土曜日のみだったようです。
岐阜~木曽川
曇り&遅れ貨物の裏被りでしたが、何とか映りました。

そして本日、静岡方面へと帰郷して行きました。
回送
今回の試運転、実際のところは分かりませんが運転室に複数の乗務員が見えた事、複数日の運転、車両に特に手が加えられた様子もない事から、噂されている通りハンドル訓練ではないかと推測されます。そうなると、いよいよトレイン117+の去就も気になるところ・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/28(火) 20:52:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

X1再び走る

24日(金)に続いて、25日(土)にも撮影を敢行。
岡崎~西岡崎
まずは1097レ。EF66 27号機を見たのは、随分と久し振りです。

続いて9863レ。
岡崎~西岡崎
長いと割と絵になりますね。しかし、高崎のEF64 1000番台がこの辺りを走るなど、数年前には思いもしませんでした。

その後の5073レもEF66形牽引。
岡崎~西岡崎
既に旅客会社からは姿を消し、残るは貨物所属機のみ。27号機は最近復活しましたが、それでも稼動機数は片手。

そしてこの日も371系が試運転で走行。
岡崎~西岡崎
短時間で効率よく撮影できた、昨日の矢作川橋梁でした。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/26(日) 13:26:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

X1走る

20日に大垣に入区した371系X1編成。その動向が注目される中今日、東海道本線の大垣~豊橋を走行しました。

何枚か撮影出来たので順に紹介します。まずは有名撮影地である岐阜~木曽川から。
木曽川
定番撮影地の真ん前にある水路には、悠々と泳ぐナマズの姿が。ここでは結構色々な生物が泳いでいるのを見かけますが、ナマズは流石に初めて。ナマズ氏とリアルナマズの競演と相成りました(謎。そういえば、昔は名鉄にもナマズの愛称を持つ車両が活躍していましたね。

気を取り直して、本日一枚目。水鏡は薄かったのですが、普通に撮ると水面に映った車両が切れて半端感が半端ないので、水鏡前提アングルで。
岐阜~木曽川
一度は水面に映えるダブルデッカーをモノにしてみたいものです。371系は既に登場から20年以上が経ちますが、未だに色褪せないデザイン。グッドデザイン賞受賞も頷けます。しかしこの車両、撮影前に本物を見たせいか、ヒゲを付ければナマズに見えない事も・・・ないか(笑。

電車に飛び乗り追っかけ。そして二枚目の撮影に成功。
逢妻
東海地方は今日も夏日。陽炎が発生するこれからの季節、望遠ドカンは難しいですね。しかしこのX編成。編成札が運転室の上下に2枚有るのは何故なんでしょうね。

場所が分かる写真という事で、返しはみかん山に。
三河大塚~三河三谷
電波塔が建ってから初めてここで撮影しましたが、なる程撮り辛くなっていました。

本日の番外編。
名古屋
名古屋駅で見かけた、軌陸車による背合PP。写真では分かり辛いのですが、トロを介して連結されています。静岡ナンバーなのでそちら方面からやって来たのかとも思いましたが、向こう側の高所作業車が岐阜ナンバーなので、多分関係なし。しかしこの組合わせで、どんな作業をするのだろうか。

この後、名古屋駅ホームでみそきしめんを頂いて帰途につきました。ごちそうさまでした。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/24(金) 20:28:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

X1来たる

1形式1編成、在来線のX編成である371系X1編成が、静岡から地元岐阜県までやって来ました。
岐阜~西岐阜
現在は大垣車両区に留置されているようです。来月に臨時快速列車「おやまウォーキング」号としての運転がアナウンスされていますので、大垣には短期逗留といったところでしょうか。
  1. 2013/05/23(木) 00:18:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高山線を走ったツートン団臨②

どーでもいい小話。
今回の団臨の団体名、某誌には「新緑の中を走る国鉄色車両に乗る会」とありましたが、実際は「新緑の中を走るキハに乗る会」でした。某誌自体も元々の団体名を短縮したような感じで、各所で大人の事情でもあったのでしょうか(何。ともあれとりあえず続きを。


定刻に杉原を発車して、列車は元来た道を戻ります。
坂上
坂上で1023Dと交換。キハ85系の顔と言えば、やはり非貫通形のこちらですね。ただ、紀勢線方面で見られるようになった鹿ラッセル仕様は、シカた無いとは言え個人的にはちょっと・・・。

飛騨細江も停車でしたので、往路とは違ったアングルで花コラボ。
飛騨細江
往路は逆光、復路は順光。でも写真の出来は大して変わらないような・・・(汗。

飛騨古川で、後続の1828Dを退避。こちらも往路で待避したキハ48ツートンユニットでしたが、上手く撮れなかったので割愛。
日の目を見ない幕
高山到着後の幕回しでお遊び。鵜沼行き、未来永劫設定は無さそうですが、岐阜でサラリーマンやってた時に何度か寝過ごして美濃太田からタクシーの憂き目にあっていた身としては、是非一考願いたいところ(ぉ。

番外編。午後に走ったキハ48ツートンを撮るべく、飛騨一ノ宮の大カーブへ。
一宮カーブ
地元の方から遠来のお客さんまで、ツートン人気が伺える一枚にしようとこんな構図にしたのですが、連写の途中でメディアの容量オーバー。最後の〆までいつも通りのオチでした。

当日お世話になりました方々、特に飛騨鉄の会の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。
  1. 2013/05/22(水) 21:32:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高山線を走ったツートン団臨①

今月18日、高山本線の高山~杉原において、旧国鉄色風塗装(JR東海公式呼称)のキハ40 6309を使用した団体臨時列車が運転されました。

これに向かうべく、当日は早朝始発便にて高山へ。
鵜沼
鵜沼では、普段見かけない回送列車と交換。キハ11-114が上って行きましたが、聞くところによると紀勢線方面にて特殊任務に就いた模様(謎。

高山駅到着時、既に一番線改札前にて出発待機中。
高山
奥にはユニットを組んだキハ48ツートン2両が停車。高山駅にて美濃太田所属のツートンが勢揃いとなりました。

往路9651Dは定刻に高山を発車。細かい停車を繰り返しながら、杉原へと向かいます。
飛騨国府
飛騨国府にて1026Dと交換。富山始発の、急行のりくら格上げ列車。

飛騨細江では、1826Dと交換のため停車。
飛騨細江
逆光は勝利・・・なのか?

坂上では後続の1825Dを待避。
坂上
やって来たのは、キハ48 6812+キハ48 3812のキハ48ツートンでした。ここで3両のツートンがこの形で揃う事は、定期運用では有り得ません。

打保では参加者による記念撮影が行われ、その後の車中ではこんな頒布品も。
なつかし缶
しっかり営業されている辺り、頒布というより試供品でしょうか(笑。

そして列車は終着の杉原へ。
杉原
ここで反転の為、エンド交換。下り本線にて岐阜方前照灯点灯の、珍しい光景が見られました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/20(月) 21:51:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

新緑の中を走るデキを撮る会

表題は明日のネタ掛け(何。

今月になってお誘いを頂き運良く撮影叶いましたので、報告がてら何枚か紹介。
デキ
デキ12021+ホキ80形2両の工事臨時列車。デキ工臨と言えば地元では名鉄がありますが、バラスト積載での日中走行は無いだけに新鮮でした。

沿線では、緑に混じって桜色も見えました。
デキ
立山方面には初めて足を運びましたが、アルペンルート入り口に近いだけあって、凄く雰囲気のある所でした。

現場でバラスト散布中。
散布
今回の撮影行の中で、一番のお気に入りです。

空になったホキを連れて帰途に。
デキ
後半は雨。しかし山間の撮影ではむしろ有りかも。

写真は全て、今月11日に撮影。撮影に際しお世話になった方々に御礼申し上げます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/17(金) 13:23:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ブライトリング@福島小名浜

初来日したブライトリングジェットチーム。日本でのメインとも言える福島での飛行ですが、11日午前の福島県内フライバイは、浜通りでの悪天候の為に相馬、南相馬での飛行を断念しています(午後に予定されていた横浜でのフライトも視程不良で中止)。

12日は、今回の来日のトリにして一番の注目株であろう小名浜でのアクロフライト。
あぶくま
写真は朝方に抜錨したPM-31あぶくま。2010年竣工の新鋭との事で、非常に綺麗でした。後方の潜水艦のような建物は、環境水族館アクアマリンふくしま

多少の雲は残るものの、小名浜は朝から快晴。フライト時に逆光になるデメリットはありますが、やはり晴れが一番。
小名浜
視程も問題なく、沖合いまでクリアに見渡せました。

しかし・・・この後になってシーフォグが発生。10時半になってディープブルースの室屋氏の駆るエクストラ300Sが会場西側の上空に現れたものの、会場方向に進入した途端に雲に入り、以降全く見えず。時折旋回しているようなエンジン音が聞こえるのみで、結局ミッションキャンセル。メインのブライトリングジェットチームも、小名浜でのアクロの前に前日飛行できなかった相馬、南相馬付近を周り、その後に東日本大震災で亡くなられた方々へのミッシングマンフォーメーション(追悼飛行)が計画されていましたが、天候が回復せず予定時間になっても福島空港を飛び立てませんでした。

このまま中止かと思いきや、急遽夕方まで天候の回復を待ち待機するとのアナウンス。そして13時40分になって、ウェザーチェックを兼ねたエクストラ300が再び飛来。天候は殆ど回復していませんでしたが、若干雲高が上がったようにも見えた会場上空。そして・・・
小名浜
カモメを押しのけて会場に突入。

朝から待ちわびた会場が、一斉に湧いた瞬間でもありました。
小名浜
小名浜を広く周回した後に、ショーセンターであるいわき・ら・ら・ミュウを中心に演技。写真はナイフエッジ。

私の貧者の望遠では届かなかったので、トリミング拡大。
室屋氏
う~ん、格好いいです。

天候の関係からフライトは横転中心の水平系のみでしたが、高度は神戸より低かったように見えました。
小名浜
多少小高くなっている所から撮影しましたが、それでもほぼ人の倍レベル。同時に当時の雲の低さと視程の悪さもなんとなく分かる一枚?

エアレースで手馴れたもの?
小名浜
欲を言えば晴れて欲しかったのですが、この天候でこれだけ飛んで、会場の盛り上がりは神戸以上でした。

そう言えば、レッドブル塗装からブライトリング塗装に変わったのはいつ頃なのでしょう。下記2枚は神戸にて撮影。
神戸
ウィスキーパパを思い起こさせる黄色基調。岩国フレンドシップデーが予定通り開催されていれば競演成ったのですが、7月の但馬まで持ち越しとなりました。

下面は青基調。
神戸
機首を除けば上面と下面を同じデザインにして色のみ反転させたシンプルな意匠。

低速のエクストラでさえ、これだけの制約の中での飛行。主役のブライトリングジェットチームが飛べる筈もなく、結局15時頃に飛行中止が決定されました。チームは16時頃に福島空港を離れ帰国の途についたとの事ですが(とりあえず経由地の神戸空港に降りた模様)、再びの来日を願い、私も現地を離れました。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/13(月) 13:13:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

N1111Hが陸送される

今月8日と9日、名市交N1000形N1111Hが日本車輌から藤が丘まで陸送されました。
N1111H
夜明け早まる今の時期、走行撮影が随分と楽になります。

藤が丘付近にて、御大のマネ(笑。
藤が丘
藤が丘駅を発車した5000形とのコラボ。去る者と継ぐ者の顔合わせ。

せっかくのおでこライト付きトラクタですが、一灯点灯しか狙いませんでした。
藤が丘付近
腕を考え安全パイ(笑。

以上、N1000形第11編成、ゾロ目のN1111Hの陸送でした。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/11(土) 17:14:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ブライトリング@潜水艦

ブライトリングの展示の終盤に、突如として出現したそうりゅう型潜水艦。隠密行動が基本の潜水艦なだけに艦番号もなく艦名が特定できませんが、特徴的なX舵ですぐにそれとわかります。
神戸沖
入港準備の為停船中? 物珍しさに、ブライトリングの飛行を見た帰りのクルーザーが寄って行きます。艦首付近にはジェットバイクも。

やがて取り巻きの数が増え・・・。
神戸沖
どんだけ近づいて羨まし・・・良くも悪くも平和という事でしょうか(汗。

最後に正面方向から。
神戸沖
葉巻形の艦体にX舵。そうりゅう型は観艦式でも見ましたが、最新型には独特のオーラがありますね。

おまけに、帰港途中に川重の浮きドックで見た潜水艦。
川重
ネットで少々見辛いのですが、はるしお型? 潜水艦の艦体下部を正面から見た事が無いので、涙滴形と葉巻形の差がどの程度なのか、いまいち実感できません(汗。

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/10(金) 06:11:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ブライトリング ジェットチーム ジャパンツアー2013@神戸

今月、アジアツアーの一環として初来日した民間のアクロバットチーム「ブライトリングジェットチーム」。当初は5日の岩国フレンドシップデーで飛行する予定になっていましたが、予算緊縮の煽りを受けフレンドシップデー自体が開催中止になってしまった為、今日の神戸が記念すべき日本での初飛行となりました。

KOBEメリケンフェスタ2013の特別企画として行われたもので、会場は海上(ぉ。
神戸
なので、観覧する為には船で沖に出る必要があり、主に地元の観光船がその任を果たしています。

公式HPでは4隻の案内で、当日までに全て予約で満席。
神戸
中央の大型船はふじ丸で、これがラストクルーズとの事。加えてブライトリング社の顧客招待用にチャーターされた、ルミナス神戸2(左)の姿もありました。ブライトリングはスイスの高級時計メーカー。目ん玉飛び出る価格に私は手も足も出ませんが、人生一度は手にしてみたいとも思う。でも同じうん十万円なら、EOS-1DXにするだろうなぁ(汗。

会場は明石海峡大橋東の須磨沖の海域。事前に案内された観覧船以外にも、チャーターされたと思われる漁船やクルーザー、果てはジェットバイクが多数入り乱れる中、ショーが開始されました。
神戸
初めて見るL-39Cアルバトロス。これだけでも見に行った甲斐がありました。

チームは7機編隊によるアクロを実施。
神戸
7機以上のアクロも日本初?

ここからは適当に、今日撮影した写真を並べてみる。
神戸

神戸

神戸

神戸

神戸

せっかくの海上でのショーなので、それと分かる写真を撮りたかったのですが、立ち位置の関係で殆ど叶わず。かろうじて撮れたのが、この二枚。
神戸

そうりゅう型
下はかなり強引ですが、そうりゅう型潜水艦。ショー終了後の帰港時に、かなりの注目を集めていました。次回はその辺りからの続きを。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/06(月) 19:43:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ZからXへ N700系のN700A化改造 N700系2000番台が登場

N700A登場時、N700系1000番台の新製と平行して既存のN700系も順次改造してN700A化するとアナウンスされていましたが、その第一編成が姿を現しました。
X65
ライトボックスは恐らくそのままだと思いますが、正面から見た最大の変更点が編成表記。

X65編成になっていました。ちなみに元は、Z65編成。
X65
サイドは言うまでもなくロゴマーク。従来のN700のロゴに、小さくAを追加。

JR東海HPによれば、Z編成改造車は主にハード面でのN700A化となり、内装等はそのままとの事。
X65
その為なのか、Aの表記がG編成に比べかなり控えめになっています。

逆光ですが、Z編成とX編成の並び。
Z3とX65
左がZ3編成で、右がX65編成。写真からは判別が難しいのですが、G編成では運転台窓下まで伸びていたサイドラインも、X編成ではそのままに見えます。

改造によって車番は変更。
1号車
博多方1号車の車番は783-2065。元の番号に+2000して、2000番台になっています。2がなんとなく位置ズレしているように見えるのは、気のせい?

公表されているスケジュールによれば、今月中旬には営業運転を開始する見込み。今年度から約3年をかけて、Z編成全80編成を改造するとの事です。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/01(水) 19:14:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電