As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

もう一つのさよなら? Z0

JT浜松専用線が運行を終えたその日、近隣のJR東海浜松工場では全検入場中のN700系Z0編成の走行が見られました。
Z0
最近の特徴であった1号車の一部埋められていた窓は戻り、また、写真から分かる通り検測機器が取り付けられてたと見られる連結器カバーは取り替えられて、そこだけ色違いに。

N700系のN700A化改造が進んでいる昨今、試験車であるZ0編成も同様の改造を受けると推測されます。編成表記もZからXになると思われ、「Z0」編成としての姿は、恐らくこれが最後。

2014年3月27日、JR東海浜松工場にて撮影。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/30(日) 00:07:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ありがとう JT浜松工場専用線

JR東海浜松レールセンターに隣接するJT浜松工場。
JT浜松
西浜松~JT浜松工場間の貨物輸送が、2014年3月27日の運行を最後に廃止されました。

最終日は工場からの出荷のみ。出発前に関係者による式典が行われました。
JT浜松
モーターカーには中日本プラントサービスの文字。同社はこの専用線での輸送業務も請け負っている、JTの関連会社。

通常は15時20分頃に工場発ですが、最終日は15時前に出発。式典時に取り付けられていた横断幕は取り外され、いつも通りの装いで西浜松へ。
最終日
と思いきや、モーターカーの向かって右の手摺に、横断幕が。しかしこちらからでは見えない・・・。

そして通過時振り向くと。
最終日
テールに掲出された横断幕は、見送りの情緒でしょうか。

列車は西浜松到着後、通常は空のコキ車を引き取り工場まで牽引して行きますが、最終日ゆえに単機で戻ります。
さよなら・・・
思わぬサービス? わざわざモーターカーに掲出して帰途へ。

そしてそのままJR東海の浜松レールセンターへ。このJTの専用線は、自社でスイッチャーを持たず、レールセンターのモーターカーを借用する珍しい形態で運行されていました。
最後の転轍
専用線の列車は数百メートルの短い区間での運行ですが、途中二箇所で新幹線の下をくぐります。一つは後方の本線、そしてもう一つが本線とJR東海浜松工場を結ぶ連絡線。その連絡線の下近くにJT浜松工場とJR東海浜松レールセンターに分岐するポイントが有り、そこで最後の転轍を終え、ポイント固定。左に有る専売公社の文字が何気に時代を語っていますが、その歴史に一つの終止符が打たれました。なお、JT浜松工場自体も、国内消費低迷により1年後に閉鎖される計画になっています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/27(木) 22:15:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

JR東海 ミニホッパー車によるバラスト散布作業

以前取り上げた名鉄のバラスト輸送、散布作業。
名鉄
元JR東海のホキ80形を使用。鉄道車両ゆえに営業時間内でも走行を目にする事ができます。

対照的にJR東海では保線機械を使用。
高山線
走行にも線路閉鎖が必要な為、動くのは基本終電後の深夜。

現場がカーブですぐ脇に国道が有る為か、撒いたバラストが落ちて行かないように板で押さえていました。
高山線
散布も少量ずつで、慎重な作業。

ミニホッパー車の名の通り、ホキに比べ幾分小柄な車体。
散布
されど自車に発電機や照明を備え、作業性の向上が図られている模様。

鉄道関係のニュースでは新しい車両や設備の導入ばかりが目立ちますが、土台が無ければ家は建ちません。そんな縁の下的な保線作業を、今年3月高山本線にて撮影。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/22(土) 15:01:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

E7系デビュー

本日のダイヤ改正より、E7系がデビュー。
長野
下り一番列車がF3、上り一番列車がF1編成で運用開始。

始発である東京駅と長野駅では出発セレモニーを開催。
長野
写真は、長野駅での出発合図。


以下、出発セレモニーの様子です。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/15(土) 22:19:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名鉄のバックステージツアー

最近は沿線に出て撮影する機会がめっきり減りましたが、代わりに?今まで縁の無かった所で撮影していたりします。
尾張旭
写真は、2月2日に行われた尾張旭検車区撮影会での一枚。200人限定で、参加費は入場券の160円のみと格安。当日は生憎の雨模様で急遽検修庫内での実施となり、屋内の露出の無い条件での撮影には難儀しましたが、これはこれで中々無い、貴重な機会でした。

同月22日には、舞木検車場に。
デキ305
共に2並びの日に催行された企画ですが、こちらは快晴。検査後の美しい姿のデキ303を、青空の下で撮影デキました。なお、同じデキ300形であるデキ305と306は少し前に廃車された為、このデキ303が現存する唯一のデキ300形になっています。

私の仕事柄、鉄道車両以外も気になるところで、特に舞木では色々と参考になりました。企画に携わられた全ての方々に御礼申し上げます。ありがとうございました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/10(月) 20:41:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2014年特1(東海特1)の続き

今月2日、春日井→南松本に運転されたシキ1000D2両による変圧器輸送(特1)。今回も撮影は叶いませんでしたが、後半戦のトレーラ輸送を少しだけ見てきました。
国道20号
日中にシキからトレーラに移載され、23時頃に南松本を出発。変圧器輸送は0時以降との概念があったので、これにはちょっとびっくり。

氷点下の峠越えを俯瞰で。トレーラの台車と荷台を心皿で繋ぐ方式は、シキと同じ。
塩尻峠
松本から南下して、国道20号で塩尻峠越え。標高差約200mの難所を、下りは特に慎重に進んで行きました。岡谷側の下り急カーブは、対向を規制して慎重にクリア。

岡谷で国道20号から離れ、岡谷駅方面へ。
岡谷
駅前を折れ、更に南下。

別の目的もあったので、撮影はこの辺りで終了。行き先は確認出来ませんでしたが、時間と方面から伊那市辺りではないでしょうか。

テーマ:メルセデスベンツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/03/04(火) 19:19:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弘南鉄道のデキ ED221

弘南鉄道に在籍する凸型電気、ED221。
ED221
写真は今シーズンに撮影した、キ105+ED221による除雪列車。弘南鉄道インフォメーションブログによると、明日と15日に、大鰐~津軽大沢間にて同編成が運行されるとの事です。短区間ながら確実に走行が撮れる機会は貴重、また、運行ダイヤが下りあけぼのと近いのも気になるところ。他に物販や車両展示もあるようで、個人的には是非出かけたいところ・・・ではありますが、如何せん遠すぎます(泣。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/01(土) 22:01:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電