As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

御嵩町制60周年記念 特別イラスト系統板

存続問題に揺れる広見線の新可児~御嵩を走る列車に、本日限定で御嵩町制60周年を記念したイラスト系統板が掲出されました。
御嵩
御嵩町の案内によると、今回の系統板掲出は存続活動の取り組みの一環として企画されたもので、一日限りの掲出となりました。

前後で絵柄を変えて2種類。
新可児方
新可児方は、夏祭りイベントキャラクターの「らっぴぃ」が描かれた系統板。

御嵩方は、御嵩町のシンボルキャラクター「ミーモくん」が描かれていました。
御嵩方
私見ですが、額のMが最近経営が下り坂の某ハンバーガーショップを思い起こさせゲフンゲフン。
  1. 2015/11/29(日) 15:05:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

DD15形は健在

毎年この時期、初冬の風物詩として報道されるラッセル車の試運転。今年もDE15形等のラッセル車を保有するJR西日本、そして第三セクターに経営委譲された北陸方面の試運転のニュースが報道され、遅ればせながら私も本日少しだけ撮影してきました。
DD15 11
写真はDD15 11号機。DD15形はキヤ143形の導入により引退するものと見られていますが、キヤ143形の導入が今のところ2両に留まり、出動実績も無いと思われる事から、数を減らしつつも残存するようです。なお、このDD51 11号機は前回の全検が20年11月なので、検査期限にもまだ多少の余裕があると思われます。

ただ、いつか引退するのは定め。
芦原温泉
今年になって北陸新幹線、金沢~敦賀の延伸工事の予定が前倒しされ、開業予定まで約6年に短縮されました。この辺りの事情も関係しているのかもしれませんが、部外者には知る由もなし。とりあえず今見られる光景をと、681系と合わせて撮影してみました。

なお、本日キハ120形が松任出場するとの話も耳にしましたが、こちらは運転されなかった模様。
  1. 2015/11/16(月) 22:20:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

久々のデキ400

私事ながら、先日社会復帰しました。まだ重荷を背負い、ある程度人様に持っていただいてような状態ではありますが、少しずつでも取り戻していければと思っております。

さて、リハビリを兼ねてとの大義名分?を掲げて、復帰後初めての鉄活動は名鉄デキ。
名鉄名古屋
12,13日に走行したチキの検査回送ですが、最近のEL120形に代わり今回はデキ400形が牽引を務めました。この組み合わせは昔有ったとの話も聞きますが、少なくとも私は初見です。

名鉄からの公式情報では来年度まで在籍するとみられるデキ400形。EL120形の予備的な扱いになっているようで、稼働率は以前に比べると大幅に低下していますが、もう暫くは託す者としての姿が見られそうです。
  1. 2015/11/15(日) 20:05:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

空へ MRJ(Mitsubishi Regionaj Jet)初飛行

本日午前、かねてより開発中であったMRJが、初めて空へ飛び立ちました。

朝方よりエアフロントオアシスにて撮影してきました。
JAXA
まずはJAXAのセスナ680。MRJ開発にも寄与しているテストベッド機。MRJ初飛行関連のフライトかと思いましたが、詳しくは分かりません。なお、機体記号のJA68CEは、セスナ680から取っているとの事です。

チェイス機のMU-300(JA78MA)。
ダイヤモンド
三菱重工の社有機。MRJはYS-11以来の国産旅客機との触れ込みですが、このMU-300も三菱が開発した立派な国産機。ただ、ビジネスジェットなので旅客機にはカテゴライズされないようです。

チェイス機2番手も三菱のMU-300(JA30DA)。
任務が謎
MRJ離陸時のみ西側からチェイスしましたが、その直後に離脱。どんな趣旨で飛行したのか、ちょっと気になります。

9時20分過ぎにMRJタキシング開始。
MRJ
やや前傾姿勢の機体は、ここ名古屋を拠点に運行されているERJとは随分印象が異なります。

報道向けなのか、暫く誘導路で待機してから滑走路へ。
MRJ
このカラーリングは中々秀逸だと思います。

9時30分過ぎに離陸、遠州灘方面を飛行後、11時過ぎに名古屋空港に着陸しました。記念すべき初飛行、この日この時に立ち会えた事を嬉しく思います。
  1. 2015/11/11(水) 14:22:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ロンキヤ交検出場

美濃太田にて交番検査を受けていたキヤ97系R101編成が、本日未明に美濃太田車両区を出場し、西浜松へと回送されています。
鵜沼
今回も問題なく検査を終えたようです。次回は2月頃でしょうか。


閑話休題
多少トラブルも有ったものの、すっかり根付いた感のある気動車によるロングレール輸送。空気バネ化等での輸送の高速化は勿論、取り卸しに関しても定速度装置による安定感や、チキのようにブレーキ緩解に伴う揺れが少ない等、作業性、安全の向上に大きく寄与していると思います。反面、停車中にもエンジンが回り、動力分散化により低速移動中も同一地点で断続的にエンジン音がやって来るといった点はややマイナスでしょうか。ただ、曲線や勾配によっては電気機関車でも結構大きな音で動くので、それ程大差は無いのかもしれません。

過去にも掲載していますが、比較でキヤとチキの動画を。



どちらも同じロングレールを現場に降ろす作業ですが、同じようで違う点が多々あるのが興味深いですね。
  1. 2015/11/07(土) 06:30:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロンキヤ交検入場中

本日、所用のついでに美濃太田車両区を覗いてきましたが、ロンキヤは3両が外に、残りが二分割されて並んで庫内に居ました。
ロンキヤ
交番検査中の様相で、近日中に西浜松に戻ると思われます。

ロンキヤも新製出場が2008年3月なので、登場してから7年と7ヵ月。そろそろ全般検査も見えてくる頃合です。ただ、改修で日本車輌に入場したり、運用が少なかった時期もあり、検査周期が延びている可能性もあります。重要部検査が新製から4年と半年弱なので、そのまま当てはめると来夏辺りになりそうですが、さてはて。
  1. 2015/11/05(木) 22:58:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

EF65 1118号機、復帰は絶望?

スーパーエクスプレスレインボー専用機EF65 1118号機。スーパーエクスプレスレインボー引退の後もそのままの塗装で残り、忘れ形見的な存在で活躍を続けてきた同機ですが、ここに来て引退の可能性が出てきています。
品川
スーパーエクスプレスレインボーが活躍している時期は私自身が休鉄中であり、写真は一枚もありません。復帰した時には既に機関車のみ、何とも惜しい事をしたものです。

写真は、最後のわくわく品川探検隊でのひとコマ。
品川
この通り、1118号機は大人気でした。開場直後に人の入らない綺麗な形式写真を撮ろうと猛然とダッシュした人も居た程で、一番手の人が1118号機の脇を駆け抜けて原色機の方に向かったのにはズッコケましたが、そんなニッチな人は愛知のお一人様だったようで直ぐに大勢の人々に囲まれたのを今も鮮明に覚えています。


その1118号機ですが、先月17日に本線上で故障して立ち往生し、後続の貨物列車に救援されるというトラブルを起こしています。この時の様子を撮られた方の動画がこちら。

通常ならば入場して修理されるところですが、今日現在に至っても修繕の様子がなく自走禁止措置がとられているようです。故障の程度にもよりますが、順次廃車が進み、休車になっている機関車も存在する田端のPF郡の中において、先に1118号機を廃車にした方が合理的な状況になりつつあるようで、その去就が注目されます。
  1. 2015/11/03(火) 00:07:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電