As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

2機足りない? 2016年岐阜基地航空祭 予行

今月30日に開催予定の岐阜基地航空祭。本日、その予行が行われるとの事で、地元の利を生かして少しだけ見てきました。
2016予行
C-1FTB先頭の、異機種タキシー。今年は特別塗装機もなく、至ってノーマルな構成。

と思ったのですが、今日のフライトは少々意外な構成に。
国宝
初めは1機だと思ったのですが、よく見ると2機足りない? 珍しいとは思いますが、こんなレアケースは嬉しくない(汗。ご覧の通りの曇り模様で予行もまだ続く事から、出来ればもう一度撮り直したいところ。ただし、事前発表の機数が10機なので、足りないのは実際には1機。右翼側の1機余分を左翼から回した感じだとすると、本番は飛実団+1? とは考えにくいので、フォトセッション? よく分かりません。

マンボフライト(異機種編隊)は例年通り3航過して、数機ずつに分かれてコンバットピッチからの着陸。
南寄り進入
F-4編隊はどんぴしゃの位置でした。これで晴れてくれていれば・・・。

今年の岐阜基地航空祭、ブルーインパルスの展示飛行は無い代わりに、X-2が初めて一般向けに展示されます。また、ネタバレになりますが、午後の怪しい空き時間に、あの機体の試験飛行が行われる模様。かなり賑わいそうですね。
  1. 2016/10/21(金) 15:25:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

お座敷列車「あすか」

JR西日本のお座敷列車「あすか」。7月に展望車が吹田まで回送されていましたが、本日中間車5両も宮原を発ち、吹田へ向かったとの事。聞くところによると、どうやら廃車回送のようです。

東海地方にもよく来てくれました。西日本のPFや東海のユーロ機牽引など、色々な組み合わせを目当てによく撮りに行きました。コミケットトレインも、ユーロライナー引退後はあすかでしたね。
再掲
大分前に出した写真ですが、写真は6年前の山口線。基本、前から撮りの私が珍しく「あすか」狙いで撮った一枚。快晴順光なれど、通過時曇って曼荼羅模様。撮った時は結構凹みました。

この時に、初めて「あすか」に乗車しました。
やまぐちあすか
SL牽引もあって、乗車したジョイフルトレインの中では一番の思い出となりました。唯一の心残りは、ハイデッカー車が連結されていなかった事か。

せっかくなので、蔵出しで一枚。
やまぐちあすか
やっぱりハイデッカーが欲しい・・・。そう言えば、この時は山口線での撮影後、長躯名古屋へ駆けつけ、蒸気動車の陸送を撮った記憶が。あの頃は若かった(笑。

以前出しましたが、三部作の内の一つを。そうそう何度も見ないのですが、たまに見たくなるんですよね。


さよなら、あすか。
  1. 2016/10/18(火) 23:42:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大鰐線のラッピング電車

何か話題のついでにでもと取って置くつもりでしたが、お知り合いが写真を出されていたので、こちらもぼちぼちと。

何度か訪れている弘南鉄道。近年は廃止論議も湧き出ている大鰐線ですが、今年は明るい話題もありました。
大鰐線
7034-7033編成が、4月8日より弘前が舞台のアニメ「ふらいんぐうぃっち」のラッピング車両になりました。当初は半年の予定が、来春まで延長されたとかで、中々好評のようです。

車両前面は帯無しにヘッドマーク。
マーク
シックな色合いが、車体にも似合っていると思います。車体外観のラッピング以外に車内も装飾されているとの事なので、いつか乗って見てみたいですね。

乗りはまだですが、撮りはそこそこ。ならではの姿として駅での光景を。
鯖石
団体企画として1日限りで運転された、黄帯車両との交換。近年の企画では一般公募で帯色を決める試みもされているので将来的には黄帯の車両が登場する可能性もあると思いますが、このラッピング車両は期間限定ゆえに最初で最後の顔合わせでしょうか。

こちらもまた、臨時列車との顔合わせ。
石川
ホキ工臨との離合。2016年度限定のシーンとして記録してみました。欲を言えば、機関車側からも撮りたかったですね。

ふらいんぐうぃっちはいわゆる日常系アニメで、私はあまり見ないジャンルなのですが、これを機に視聴してみました。のんびりほんわか系?で、結構面白いですね。

アニメネタついでにもう一つ。このブログの左下辺りに昔からこっそり付けている私の愛読漫画「信長の忍び」が、アニメになりました。等身の低い絵が苦手な私なのですが、歴史好きだった事もありこの作品は例外。デレビ愛知では今晩から放送開始なので、それまで頑張って起きているとしましょうか。
  1. 2016/10/08(土) 21:53:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

キヤ143形甲種輸送

2016年10月2.~3日にかけて、新潟トランシスで製造されたキ143形3両が、黒山から松任まで甲種輸送されました。
鯨波
新潟(タ)~松任の牽引はEF510-9号機で、今回輸送されたのは、3~5号車。分類上は気動車ですが、機関車然としたその姿は中々の迫力。

柿崎駅での長時間停車中に、色々と見てきました。
柿崎
EF81形の後継EF510形が牽く、DE15、DD15形の後継キヤ143形。その脇を通る定期貨物の赤づくし。

車票や車番も確認。
甲106
テープ張りに決まりはないようで色々なパターンを見ますが、今回はとにかく剥がれない仕様?

そして柿崎での一番の目的はコレ。
柿崎
485系3000番台との離合。オリジナル形の485系は消滅しましたが、派生形の3000番台は僅かながら顕在。後から見て、そんな時代だったと分かる一枚というのは、やや大袈裟か。この後、甲種と同時発車して行きました。

上記の写真の通り普通の走行は撮影していなかったので、有名撮影地にて無難に一枚。
475イベント以来?
ここでは懐かしい顔も見かけました。歳と共に落ち着かれてきたようで、車もラッピング解除でナンバー以外は至って普通。撮影地等で時と場所も考えずに振舞う子供のような大人を見かける事が多くなってきた昨今、立派?になった彼は少し眩しくもあり。

最後はDE10形にバトンタッチして、松任駅から金沢総合車両所へ。
金沢総合車両所
今回輸送されたのは、3が豊岡、4が後藤、5が敦賀とそれぞれ配置先が異なる事から、整備のうえ後日ここから回送されていくものと思われます。

いつもの動画です。相変わらずの適当ですが、こちらは他車との邂逅を中心に繋げてみました。
  1. 2016/10/04(火) 23:51:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

羽越本線 お召列車

篠ノ井線で華、妙高はねうまラインで雪月花を撮影後は、更に北上して羽越本線へ。ロケハン時に地元の方や同業の方のお世話になり、海の近くの山間へ。
いなほ
特急いなほ。以前、陸羽西線にお召列車を撮りに行った時は485系でした。そんな昔を懐かしむ間に天気は予報を逸脱し、曇り模様へ。

午後は総じて曇りでした。
9002
初めてE655系を撮影しましたが、中々不思議な色合いをしていますね。編成写真は都合により省略。

天皇、皇后両陛下もしっかり見えました。
9002
お召列車は酒田~鼠ヶ関~鶴岡と運転されましたが、往復共に天皇陛下が海側、皇后陛下が山側でお手振りをされていました。

予備編成は、651系K105編成。
予備
特急ひたちのイメージが強いだけに、羽越本線で見る651系は違和感有り有りです。


お召列車で必ず目に付くのが、上空の県警ヘリと沿線警備に出張る各地からの応援。この日は長崎、佐世保ナンバーの警察車両も有ってびっくり。待ち時間に少し話をしましたが、今年は熊本地震に加え東北、北海道の水害も重なり、かなりご多忙のご様子。その時の様子も聞きましたが、バスに寝泊りし、風呂にも難儀する大変な環境の中で任務を遂行されているようで、本当にご苦労様です。

  1. 2016/10/01(土) 13:45:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電