As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

観光列車「ながら」落成

昨年末に改造の為に大阪車輌工業まで輸送されたナガラ301と302が、今月18日に装いも新たに観光列車「ながら」として生まれ変わり、長良川鉄道に帰ってきました。
美濃市
16日に大阪を発ち、道中一泊の行程で、美濃市駅には午前4時前には到着していました・・・到着していました。当日は勤務疲れもあり仮眠。なんとか起床して美濃市駅へ。逆ルートを辿ればどこかで迎合できるだろうと考え、午前3時半過ぎに美濃市駅に到着したのですが、その時点で邂逅。つまり終わっていました。午前5時前着という報道も見受けられましたが、実際はもっと早かったです。ともあれ終わってしまっては仕方ないので、一旦帰宅して二度寝という名の不貞寝。お昼前に再び立ち上がり、撮影したのが前記事のDR2だったりします。

そのDR2撮影後に再び北上し、美濃市駅へ。
美濃市
午前中にナガラ302、そして午後にはナガラ301の載線作業が行われました。作業は順調に進み、15時前にはあらかた終了しています。

その後は外装作業に。
302
ここで現地を離れたので作業詳細は確認していませんが、搬出時に美濃市駅で取り外したミラー類や足場などの部品の取り付けでしょうか。

ちょっとだけ外観を紹介。
車体の塗色はロイヤルレッド。某新聞には高貴な赤と形容されていましたが、実際かなり綺麗に見えました。
面々
今回の輸送に際し、分かる人には分かる、長良川鉄道側でメインを務められた方々が写りこんでいます。それ程鮮やかな赤でした。なお、写真に写る2号車はナガラ302改造の食堂車。1号車はナガラ301改造の観光車両になります。

搬出時は日中に走行した関~美濃市駅間の回送ですが、今回の搬入は夜間に行われています。
美濃市
美濃市駅1番線に据付。スカートがまだ取り付けられていない為、結構バランスが悪く見えますね。北濃側は従台車なので、輪軸まではっきり見えます。

線路閉鎖手続きにより、終電が関市に到着するのを待って美濃市駅を発車。この時点でまだ「ながら」は台車に載っているだけでブレーキが効かない状態の為、かなりゆっくりとした速度で関駅まで回送されました。
関
関に到着後は直ちに庫内へ取り込まれ、モーターカーも足早に常駐の地である美濃市駅に戻りました。当日は深夜に加え雨模様のコンディションでしたが、愛知からのファンを始め、地元の方の姿も見え、人数にして半々くらい? これにはちょっとびっくりでした。

既に報道発表されているように、来月から試運転、内覧会、試乗会を経て、4月27日にデビューする予定になっています。初日の初便は早々に完売になったようで、滑り出しは上々の模様。私も少し落ち着いたら乗ってみたいですね。このテの列車としては、しなの鉄道の「ろくもん」に乗った事がありますが、外観は見馴れた近郊型車両の模様替えのイメージなれど、内装は全くの別物。結構豪華で楽しめました。この「ながら」も大いに期待していいと思います。

撮影に際し、お世話になった方々に御礼申し上げます。ありがとうございました。
  1. 2016/03/20(日) 14:09:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<観光列車「ながら」試運転 | ホーム | DR2 高山本線日中検測>>

コメント

お久しぶりです。
ついに東海地区にも水戸岡デザインが登場ですか…って東海地区初ではないですね(笑)
仕事柄この手の観光列車はいくつか乗りましたけどそろそろ「またか…」と言った印象が付かないか心配です。
デザインがワンパターンですしどの列車に乗っても内装は殆ど一緒。
もう少しその土地の名物を強く推してもいいのでは?と思いますわ。

あと、どの列車に乗った時も大概思いましたが「車両を綺麗にする前にまず線路を手入れしてくれ」と。。。(笑)
  1. 2016/03/21(月) 22:55:15 |
  2. URL |
  3. とさか #Fgqmm1gQ
  4. [ 編集]

Re:

ご無沙汰しております。
水戸岡デザインと称される案が許諾関係で他社にも水平展開できるようになっている反面、画一的になってしまうのはある程度仕方がない事だと思います。鉄道会社さん自身もその辺りは意識されているようで、「ながら」も内装に地元の部材を用いたりして特色を出していますね。某三セク会社さんのように、イベント列車みたく車両以外に行く先々での物販やおもてなしの企画も始めたところもあります。

軌道はまぁ・・・三セクは元々軌道が甲線程ご立派でもありませんし、お金もありませんから。明知鉄道の減速運転も、その対処法なのかもしれませんね。
  1. 2016/04/06(水) 22:34:43 |
  2. URL |
  3. マンボウシリウス #0MXaS1o.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/1121-627584cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電