As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

プレハブ背負ってキヤ97系第2編成出場 外部観察と疑問点②

前回に続いてR2編成の観察です。

R1編成同様に、今回もプレハブ小屋が載っていました。
測定室

小さく「測定室」と書いてありました。その後は1t、それとも11? ちょっと読めませんでした。

ここで気が付いたのですが、前回のR1編成でプレハブが載っていたのは東京方でしたが、今回のR2編成では逆に岐阜方(神戸方と呼んだ方がいいのかな)に積載されていました。R2は編成逆向きで出場してきたのかと思いきや、写真でも分かるようにプレハブを載せている車両の車番はキヤ97-102。R1の時にプレハブが載っていたのはキヤ97-1で、レール固定装置(正式名称不明なので、とりあえずJR東海HPにあった表現で)が付いていたのはキヤ97-101なので、R2はR1に対して付番が逆になっています。ちなみにR1ですが
R1

こんな姿です。ちょっと回りくどいので要約すると

R1編成  東京方 キヤ97-1(プレハブ積載) + キヤ97-101(固定装置付き) 神戸方
R2編成  東京方 キヤ97-2(固定装置付き) + キヤ97-102(プレハブ積載)  神戸方

となります。付番と言うより載っているものが逆と言った方がいいのかな。R1の例にならえば、R2のレール固定装置はキヤ97-102になければならないのですが、実際にはキヤ97-2に付いています。この辺りの事情は不明で、今日も貨車屋の先生にお伺いをたてましたが詳細は判明しませんでした。という訳で情報お持ちしております(ぉ。

観察に戻ってキヤ97-2の方を。
キヤ97-2

写真では見難いのですが、海ナコの所属標記が見えます。床面はフラットでレール固定装置が載っています。フレームを見るとなんだかコキをひっくり返したようにも見えますが、まさかね・・・。

連結面を見てみる。
連結部

真っ平らですね。ここでまた気付いたのですが、両車共手前側に小さなボックス状の機器があります。これって先頭部にあったものと同じ? そう言えば先頭部のも連結時に正対する位置に付いていました。となるとこれは、2個一組で構成される何らかの装置でしょうか。謎がまた一つ増えました。

次回は説明書きなどを。


※内容に誤記があり、掲載約10分後に修正しました。この間に読んでしまわれた方、紛らわしくて申し訳有りませんでしたm(__)m。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/20(木) 23:36:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<プレハブ背負ってキヤ97系第2編成出場 外部観察と疑問点 ③ | ホーム | プレハブ背負ってキヤ97系第2編成出場 外部観察と疑問点①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/333-cd23d00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電