As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

久々の1059号機

前に見たのは何時だろう・・・恐らくは1年以上のご無沙汰だったと思います。試験塗装の残るEF65 1059号機を、本日久しぶりに撮影して来ました。

一昨日から赤坂ホキの三連チャン、今日も朝5時に出かけて5781の運用に入っているのを確認して一旦帰宅。折り返しの5780まで時間があるので仮眠・・・のつもりが、目が覚めたらお昼前でした。わざわざ見に行ったのに、本末転倒とはまさにこの事か・・・。かなり悔しかったので、続きの3460を狙う事にしました。

名古屋近辺は昼前から雪が降り始め、午後には数センチの積雪となりました。撮影には不向きな条件ではありましたが、止む事を期待して名古屋まで名鉄で出ました。しかし・・・
熱田

止むどころか逆に雪が大粒に、しかもガスは晴れずでなんだかな~の様相。車両の着雪はらしいのですが、釜番も読めないで困ったな・・・。とりあえず在りし日のEF200の旧塗装の記録という事にしておきます。

そしてやって来た3460。降雪時に望遠かますと雪が目立ってしまう事もあり、標準にしました。
熱田

まぁこんなものでしょう。運用通りなら明日の3363で戻って来ると思いますが、問屋が卸してくれるかどうかは不明です。

それにしても今日は降り始めから積もるまでが早かったですね。熱田でお昼寝している117系も雪を被っていました。
熱田

悪乗りしてもう一枚。
要修正

ピンが117系に合っていません。それ以前に意味不明? すみません。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/09(土) 19:21:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<名鉄1600系(1601F)団臨 名城大鉄道研究会35周年記念号 | ホーム | キヤ97系の観察>>

コメント

こんばんは
いやー、昨日の雪はすごかったですね。
豊橋でも積雪数cmでした。
私は、普段あまり見ることのできない、雪の中の市電を撮っていました。
元名鉄岐阜市電の801や、780型なども久々の雪に故郷を思い出したことでしょう。
ですが、水溜りに気づかず撮影していたら・・・・・
ザッパーン・・・・・車に思いっきり水をかけられました・・・・・
豊橋市電の面白いところは雨などが降ると、線路上に水溜りができて、市電がそれを豪快に跳ね飛ばし、とても迫力のある写真が撮れることです。
車などがこなければ、手軽に撮ることができます。
そして、余談なのですが、ただいま豊鉄渥美線では、菜の花電車が運行中です。
ぜひ、一度ご覧になってください。
では、長文失礼しました。
  1. 2008/02/10(日) 21:27:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
この日の雪は一気に積もりましたね。降り続いただけに編成写真の撮影としては微妙な状況でしたが、その光景を撮るにはある意味絶好の条件? いい写真をものにされたようですね。個人的には降っている時よりも積もった状態での快晴を期待しているのですが、この辺りは溶けるのが早く中々モノにできません。今年は翌日午前に僅かにその機会があったのですが、当方仕事疲れで布団の住人でした。昨年のような暖冬は例外にしても、東海地方では例年2月に1.2度降り積もる印象があるので、またいつか同じような機会もやってくるかと思います。

豊鉄のお話、ありがとうございます。岐阜の600V区間が消滅して以来、この地方では貴重な存在ですね。菜の花電車は公式HPでも告知されており、撮り易いのが嬉しいところです。
  1. 2008/02/11(月) 19:03:23 |
  2. URL |
  3. マンボウシリウス #0MXaS1o.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/358-7db77e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電