As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

高山線にキヤが来た ③

前回の続きで、今回はレール積載側を。
橋上の下

連絡通路の真下の影にあたり少々見づらいですが、プレハブを積んだ奇抜な姿に対し、こちらはレールを積んだ言わば正規とも言える姿です。後ろに見えるのは、この列車に乗ってきた方々。氷点下の寒い中、お疲れ様です。

ぎっしりと積まれたレール。
隙間無く

前の記事の写真にあった車票によれば、25mレールが38本となります。隙間無くびっしりと積んでありますが、お暇な方は数えてみてください(ぉ。

初めて見た顔同士の連結面。
併結

とりあえず首に見えないように撮ってみました。デッキがあるのでちょっと間延びした感じにも見えます。ちなみに今度出てくるロングレール用のキヤは、運転室がもうちょっと後ろに長く、JRの公式HPで発表された想像図に近い形をしているようです。

プレハブ小屋が測定室なら、レール積載側は測定される側となると思われます。この先頭車同士の連結部にも、ケーブルが通されていました。
ジャンパとケーブル

ジャンパに擬態しているようにも見える? 細めのケーブルが束ねてあり、明らかにそれとは違います。それにしても綺麗に通してありますね。

一通りの観察を終えたら駅を出て、キヤの車両区への回送を撮影しました。丁度朝のラッシュ時間帯にあたった為か、美濃太田では30分以上の停車でした。
美濃太田区へ

実は運転室の側面はおもいっきり電柱の影がかかっています。元々サイドへの陽の当たりが薄いので敢えてこの位置に当てて誤魔化そうとしましたが、下回りを見るとやっぱり分かってしまいますね(汗。ちなみにポジはいつもの50㎜で引きつけましたが、結果はまだ出ていません。現像までのドキドキ感がポジの醍醐味でもあり、やっかいなところでもあります・・・。

次回は・・・このキヤに円形反射板が付けられたお話をちょっとだけ。

あと話は全然関係ありませんが、JR-Eの新潟支社からえらい企画が発表されましたね。前々から噂はされていましたが、DD14重連+ばん物とは・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/02/18(月) 22:55:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<高山線にキヤが来た ④ | ホーム | 高山線にキヤが来た ②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/364-642aa41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電