As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

ロングレール運搬用のキヤ97-200 ③

話を再びキヤ97-200に戻します。

定尺用とは明らかに異なる顔立ちの運転室。ただ、装備は同じような物が見受けられました。
キヤ97-202

定尺用と全く同じLEDライトが取り付けられており、運転室の換気口も同じに見えます。車体上部に排気口を突き出したスタイルは、排気管を運転室の背中に立ち上げた定尺用の物に比べると、幾分スマートな仕上がりに見えます。

運転室への出入りは、背面のここ1箇所のみです。出入口

普通に側扉のある定尺用に比べるとやや不便な感じもしますが、運転室が持ち上げられている構造上やむを得ないと言ったところでしょうか。写真は扉が開いている状態で、内側へ開く構造になっている事が分かります。

この扉からの出入りですが、二段のステップを介して行う事になります。
ステップ

なぜか一段目と二段目の大きさが違います。二段目がえらく心細いような・・・。

定尺用の生首も独特の面持ちでしたが、ロングレール用のキヤ97-200はその構造上さらにオリジナリティ溢れるものでした。中間車の方は既存のチキと似たような造りに見えましたが、若干異なる点もありました。この辺りはまた次回に。

話は飛びますが、今月7日についにキヤ97形の報道公開が行われました。レイルマガジンのウェブページにも紹介されており、これから発行される他の鉄道雑誌に詳しく紹介されるのではないでしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/04/18(金) 19:53:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<EF64 35 最終運用 | ホーム | JR東海のチキ、最後の本線走行(多分)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/399-3641a92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電