As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

2008 美保基地航空祭 YS-11

YS-11、大抵の日本人が知りうる戦後初の国産旅客機。
空中衝突防止装置(TCAS)の搭載を義務付けた航空法の改正により2年程前に国内のエアラインからは姿を消しましたが、同法の制約を受けない自衛隊では現在もYS-11を運用しています。美保基地の第403飛行隊にも配備されており、今回はYS-11P(02-1158)に記念塗装が施されました。2008 美保

2008 美保

2008 美保

犬君は最後までカメラ目線をくれませんでした・・・。
色合いはC-1とは多少異なっていますが、レイアウトは同じのようです。古い機体ではありますが、国産と聞くとなぜか愛着が湧きますね。最近になって三菱から再び同クラスの機体の製造を目指す旨が発表されましたが、これには是非とも頑張っていただきたいものです。

この機体の尾翼にも鬼太郎と一反木綿が描かれています。
2008 美保

境港市では水木しげるを前面に押し出した観光整備を進めており、JR境線のキハ40にも鬼太郎の登場キャラクターが描かれています。これは「鬼太郎列車」と呼ばれ、それぞれ異なったイラストが描かれた4両が活躍しています(後日少しだけ紹介します)。自衛隊機にこのようなキャラクターが描かれる事は初の試みですが、これもこのような地元の背景があったなればこそではないでしょうか。

最後は横気味に。
2008 美保

エンジンナセルにAniversaryの文字があるのもC-1と同様です。

この機体が東海途方の航空祭で展示されるかどうかは不明ですが、例年のパターンだと小牧辺り期待したいところです。再び灯ろうとしている国産旅客機の灯火、そう言った意味では時事的にも注目の機体です
2008 美保



私信
1日の甲種ですが行けなくなり、1059号機の水鏡の野望は儚く散りました・・・雨降れこの野郎・・・(嘘。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/30(金) 22:41:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2008 美保基地航空祭 T-400他 | ホーム | 2008 美保基地航空祭 C-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/419-812fdd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電