As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

キヤ97形の小変化

今日は久し振りに地元でキヤ97形の工臨を撮影しました。新製出場してから早一年、今ではすっかり見慣れた感のあるキヤ97形によるレール輸送ですが、最近になって一部に小変化が見られます。

あくまで私の知りうる限りの話ですが、定尺用キヤ97形の新製後の変化としては
・ロンキヤに貼られていた「係員以外乗車禁止」の赤いシールの派生
・乗務員室背部扉の仕様変更
があげられます。そして最近になって、R3編成の外観に明らかな変化があると知り、今日高山線にやってきた工臨を見に行って確認してきました。
各務ケ原
R3+R4編成です。

明らかな変化が見られるのは、R3編成の乗務員室の背部。
R3
背面の扉は既に全編成がこのタイプになっていますが、その横にあった換気口が空調機器らしき物に代わっていました。

参考までにR4。
R4
こちらは換気口のままでした。

11月に定尺用のR1~4編成が順次、豊川の日本車輌に入場した事は存じておりますが、その時に施工されたものでしょうか。しかし、何故R3編成だけがこの姿に? 情報お待ちしております(ぉ。
なお、R3編成の変化は、スロウダンスさんのブログ「名古屋近辺の鉄道の館」で知りました。キヤ97形の名古屋港方面の様子が紹介されていますので、興味のある方は是非ご覧ください。


おまけ。
新製出場後の乗務員室の背中。
R1.5
扉もシンプルな形で、現在の姿と比べると幾分すっきりしている印象を受けます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/20(土) 20:54:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<甲175 JR東日本の415系が九州へ | ホーム | PF牽引の富士 はやぶさ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/478-2945c2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電