As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

2009年 自衛隊機材輸送②

今年の自衛隊機材輸送。私は仕事との兼ね合いで遠方の撮影地へ追っかけする事は叶いませんでしたが、代わりに編成を見てきましたので紹介します。

一番目立ったのが、機関車すぐ後ろのチキに積まれていた「78式戦車回収車」。
78式戦車回収車
活動に支障をきたした戦車の救援を主な任務とし、写真ではシートに覆われて確認できませんが、車体上部に吊り上げ用のクレーンを装備。ライト上部見える筒状の物体は自衛用の発煙弾発射機で、支援車両ながら今回の輸送の中では一番物々しく見えます。なお、車体表記から察するに、春日井に駐屯する第10後方支援連隊、第1整備大隊の所属と思われます。

後方から
78式戦車回収車
車体中央に牽引用フックが見える。なお、今回の輸送に際し履帯(キャタピラ)は外されています。理由は定かではありませんが、ドーザも外されている事から重量軽減を狙ったものでしょうか(チキ7000形の荷重は35t、対する78式戦車回収車の自重は38.9t)。

他のチキは、全て「資材運搬車」でした。
資材運搬車
機材輸送列車では常連とも言える車両。その名の通り、主な任務は荷資材の運搬。

後ろから
資材運搬車
こちらの車体表記は、35普-本。第35普通科連隊を支援する、第3普通科直接支援中隊の所属と思われます。

トラ45000形には小型ショベルドーザを積載。
小型ショベルドーザ
こちらも資材運搬車と同じく、機材輸送列車でよく見られる車両。車体表記は、10後支-衛。衛生隊?
車体表記に関しては私もそれ程詳しくないので、あくまで参考程度に。詳しい方のご指摘、ツッコミ等お待ちしております・・・。

機材輸送列車の復路は夏場に運転されるのが通例となっています。但し、復路は船舶など別の手段を用いた事もあるので何ともいえませんが、今回はどうでしょう。ともあれ、今年の自衛隊機材輸送は名古屋地区の部隊が展開する事もあり、私にとって何時になく関心を引く運転となりました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/29(月) 13:31:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<7700系も白帯復活 7711Fが白帯車に | ホーム | 2009年 自衛隊機材輸送①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/570-244b4d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電