As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

明知鉄道でDMV夜間試験走行を実施

明知鉄道で来年実施予定のDMV実証実験。それに先立ち11月の12~14日の三日間、岩村~明智において走行試験が実施されました。
岩村
実証実験の前に、運行する区間の走行安全性能等の確認の為に行われたもので、岩村駅から明智駅までの約10.1㎞は線路を、復路となる明智駅から岩村駅までは道路を約10.6㎞走行するコースが設定されました。車内には測定機器が並び、屋根上には機器類の電源供給用と思われる発電機を装備。今回の試験では三日間を通して試験コースを12往復半走行。主に、走行安定性、乗り心地、加減速性能等が測定されたとの事です。

今回の試験コースを簡単に説明しますと、岩村駅では駅舎の反対側、恵那行きホームの裏手にモードインターチェンジを設置。ここで線路モードにモードチェンジして、線路走行を開始します。
岩村
線路走行では最高速度20㎞/hの試験から始まり、二日目からは75㎞/hまで増速しての試験も行われています。天竜浜名湖鉄道で乗車した時の実証実験では、最高速度40㎞/h、駅通過時が30㎞/hでしたが、明知鉄道での実験本番がどのようになるか、少々気になるところです。

明智駅ではホーム手前で道路走行モードにモードチェンジして線路を脱出。ここから一旦明智駅前に出て小休止。参加者や見学者で撮影会状態となりました。
明智

前からも撮ってみる。
明智
バス停とDMVを絡めた写真を撮ろうとしたら、明知鉄道観光大使が・・・。鉄道アーティストとして活躍されている小倉沙耶さんが来てました。佐久間レールパークのフィナーレイベントに参加され、ご存知の方も多いと思いますが、こんな深夜まで活動されているとは恐れ入ります。ちなみにこの写真、記念撮影中なのを横から撮ったハイエナショット。YAKUMOさん、すみません(汗。しかし人のストロボ光までハイエナして撮ったこの写真でも、シャッター速度は1.3秒。微動だにしないその姿、お見事です。

来年3月に実施される予定になっている、実証実験。天竜浜名湖鉄道で乗車した身としては、走行線区や車種の違いがどう影響するのか気になるところです。出来れば乗車したいところですが、僅か二日間のみの実施なので、ちょっと厳しいかもしれませんね。

なお、DMVの実証実験は国土交通省が進めている「地域公共交通に関する新技術・システムの導入促進に関する調査業務」の一環として行われているもので、年度毎に一件ずつで約一千万円の補助によって成されています。明知のケースでは他の施策との兼ね合いもあって、もう少し大目の補助が得られたようですが。
今回の試験では多くの報道関係者や地元の方々が見学に訪れ、その関心の高さを目の当たりにしました。来年春の実証実験、その成功を願ってやみません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/15(日) 23:38:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<高山本線でもラッセル試運転始まる | ホーム | ラッセル回送動画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/603-ea4a55a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電