As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

SLやまぐちあすか号 二日目

16日は新山口に宿を取って一泊。ぐっすり休んで翌日はホテルで朝食を頂いてから出発。まずはスーパーおき2号で津和野へ向かいました。途中の有名撮影地では既に撮影者で溢れ返っているのが見えましたが、徳佐や地福はそこそこと言った感じで、凄かったのは長門峡。前日は痛恨の通過時曇りで涙を呑んだとかで、再挑戦組も多かったようです。ちなみにこの17日は快晴+爆煙の最高の条件だったとの事で、非常に羨ましく思います。

撮影地に着いた時には置きゲバが1本有っただけで、一人ポツンとセッティング。途中でお二方みえましたが、有名所の喧騒が嘘のように、のんびりと通過を待ちました。そりゃ後追い限定の撮影地に最初からのそのそと来る人は、そうそう居ないでしょう(笑。そう、私のこの日の最初の目的はあすかメインの後追い写真。編成写真ばかり撮っていると、後ろが疎かになりがちなんですよね。後追いで撮っても、手持ちで振り向いてついで撮りといった感じで、結構適当。あすかを主題に、奥を見るとSL重連が牽引。そんな写真を狙ってみました。

当日は快晴で絶好の撮影日和。これはいい写真が撮れそうと期待して待ちつつ小一時間。そしてついにその時が。
OTL
うそ・・・だろ・・・。
曇ったうえに背景晴れてるマンダ~ラ。最悪のパターンではないですか。対価を得るには相応の苦労が必要なのでしょうか、楽天的に考えていた目論見は、脆くも崩れ去りました・・・。恐らく二度目は無いだけに、ちょっと悔しい瞬間でした。

暫くは呆然と立ち尽くし、気がつけば新山口行きの上り「やまぐち」あすか号」が通過。そのまま撮影しつつ、今度は追っかけて南下。ギリギリの到着は苦手なので、余裕を持って一気に大歳の南まで先行して列車を待ちうけ。
大歳~仁保津
今度は晴れてくれました。しかし撮影を終えて後ろを見るとビックリ。そこには身動きが取れない程の人と車。大抵の方がこんな雰囲気の中で一日を過ごされていたと思うと、頭の下がる思いです。当日出かけられた方々、本当にお疲れ様でした。

今回の「やまぐちあすか号」の運転によって、JR西日本のジョイフルトレインとSLやまぐち号のコラボは一通り終わった感もあります。しかしマニアな私は勝手なもので、JTの展望車の片側をマイテ49に替えるとか、かつて岡山で運転されたJT同士の異車種混結とか、妄想は膨らむばかり。まぁ実現は無理だと思いますが(苦笑。

撮影終了後は直ちに撤収、と言っても前述の通りの人出で撮影地を脱出するのに時間を要しましたが、この後は長駆名古屋まで一直線。次の撮影地へと向かいましたが、そのお話はいずれまた。

一応動画も埋め込んでおきます。お暇な時にでもどうぞ。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/15(月) 20:27:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<クハ116-209の陸送 | ホーム | JR東海の新型気動車 キハ25形が出場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/681-e707604d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電