As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

冬支度 信越本線のDD14試運転

2010年11月24~26日、信越本線の直江津~黒姫にてDD14の試運転が行われました。
信越試雪
前方投雪型のDD14 327。DD14形の特雪が残るのも、今やこの区間、通称信越山線のみになっています。

今回の試雪で特筆されるのは、DE10 1640の存在でしょうか。
関山
私にとっては殆ど縁のない長岡のDE10形。全検は17年11月土崎。21年5月に東新潟機関区にて交検B施工。先月に飯山線でジョイフルトレインNO.DO.KAを使用して運転された、北信濃NODOKA号を牽引した機関車でもあります。

信越本線の特雪はDD14形同士を背中合わせで連結する背合重連が続いてきましたが、今年はDE10形をプッシャーとしたDD14 327の1機体制になったようです。
信越特雪
写真は過去に運転されたDD14 327とDD14 332の特殊排雪列車。黒姫側に前方投雪型のDD14 327、直江津側に側方投雪型のDD14 332を繋いで上下両方向の除雪を可能としていましたが、直江津側がDE10になった事で、特に黒姫~妙高高原の複線区間の除雪が今後どのように行われるのか、気になるところです。

もう一つ気になるのが、少しずつ変わりつつある周囲の光景。
北陸新幹線建設現場
背後で進むのは、2014年度の開業を予定に建設の進められている北陸新幹線。この新幹線の開業と同時に並行在来線である長野~直江津間が第三セクターに移管される事が決定されており、DD14形の任務もその時点で解かれるものと思われます。近年、JR東日本の除雪車両はモーターカーであるENR-1000に更新されましたが、残り数年で3セク化される信越本線に限れば新型への移行は現実的ではなく、DD14形やDE15形といった既存の除雪車両が残った経緯があります。

一方で変わらない光景も。
2010信越試雪
線路脇に並ぶ干し大根。近年では見られる機会も減りましたが、いつまでも残って欲しいと思う情景を1枚。



信越本線に続き、本日より地元の東海道本線でもDE15 1541号機による試運転が始まっています。現状では来年度以降の運用に制約が生じる為、この機関車の動向も気になるところです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/27(土) 17:25:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<冬支度 東海道本線のDE15試運転 | ホーム | 神戸電鉄のデキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/684-95f92ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電