As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

SL重連みなかみ物語号③

今日はSLみなかみ号の2往復運転日。この話を聞いた時、直ぐに勤務を調べたら公休日だったので行くのを楽しみにしていましたが、前日に無常の残業につき断念。来月末に三日間行われる予定の重連運転も仕事で行ける算段が付かず、私の群馬D.Cは終わりました・・・。

話を戻して先月の重連運転のお話に。私が往路の追っかけをせずに直接水上の転車台に向かったのは、普段はD1 498(今年からはC61 20が加わりましたが)ばかりが使用している水上の転車台でC57 180を見たいが為でした。加えて来月にはG58 363が同様に重連で水上まで運転される事から、その下調べも兼ねる、我ながら完璧な計画(のはず)でした。ヤギジフから水上駅へ向かいましたが、結果は余裕。同じ事を考えた同業者は皆無で、場所も好きに選べる状態でした。ここまで確認したのに、いつも会社が立ち塞がる・・・(泣。何はともあれ、行かれる方の参考になれば幸いです。

まずは、一番の目当てだった、C57 180の正面。
水上
剛健なD51 498に比べると、端正が顔立ちに見えます。

回頭後は整備線へ。
水上
見学スペースが広いので、この辺りは綺麗に見通す事ができます。

給水や灰落とし、点検整備と作業は順調に進んでいました。
水上
コンプレッサーの点検中でしょうか。これらの動作音を聞くのも中々楽しいものです。

一連の作業を終えたC57 180は直ぐには動かずそのまま待機。機関士さん達も休憩で一旦離れていました。そして14時過ぎにD51、C57共に機関士さん達が乗り込み、運転準備。14時30分になってC57 180が転線を始め、D51 498と連結。
水上
あまり見通しのいい場所ではありませんが、転車台付近で連結する瞬間を見る事ができました。連結後は再び転線作業に入りましたが、C57 180がブレーキを解放する前にD51 498が後進しようとして空転。総括制御が当たり前な現在、SLならではの光景と言ったところでしょうか。

最後に動画を。長ったらしいので現地を見た人にとっては退屈かも。そうでなくても素人撮りの駄作ですが(汗。





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/27(土) 21:45:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<さよなら こがね | ホーム | 短時間豪雨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/733-5abe9a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電