As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

飛騨金山工臨

前記事のラッセル。飛騨金山駅で撮影した1枚目の手前に写っているのはキヤ97形R3編成。飛騨金山駅は保線の拠点にもなっており、キヤ97形によるレール輸送の行き先の1つでもあります。通常は名古屋港駅で積み込んだレールをここまで輸送。今回もそんないつもと変わらぬ光景と思いながら撮影。
飛騨金山
検査票は11月16日付けになっていましたが、荷は内容と符号する50kgレール46本に見えました。

しかし、よく見ると積載しているレールに使用感があり、姿も普段と少し違っていました。
中古
さて、何処に違いがあるのでしょうか。

参考までに、以前撮影した写真を。
木曽川
撮り方がヘボで分かり難いのですが、この写真ではレールの端面が朱と青に着色されています。朱と青の意味等詳しくは存じませんが、チキ車によるレール輸送の頃から、この姿ばかり見てきました。

当日お会いした詳しい方のお話によると、一度使用した中古のレールを、線路規格の低い線区で再利用する事があるそうで、今回の輸送もその一環なのだとか。成る程、新幹線のレールを在来線で再利用するように、在来線同士での融通もあるのですね。数年前に中央線の恵那辺りから飯田線にレールを運んだ事が有ると聞いた事がありましたが、稀にこのような転用の為の輸送があるようです。

と言う事は、高山線では珍しい上りでのレール積載工臨が撮れる事になります。当日発車と聞き俄然撮りたくなったのですが、残念ながら午前中は私用の為一旦帰宅。ラッセル回送の撮影も同様の理由で途中で引き返しています。しかし、そこは気合と根性で早々に済まし、カメラを片手に高山線岐阜口へ。
那加~長森
本当は積載が分かり易い俯瞰で撮りたかったのですが、私がよく使う鵜沼~各務原はこの季節は影の中。無難に有名所で押さえました。

追っかけして岐阜~木曽川へ。
岐阜~木曽川
やや強引ながら岐阜城バック。しかし積んでるレールが殆ど分からない(泣。とは言え雲下での撮影が殆どの私にとって、この日は珍しいばかりの終日快晴。地震の影響でダイヤに遅れが生じていたのでもう一枚撮れるかもと上機嫌で木曽川駅を覗いて見たら、側線に停車中。これは行けると思ったその瞬間に後続列車を待避する事なく発車。最後はやっぱりこんなオチでした(苦笑。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/17(土) 18:36:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Kの回し者 | ホーム | DE15 1541 交検回送>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/774-0df28cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電