As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

もう一つの出場

15日に日本車輌から台湾向け「プユマ」(普悠瑪/PUYUMA)号用のTEMU2000形が出場しましたが、この日はもう一つの出場がありました。
出と入りの離合
TEMU2000形の甲種輸送を撮影している時に何気なく後ろを振り向くと、何やら黄色い車両が接近中。これはいけると心躍らせながら甲種が後ろへ抜けるのを待ち、そして夢中でシャッターを。日本車輌からの出場車と入場車、何とも興味深い離合が撮れました。

ここでのロンキヤは、普通に考えれば日車入場。とはいえ確信を得たかった事もあり甲種の豊橋駅での機回し撮影を断念し、日車専用線へ。
日車専用線
専用線を通り日本車輌への入場を確認。そう言えば、4両編成のロンキヤの撮影も初めてでした。

この後はTEMU2000形甲種の撮影に復帰。顛末は前記事の通りですが、その後に東海道線に飛び乗り再び豊橋方面へ向かいました。
配給
昼に入場したロンキヤが、中間にクモハ213-5002を挟んで早々に出場。クモハ213-5002は、今月10日に踏切事故に遭い313系の牽引によって日本車輌に入場したH2編成の片割れ。

損傷の程度は分かりませんが、スカートが外されていた以外に気になる点が一箇所。
?
機器にシートで養生がなされ、配線らしきものが車内に。何らかのモニタリングでしょうか。

連結方法は、かつてのレールパークからの車両搬出とほぼ同じに見えました。
中間
ジャンパが正面貫通扉から車内へ引き込まれています。連結器は213系が密連の為、中間連結器を使用してキヤと連結。中間連結器には「大垣」の表記がありましたが、クモハ213-5002の車内常備の物でしょうか。

妻面側も同様でした。
クモハ213-5002
こちらの中間連結器は黒色で、特に表記は見当たらず。今回の輸送の為に他所から手配した物でしょうか。

列車は豊川から豊橋に入り、折り返し名古屋方面へ。
豊橋
このまま名古屋工場に入場したものと思われます。なお、編成はこの写真基準で前からキヤ97-202+キヤ96-1+キサヤ96-1+クモハ213-5002+キヤ97-201で、ジャンパの状況並びに編成に付随車であるキサヤ96-1を含んでいる事から、クモハ213-5002はブレーキ未使用の状態で回送されたと推測されます。

JR各社の中で、唯一機関車を持たないJR東海ですが、代替処置としてのレール運搬車による牽引は設計段階から考慮されていたのでしょうか。独特の運用思想とノウハウの蓄積が今後どのように展開されていくのか、興味の尽きないところです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/17(水) 20:34:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<帰還 | ホーム | 台湾鐵路管理局 TEMU2000形甲種輸送>>

コメント

H10とは違いますね・・・

マンボウシリウスさん、こんばんは。

この夜は、ロンキヤ入場の報を知って、夜豊川駅まで出ましたが、既に出発した後でした・・

ロンキヤ使用でクモハのみと言う点が、H10の時とは大部異なりますね。

クハも無傷ではないので、日車で修理すると言う事でしょうね。(二度に分ける理由が無いと思うのですが・・)
  1. 2012/10/17(水) 21:05:57 |
  2. URL |
  3. DT12A #7ihi6uCY
  4. [ 編集]

これまた、すっっっっごい物撮影されてますねぇ~
1枚目のタイミングもバッチリだし~

こんなの見ちゃった日には、眠れなくなりそうです(ぉぃ

TEMU2000、カッコイイですよね~
見に行きたいなぁ~
  1. 2012/10/18(木) 09:29:53 |
  2. URL |
  3. あらよー。@夜遊び屋本舗 #JalddpaA
  4. [ 編集]

Re: H10とは違いますね・・・

DT12Aさん、こんばんは。
私も目撃情報を頼りに豊川まで出向きました。とりあえず駅で撮影して、その形態から輸送は夜中だろうと思っていたら、キヤが突然エンジン始動。帰り道でもあったので駄目元で豊橋で張っていたら、幸運にも撮れました。H10の時と異なり1両ずつ2回に分けた理由ですが、恐らくはブレーキ関係辺りではないでしょうか。実際の理由は他にあるのかもしれませんが、こればかりは外からは分かりませんね。


あらよー。さん、ご無沙汰しております。
離合は狙って撮れた事はないのに、そうでない時にグッドタイミング。嬉しいようなそうでないような。この日で多分、一年分の運を使い果たした気が(汗。TEMU2000形甲種を撮りに行って、思わぬおまけが付いてきた1日でした。
  1. 2012/10/19(金) 23:27:11 |
  2. URL |
  3. マンボウシリウス #0MXaS1o.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/867-6777498c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電