As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

ブライトリング@福島小名浜

初来日したブライトリングジェットチーム。日本でのメインとも言える福島での飛行ですが、11日午前の福島県内フライバイは、浜通りでの悪天候の為に相馬、南相馬での飛行を断念しています(午後に予定されていた横浜でのフライトも視程不良で中止)。

12日は、今回の来日のトリにして一番の注目株であろう小名浜でのアクロフライト。
あぶくま
写真は朝方に抜錨したPM-31あぶくま。2010年竣工の新鋭との事で、非常に綺麗でした。後方の潜水艦のような建物は、環境水族館アクアマリンふくしま

多少の雲は残るものの、小名浜は朝から快晴。フライト時に逆光になるデメリットはありますが、やはり晴れが一番。
小名浜
視程も問題なく、沖合いまでクリアに見渡せました。

しかし・・・この後になってシーフォグが発生。10時半になってディープブルースの室屋氏の駆るエクストラ300Sが会場西側の上空に現れたものの、会場方向に進入した途端に雲に入り、以降全く見えず。時折旋回しているようなエンジン音が聞こえるのみで、結局ミッションキャンセル。メインのブライトリングジェットチームも、小名浜でのアクロの前に前日飛行できなかった相馬、南相馬付近を周り、その後に東日本大震災で亡くなられた方々へのミッシングマンフォーメーション(追悼飛行)が計画されていましたが、天候が回復せず予定時間になっても福島空港を飛び立てませんでした。

このまま中止かと思いきや、急遽夕方まで天候の回復を待ち待機するとのアナウンス。そして13時40分になって、ウェザーチェックを兼ねたエクストラ300が再び飛来。天候は殆ど回復していませんでしたが、若干雲高が上がったようにも見えた会場上空。そして・・・
小名浜
カモメを押しのけて会場に突入。

朝から待ちわびた会場が、一斉に湧いた瞬間でもありました。
小名浜
小名浜を広く周回した後に、ショーセンターであるいわき・ら・ら・ミュウを中心に演技。写真はナイフエッジ。

私の貧者の望遠では届かなかったので、トリミング拡大。
室屋氏
う~ん、格好いいです。

天候の関係からフライトは横転中心の水平系のみでしたが、高度は神戸より低かったように見えました。
小名浜
多少小高くなっている所から撮影しましたが、それでもほぼ人の倍レベル。同時に当時の雲の低さと視程の悪さもなんとなく分かる一枚?

エアレースで手馴れたもの?
小名浜
欲を言えば晴れて欲しかったのですが、この天候でこれだけ飛んで、会場の盛り上がりは神戸以上でした。

そう言えば、レッドブル塗装からブライトリング塗装に変わったのはいつ頃なのでしょう。下記2枚は神戸にて撮影。
神戸
ウィスキーパパを思い起こさせる黄色基調。岩国フレンドシップデーが予定通り開催されていれば競演成ったのですが、7月の但馬まで持ち越しとなりました。

下面は青基調。
神戸
機首を除けば上面と下面を同じデザインにして色のみ反転させたシンプルな意匠。

低速のエクストラでさえ、これだけの制約の中での飛行。主役のブライトリングジェットチームが飛べる筈もなく、結局15時頃に飛行中止が決定されました。チームは16時頃に福島空港を離れ帰国の途についたとの事ですが(とりあえず経由地の神戸空港に降りた模様)、再びの来日を願い、私も現地を離れました。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/13(月) 13:13:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<新緑の中を走るデキを撮る会 | ホーム | N1111Hが陸送される>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sirius501.blog68.fc2.com/tb.php/940-2ab4a2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電