As time goes bye

ブログ的ギャラリー?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年の瀬に

今年も残すところ後一日となりました。平成の世になって、明日から30年目に入ります。平成になったのは確か1月8日からでしたので、正確にはあと少しになりますが、それは些細な事でしょう。私事では体に不具合が発生してから3年目、今年は一部欠損(大袈裟)まで生じましたが、何とか無事に過ごすことができました。お世話になった方々に、御礼申し上げます。

今年の締めは、何となく宵のイメージでこの写真を。
C10
C10 8による、なんちゃってナイトトレイン。蒸気機関車の夜間撮影は始めてでしたが、これが中々難しい。蒸気の立ち上がりが不規則で、何回もチャレンジしてようやく形が整った一枚。ナイトトレインといえば今年も催行がアナウンス。一回目の募集は既に締め切られていますが、二回目が新年5日からの募集開始なので、興味のある方は是非。なお、私は勤務との相性が悪く、今年も断念です。

本日も出勤につき少し、少し早めのご挨拶とさせていただきます。
今年も一年、お世話になりました。皆様、良いお年を。
  1. 2017/12/31(日) 09:35:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

さようなら遠州鉄道30形51号 モハ51+クハ61が廃車回送される

2017年12月24日未明、西鹿島から西ヶ崎まで、ED28 2牽引により30形51号が廃車回送されました。これにより遠州鉄道に残る30形は、25号のみになっています。

12月16日に勇退記念の臨時列車としてラストラン。翌17日には貸切の撮影会イベントに供され、これが51号最後の営業になっています。
ダブル
前記事紹介の撮影会での一枚。30形最終増備編成にして遠鉄唯一のカルダン駆動車。そして他の30形とは異なる車体デザインと、非常に特徴の有る車両でした。

一部報道では来年1月に廃車とありましたが、それに向けた動きは思ったより早く、早々に解体場になる西ヶ崎へ回送されました。廃車といっても書類上の話なので、12月に前倒しになっという訳ではないようです。
西鹿島
列車は深夜に西鹿島を出発。写真では分かりませんが、機器類の一部が外され、スカートも半分無くなっていました。機器類の取り外しは、既存車両との共通部品のストックが目的のようです。

この日の廃車回送は、西ヶ崎のホキを西鹿島まで回送し、入れ替わりに51号を西鹿島から西ヶ崎へ送り込んでいます。以前まではホキは浜北の側線に疎開させていましたが、浜北駅のバリアフリー化工事に伴い側線が無くなってしまった為、このような措置になったようです。
浜北
その浜北駅を通過する、ED28 2+51号。この走っている位置が、かつて側線になっていた場所です。この日も工事が進められており、画面左側、線路に豪快に2tダンプが乗り入れているのはその為です。

列車は西ヶ崎到着後、推進で解体スペースへ押し込み。
西ヶ崎
モハ51のスカートが半分だけ外された理由はここの行程にあり、ホームからの分岐の際にホームとの干渉を防ぐ為の措置との事。実際、車体も結構ギリギリで、相当に慎重に作業が進められました。この後モハ51とクハ61を分割留置して、一連の作業を無事終了しています。

今日現在も解体作業は始まっていないようなので、年内はそのまま留置でしょうか。ただ、来年1月には廃車とプレスリリースされた以上、最後の51号を見られる期間は、そう長くはないのかもしれません。

最後はいつも通りの動画で。今回は動画メインで臨みましたが、出来栄えの程は相変わらずです。それでも一連の大体の動作はお分かりいただけるかと思います。

さよなら、51号・・・。
  1. 2017/12/27(水) 05:26:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

遠州鉄道30形51号が引退 

遠州鉄道30形の中で唯一カルダン駆動の51号が、12月16日の臨時運行を最後に引退。1000円のフリー切符購入を条件とした当日整理券配布方式で気軽に参加できる企画でしたが、勤務都合により断念。運行翌日の17日に西鹿島で見学する機会に恵まれましたので、少しばかり紹介します。
西鹿島
この日貸切で運行された25号との並び。51号は前日の勇退記念運行での装飾のまま留め置かれており、その姿を晴天の下で収める事ができました。

勇退記念運行では、前後にそれぞれ異なるヘッドマークを掲出。
ヘッドマーク
左がクハ81、右がモハ51に掲出された物で、中々秀逸なデザインだと思います。赤いマークの写真は新浜松駅の車止め辺りからの撮影と思われ、公式ならではといった所でしょうか。

この日のみ見られたと思われる、ダブルヘッドマーク仕様。
ダブル
これはこれで中々面白いですね。発案された方に感謝です。

写真は全て、17日に催行された貸切撮影会での撮影。主催の方、遠州鉄道の方々、参加された皆様方に御礼申し上げます。ありがとうございました。


別日での撮影ですが、51号の前面展望も撮っていました。カメラの取り付けが甘くお蔵入りにしていましたが、せっかくなのでこの機会に公開。

さよならモハ51、クハ61・・・。


おまけ。
17日の西ヶ崎ではこんな光景も見られました。
ホキ 積み
よく見ると、左のホキにのみバラストが積まれていますが、この日の夜に浜北駅で撒布され、現在では空になっています。
  1. 2017/12/18(月) 18:41:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大糸線全通60周年記念 「えちごトキめきリゾート雪月花」大糸線特別運行

今月12日、えちごトキめき鉄道の観光車両「えちごトキめきリゾート雪月花」が大糸線に入線、糸魚川~南小谷を一往復
しています。これは大糸線全通60周年を記念した事業の一環で、JR西日本が企画し、えちごトキめき鉄道の協力により実現したものです。
式典
当日は糸魚川駅コンコースにて、関係者を招いて記念式典も開かれました。式典前には車両の内覧会も行われ、終始和やかな雰囲気で執り行われています。

1957年に小滝~中土の開業によって松本~糸魚川が全線開業となった大糸線。その最後の開業区間である小滝~中土間を中心に撮影してきました。
小滝~平岩
丁度、新潟県と長野県の県境にあたる所です。背後にチラリと見えるのは姫川温泉(新潟側)。大糸線全通と時を同じくしての開湯で、こちらも今年で60周年。

紅葉も終盤でしたが、所によっては見る事ができました。
60周年
乗車されたツアー参加者は28名との事で、食事付きコースのみの募集と考えると満席ですね。大糸線北部は急峻な山々を縫うように走っていますが、雪月花の天井付近まで広がる窓からの眺めは、きっと格別なものだったでしょう。

大糸線を走る定期列車との組み合わせも、押さえておきました。
キハ120
大糸線60周年の企画として催行された今回の雪月花の特別運行。あるいは今回のみならず、これが呼び水となって今後も雪月花が大糸線に入線する可能性は十分残ると思いますが、少なくとも60周年記念のヘッドマークを掲出したキハ120形との組み合わせは今回限りだろうと思い、この並びは外せませんでした。そして今回の撮影行は、ここで雪月花を見送って終了となりました。

最後にいつも通り動画を。沿線は撮影者や地元の方々で結構な人出でしたが、式典やお見送りの様子がネット上ではあまり見られないようでしたので、式典の部分を長めにしてあります。
  1. 2017/11/17(金) 03:20:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロングレール運搬車 キヤE195系 甲種輸送

JR東日本のキヤE195系が、10月31日~11月2日の行程で、日本車輌豊川から小牛田まで、甲種輸送されています。
日車専用線
日本車輌豊川製作所から豊川駅までの専用線には、途中2ヶ所で人手による交通遮断が行われています。この地方では他に名電築港付近で見られる光景ですが、らしさを狙ってここで撮影してみました。

日本車輌豊川製作所から西浜松まではDE10 1723号機の牽引で、8両と3両に分割して2日に分けての輸送。飯田線の有効長が10両までとの理由らしいですが、そういえば、JR東海向けのキヤ97系200番台の新製出場時も、分割して2回に分けての出場でしたね。

11月1日に西浜松で11両に組成後、DE10 1723号機を解放。ここから新鶴見(信)まではEF65 2063号機が牽引。
微妙・・・
なお、撮影場所は適当・・・。当方にとって金谷から東の東海道本線は撮影経験の無い未開の土地なのでした。

新鶴見(信)から小牛田まではEH500-27号機が牽引。
安達~松川
特に有名でも何でも無い所での撮影ですが、一応目論見は有ったのです。有ったのですが・・・。

結構惜しい所ではありました。
後ろでした
動画には離合が収まったので、引き分けでしょう(何。

小牛田駅構内入換はDE10 1180号機。
小牛田
JR東海では西浜松~浜松レールセンターで見られるDE10形牽引の姿。JR東日本ではどうなるのでしょうか。
キヤ195系は入換後、直ちに給油作業に入っていました。暫くは研修等で小牛田駅に留まると思われますが、試運転は結構早いかも、と思わせる作業取り掛かりの早さでした。
  1. 2017/11/05(日) 19:23:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

気になるオデコ

本日、JR東日本向けのロングレール運搬車、キヤE195系が日本車両から新製出場。
ツノ?
今日、明日と二分割しての輸送で、今日は8両。

個人的に気になったのが、運転室窓の上。プレスリリースの図面には無かった装備品ですが、円柱状の物が左右に一本ずつ、なまはげの角みたく取り付けられています。無論ただのコスプレではないはずですが・・・。
  1. 2017/10/31(火) 19:41:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

マンボウシリウス

Author:マンボウシリウス
岐阜県在住のおっさん。鉄分が殆どですが、基地の街に住むせいか飛行機分も少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Amazon商品一覧【新着順】

無料 アクセス解析太陽光発電